私がABAを勧めるもう一つの理由は「負け」が無い手法だというところです。

え?お前ら負けたじゃん?

と思ったあなた!

負けてはいないのよ!信じて!

もはや信じられんか…。

説明致しましょう。
なぜなら、ABAセラピーで立てられる計画は「スモールステップ」という手法に基づいているからです。

これは療育に関係なく、目標達成のためによく使われる方法です。一歩一歩、達成可能な設定をし、達成感を味わいながら、ジリジリと前に進んでいく方法です。

これはすごくいい方法で、昨日の記事にも書きましたが(ココ)、ボビーみたいな子でもDTT(Discrete Trial Training)で、学習能力を改善するのに、非常に有効でした。ボビーの通っていた公立学校が使っているシステムは、ABA界でも頂点に立つようなもので、もの凄い体系化されたものなんです。教材も「超できない子でもできるようにしたやつ」みたいなのを使ってくれていました。

これは本当にありがたかった!
おやつで釣ってでも、どうにかなんか教えてくれた!

でもね。知能検査やらせると全く反応しないか、ABCDのうち、全て「D」を選択という謎行動で検査中止になるのがボビーだからね。
定型用の検査なんかもってのほか。無理矢理数値を出すと、0.01パーセンタイルとかいう、見た事ない数字を弾き出す。


天才!
ここまで来ると、もう誇らしい。

ボビーの天才っぷりをもっと見てくれ。例えばさ。「スープを飲む」というゴールを設定するわな。そうすると、スモールステップ的には、ざっくりこんな感じになる。
Saltbox_0019_5
突然だが、ディズニーチャンネルに、
「きんきゅうしゅつどう隊 OSO」ってのあるのを観た事ある方いらっしゃいますかね?幼稚園向けのですが、これが正にスモールステップ法です。
丁度この図の感じの事を、1,2,3ステップで可愛いキャラクターとクリアしていくというストーリー。

これおススメ!
ボビーも何気に観てました。

でも彼にはこのステップは大きすぎるんです。
だってまず「スープを飲む」モチベーションがゼロだから。そして「スープをグロだと思っているフシがある。もちろん、不器用で液体をスプーンですくって飲むなんてのはできない。どころかスプーンを持たせると逆さまに持つ。持たせるのも一苦労。無理やり持たせると投げる。というかテーブルに近づかない。
つまり…まずはステップ1「テーブルにつく」。


よっしゃ。これでどうだ。
Saltbox_0019_6
やべえ。もう不可能しか見えねえ!
Saltbox_0019_7
いや待って先生。
レベル低すぎねーか?
え?では「立ち上がる」からやる?
Saltbox_0019_8

先生!おやつを見てくれません!

するとABAセラピスト。
Saltbox_0018_7

そんで、「おやつを見る」がようやくできたら、

「ほら!私たちの指導のおかげで、ボビー君成長したじゃないですか!お母さん、グッジョブ!」

とか言われるんですよ。

トラウマ。

もう怒りをぶつけるとこさえない。
また笑えるのが、私が普通にハイテンションかつ、やや厳しめのトーンで、

Saltbox_0018_8
ってやると、一発で立ちあがるんだな。笑

でも素人の保護者がこれを言っても、ほとんどのセラピストって無視するのよ。今のボビーの学校は違うけど。

なんで?なんでその子の事を一番知ってる親を無視する?

ABAに限らずな。私の経験ではスピーチの先生も割と無視してくる。OTは逆に解かってくれる人多し。もしかしたら、ボビーみたいな子の感覚の問題を理解しているからかも。

だからね。

セラピーの理論の問題というよりも、その子に合わせた方法をフレキシブルに考えてくれるセラピストかどうかなのよ。

それからね。もし対象となる子が、「きんきゅう出動隊OSO」のステップをできるレベルだとしたら、この「負け」が無いスモールステップ法&ABAは最強じゃないですか?

というわけで、私はこれでもABAをおススメするのです。

お子さんがまだ幼くて、一体どうなるんだろう、なんの療育が良いんだろう…と考えている方の参考になれましたでしょうか?


セラピストは、ノリが良くて、思わず子供が真似してしまうような人がいいですよ!

続き


お気軽にコメントください。
怖い人では無いです!