今日はネットで調べて、2012年に児童福祉法の改正があり、それ以来、未就学児の発達支援が少し改善されたのを知りました。

しかし私がいた当時は2010年…。

Saltbox_0007_5
泣きながら言った保健所で紹介されたのは、
「児童デイサービス」
というところでした。場所を聞くと、家から徒歩でいける距離ではありませんでした。
そうなんです。東京って言っても、郊外は案外不便ですからね。「そうなるとママチャリか…。」と思いましたが、ハイハイ始まった0歳児を背負い、全然安定感の無い自閉症児を乗せて、果たして20分も行けるのか?
雨や雪もあるだろうし…ちょっと無茶あるよな…。

そこでスケジュールを聞くと、午前だけ、実質2時間程度のサービスと。確か「発達障害」に特化したものではなかったです。悪くは無さそうだけれど2時間のためにこれはきつすぎる。家に帰ってる暇がないよね…0歳児にも過酷だろう。

そこで他に方法が無いか聞くと、提案されました。
Saltbox_0021_3
実は、保育園には「障がい児枠」があるんですよ、と。
ボビー君の場合は、「加配」がつけられる可能性が高いです、と。

え?保育園…入れる可能性あるんですか!?
考えてもみませんでした!


そりゃそうです。
待機児童数がかなり多かった年です。今も多いとは思いますが、施設数が今よりずっと少ないうえに、私は団塊ジュニアですからね。
ここでもまた人口ピークで絶望的でした。


もう私たちいっつもこれよね!笑

頭の中には様々な事が渦巻いていました。
Saltbox_0021_4
でも、ボビーの要素が大きすぎて、何も手を付けられず…目の前の事をこなすのに精一杯で、将来は考えられませんでした。

子育て広場では、みんな幼稚園や保育園の話題で持ちきり。
Saltbox_0021_2

自分たちはどうなるんだろう…こんなんじゃ幼稚園はたぶん入学できないし…保育園はどこも一杯だし…。
このままどこにも行けないのかな…そう思っていました。

そこに飛び込んできた「障がい児枠」情報!

ダメ元で4か所に申し込みました。
これが2010年の終わりの方だったと思います。


ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 
つづく