保育園オリエンテーション中に地震が起きてから(ココ)2週間くらいですかね。東京は動き続けてはいたものの、通常通りにはいきませんでした。
Saltbox_0024_1
悲しさ、悔しさ、色んな感情が日本全体にありましたね。私たちも自分の無力さにガックリ来ていました。

私は乳児がいたので水の確保が大変でした。のちに自治体から配られましたが、スーパーに行ったらほとんど売り切れていて、1本800円のぼったくり水をマイキー用に買ったのを覚えています。

オット君はしばらく自宅勤務になってしまいました。働いていた外資系の会社は、一時的に機能を他のアジアやオーストラリアに移し、ネットでやりとりする形にしたのです。

外国人の中には、仕事を投げだして逃げる人も多くいました。でもオット君は、こんな時だからこそ頑張ろうと、他の多くの日本人と同様、仕事を朝も夜も頑張っていました。

子育て広場や療育は1週間くらいで再開し、また通い始めましたが、被災地出身の家族もいらっしゃったようで、本当に辛そうでした。また、福祉や育児関係の職員の多くが被災地に向かわれていて、スタッフがいつもよりも少ない状態もしばらく続きました。

保育園オリエンテーションの続きを終えて、4月から保育園に通える事にはなりましたが、私にはこんな気持ちがありました。

こんな非常事態では、私たちみたいな家族もできるだけ被災者を優先させなくてはいけない。

…でもこの状態がしばらく続くのだとしたら…このままでいいの?

ただでさえ東京はいつも人口過多。お金もたくさん回るけれど、何かと足らないものがあったり、どこも混雑して待ち時間が長かったり高くついたり、セカセカした都市だよね。

もしかしたら、どこか地方都市に行った方がいいんじゃないか?

そこで、オット君に聞いてみました。
Saltbox_0024_4
あっさり却下。
理由は「仕事が~。」「都会がいい~。」そういうやつ。

そうなんです。私は東京&埼玉出身なので、もうゴチャゴチャしたのが嫌いになっている人なんですよね。一方、オット君は森の中で育ち、大学で都市デビューして以来、都会っぽい方を好む。

私はここでとうとうキレました。
Saltbox_0024_2
ボビーの事、地震の事、どう考えてもそんな事言ってる場合じゃないでしょ!あんたの仕事だって、あっさり外国に移されてるじゃないの!労働ビザでここにいつまでいられるかだってわからないんだよ!

私の怒りはつづく!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ