さて!リクエストに応えて、ボビーの歯医者の話をシリーズでやります!

実はですね。このリクエストはすっごく良いタイミングでした。というのも、夏休み前に
療育(東京編)」のグリーンカードを取ったとこまでやったじゃないですか?(ココ

ここから米国生活になっていくわけです。引っ越し、各種手続き、家選び、古家を自分で直した話など、遡ると面白い事だらけなんですけれど、どっから話そうか悩んでいたとこだったんです。

歯医者さんの話は、ボビーの療育を全体的に説明するのにピッタリ!

皆さんのコメントは批判も含めて有難いです。
お陰でネタ切れしません!


渡米半年後、ようやく新しい学校に入るための健康診断書を用意するために、地元の小児クリニックに行ったところから話を進めます。
ボビー4歳、マイキー2歳。

まだその時は、引っ越したばかりの地域の歯科医が決まっていませんでした。検診に行った小児クリニックの先生に相談すると、
Saltbox_0038_8
との事。やっぱり難しい子なんで、普通の歯科では無理だろうと。先生が紹介状を書いてくれたんで、都会にある小児病院の歯科に行く事になりました。

ところがね。
感覚過敏のある子と小児病院に行けば、こうなりますよね。
Saltbox_0038_6
長い時間待たされてさ。
診察も流れ作業的。

これだけじゃないんですよ。
Saltbox_0038_7

まずマイキーをデイケアに置きに行く(金かかる)
往復車で1時間。

そしてボビーを学校にお迎えに行き、そのまま病院まで1時間。都会だから渋滞もあるし、立体駐車場に入れないといけない(金かかる、時間かかる)

何時間も掛かってボビー追っかけまわして、ようやく歯科検診。帰りは夕方だからますます渋滞。

ギリギリでデイケアにお迎え。病院からは1時間30分。2人共、お腹空いて騒ぐのをなだめながらまた30分運転で、ようやく家に到着。

なんてことないはずの年に2回の歯科検診が面倒すぎる。

そりゃもう簡単な食事しか作れないって。笑

つうか共働きって基本この生活だよね。病院の部分が仕事に置き換わるってだけで。

これね。日本のお医者様やソーシャルワーカーにも知って欲しいんですけれど、みんな簡単に言うんですよ。

「小児病院に連れて行ってください。」

わかります。こういう重度の子を診られるとこって限られていますからね。とりあえず小児病院ってなるのはわかります。

でもこの言葉を聞くたびに、親としては、

「はい!閉店ガラガラ、仕事できない。その上お金は飛んでヘトヘトだよ~!ハハハ~!」

みたいなのが、頭に浮かぶ。

まだ気候が楽なとこならいいですよ。
ここは冬は北海道みたいな気候ですからね。吹雪の中をあちこち運転なんてこともよくあります。半日どころじゃない、1日潰れるんです。

結局2回くらい行った後、地元で評判の良い歯科クリニックに行く事になりました。

私が家族の為に選んだ歯科だったんですけれど、とっても良い先生で、私の歯の検診の時にボビーの事を話したら、「連れて来なよ!」って診てくれることになったんです。


言いたい事はですね…。


探せばあるんです。

こうやってコネを作って行けば、少しずつ理解がある人ネットワークはできてくるんです。ただ、地元に長く住んでいる人でないと、最初は難しいですよね。

私はね。社会が公式に提供する福祉だけでは、カバーできない部分ってたくさんあると思うんですよ。
だからこそ、こういう非公式な優しさと理解が、大きな力になるんです。余計なお世話でもいいんですよ。

皆様!
遠慮せずに情報提供ください!


もしかしたら、かえって医者や先生、ソーシャルワーカーの方が「非公式」情報は与えにくい部分もあるんじゃないかと思うんです。

だからこそ、普通のお隣さんのあなたの情報とコネが活きてくるんです。

さ~て次回は~。

その地元の歯医者さんの話で~す!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ