さて前回の続きです。

作曲したいマイキーのために見つけた音楽教室の見学&面接に行きました。そこがとてもユニークでした。

小さなレッスン部屋が6部屋ある、こじんまりとしたとこでしたが、お話を伺うとなんと400人以上のミュージシャンが講師として登録しているというのです!

マイナーな楽器も色んなジャンル、スタイルもカバーしているらしいです。凄いでしょう?
どういうことかというと、例えば「ギターでカントリーの弾き語りがしたい」と言えば、ギターとカントリーボーカルトレーニングの両方できる人とマッチングしてもらえたりするんです。

でもまあマイキーの場合は、まずピアノの基礎から入るのが良いだろうとなりました。運営者2名とピアノの担当の方とお話をしました。

「質問がありますか?」と聞かれたので、

「どうしても間違いを繰り返したり、下手で進まないこともあると思うんです。そんな時はどうされるのですか?」と聞きました。


皆さん、子育てで経験ありません?
親としても、どう対応しようか悩むところです。なのでレッスン中にそういう事があったら、どうやって対応するんだろう?って知りたくなったんです。

そうしたら、意外な答えが返って来ました。

Saltbox_0037_1

はあ。

お母さん、音楽には実は「間違い」も「下手」も無いのですよ。
全てが音楽なのです。

なので私たちはそういった表現はしません。
音楽を楽しんで頂きたいのです。
1つ1つ指導していきますのでご心配なく。

え?
Saltbox_0037_3
なにこの差!

一緒に来ていたオット君が言いました。

僕もここで習いたい!

私も!


マイキーに夏休み前まで教えてくれた先生は指導がとっても上手でした。いかにも音大出身でクラシックやってます!って感じの先生ね。さすが凄いなあと思っていたら…

Saltbox_0037_5
ということで、旅立ちました。
やっぱ凄い人でした。


この夏から担当している先生はベーシストです。
何でも弾ける人みたいです。
レッスンは週1回ですが、徐々に課題も難しくなってきました。マイキーが、同じとこでつまづいていても、ネガティブな表現は絶対にしません。「いいね。じゃあここをこうやって練習してみよう。」みたいな言い方をします。

それでもマイキーがイライラした時もあります。でも、
Saltbox_0037_6
と、決して上から目線で無い指導をしてくれています。

おかげでマイキーは音楽を楽しんでいるようです。

我が家の場合は、マイキーにクラシックを上手に弾かせたい、とかそういうのではありません。

マイキーが作曲できるようになりたいと言うから、人生の楽しみが増えるようにサポートしているだけです。

だからここの音楽教室の方針がとても気に入りました。
アメリカは音楽にも自由さが表現されている国ですよね。ここでどうしてだか、本当にわかりました。

だって音楽に間違いは無いから!

Saltbox_0037_7

しかーし!


家ではこんなです。

Saltbox_0037_8

まあ気長にやりますわ。

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ