前回は2001年のハワイ行き、そして9/11が起きたまでの話をしました。(ココ

テロが起きたのは朝でしたので、私はちょうど出勤したとこでした。当然ニュースは観て無くて、しばらくすると、オフィスの人たちがザワザワしはじめました。

どうやらニューヨークで飛行機がビルにぶつかったらしい。その時は何がなんやらでした。

そのうち、かなり大変な事になっていることが分かってきました。そしていくらもしないうちに、すぐにビルから出るように言われました。
Saltbox_0028_3
働いていたのはホノルルのダウンタウンにある高層ビルでした。外に出ると、ダウンタウンで働く人が、ゾロゾロ出てきていました。結局その日は家に帰るように言われました。バスは混雑していたので、トボトボ歩いて帰りました。30分くらいかかるけれど、歩けない距離じゃなかったんです。

一方、オット君はワイキキビーチを歩いていました。
当時アメリカで唯一のモスバーガーがあったので、ルンルン気分でそこに向かっていたそうです。
Saltbox_0028_2
朝のニュースを観ておらず、ニュースペーパーの販売機を見かけ、何かのジョークの合成写真?と不思議に思いながら歩いていると、他の新聞も同じ写真…そこで道にいる人に「何ですかこれ?」って聞いて知ったそうです。慌てて新聞買って、モスで食べながら読んだそうです。

ショックのあまりに、折角のモスバーガーは楽しめませんでした。

なにせ自分たちもボストン発のアメリカンエアラインに10日程前に乗ったばかりでしたからね。

そしてまだその時点では、何が起こっているのかもわからず。オット君の家族はみんな東海岸ですから、不安なんてもんじゃないですよ。

もちろんハワイの人たちも、かなり緊張が高まっているようでした。遠いのにどうしてかって?

パールハーバー。

ハワイの人にとっては、まずそれが頭に浮かぶわけですよ。

家に帰った後は、もうテレビをずっと観ていました。
想像以上の被害…とにかく何がなんだかでした。
Saltbox_0028_1

私の仕事はまたすぐ普通に戻りましたが、誰しもに緊張感がありました。

9/11の後、しばらくハワイは観光産業が大打撃で失業率が上がり、全体的に厳しい状況でしたが、オット君もコンサルティングの仕事に就けました。

世間では「自分たちアメリカンは負けないぞ!」っていう連帯感が高まっていました。アメリカ生活2年目でしたが、私にも「愛国心」が芽生え始めていました。

今こうやって暮らさせてもらってるだけでもありがたい…頑張って行こう!

しかしそんな気持ちが踏みにじられるのです。

つづく


ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ