今週は忙しかったです。

夏休みのボビーの生活とこれからの取り組みを書こうと思ったら、もう盛沢山すぎ。一つ一つ書いていきます。

まずね。今週はボビーの胃腸科のアポがありました。多くの発達障害児は胃腸の問題がありますよね…医学的にも言われていることです。ボビーの場合は小さい頃は下痢気味で、今は便秘気味です。夜尿とも関係があるんじゃないかとの事で検査をしてわかりました。自分で説明できない子だから、レントゲンまで撮って調べました。

「話せない自閉症」って本当に大変なんです。

何か1個やる毎に3ステップくらい余分に増えてく!

まあいいや。まあ今回も待合室で落ち着きませんでした。
Saltbox_0038_3

でもね。小児病院だからね。お仲間らしき子が一杯。笑
だからボビーが落ち着かなくても大丈夫だし、私が

Come back!
Attention!(気を付け)
At ease!(休め)
Saltbox_0027_4

で止まらせると、みんなニッコリしてくれる。
何やっているかわかっているからね。
それでもまたウロウロしちゃうボビーを放っておいてくれる。

私、思うんだけどね。
発達障害くらい、親の躾の問題だろ!公共で静かにさせろよ!
常識だろ!みたいな人いるでしょ?

小児病院のロビーにちょっと座ってみたらいいと思う。

スタッフや親がどういう対応しているかわかるようになるよ。見た目にも障害や病気が分かる子もいれば、そうでない子もいる。それも感じられるよ。

お、そうそう。タイトルの話なんですが。

ボビーの便秘ね。結局、MiraLaxという米国のその辺の薬局で手に入る薬を続けることになりました。
いやこれがですね。すばらしいんですよ。だいたい1週間くらいで快便になります。お腹が痛くなるような下剤とは違うやつです。


ポリエチレングリコール製剤(PEG製剤)

ってやつ。私もオット君もマイキーも飲むことがあります。私たちは普段は問題ないけれど、まあ人間だから便秘気味の時はあるじゃないですか。これですぐ解決する。

2歳から使えるものらしく、欧米ではすっかり一般的で、小児科でも胃腸科でもまずこれが最初に勧められます。

なんで日本に無いんだろう…ってずっと思っていました。


そうしたら!
皆さん、朗報です!


CareNet.com 
こんなにある子供の便秘サイン
(すごく良い記事です!)


によると、2018年11月から「モビコール」という商品名で、日本でも処方が可能になったようです。


子供の便秘で悩んでいる方は、お医者さんに聞いてみる価値があるかもです。

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ