Saltbox|エクストリーム自閉症育児絵日記

米国東海岸の郊外の一家。 難易度高めの自閉症児ボビー、オモシロ定型児マイキー、マイペースなオット君、保護猫シェルどん、そして私、Cheeは自由過ぎてエクストリーム!

カテゴリ: ボビー

先週の金曜日は実は大変でした。朝10時ごろでしょうか。家族も朝のルーティーンを負え、ボビーには地下室のテレビで、ネトフリのトーマスを見せながら、それぞれ仕事や勉強している時です。うわあああああああ!地下室から尋常でない叫び声が聞こえてきました。癇癪とも違う ... 続きを読む
先週の金曜日は実は大変でした。
朝10時ごろでしょうか。家族も朝のルーティーンを負え、ボビーには地下室のテレビで、ネトフリのトーマスを見せながら、それぞれSaltbox_00138
仕事や勉強している時です。

うわあああああああ!
地下室から尋常でない叫び声が聞こえてきました。
癇癪とも違う。
オット君は今はサラリーマンなので、なかなか席を立てません。私が駆け付けると、
Saltbox_00153
ボビーが泣きながら、胸を指さし、私に触らせようとするんです。普段滅多に指差しできない、逆さバイバイの子がですよ。

胸を触ると、心臓がバクバクいっていました。「Does it hurt?」「Yes.」「Are you ok?」「Yes.」「How do you feel?」「Yes.」…こんな子なので症状も何もわかりません。シャツをめくってみましたが、赤みは無くケガがある様子も無く…。

も、もしや…!

オットくーん!ちょっと来て~!

オット君の前でもう一度聞きました。

Are you sick?

実はなぜかこのフレーズは理解しているっぽいんです。
歯が抜け変わる時によく"I'm sick!"って泣きついて、私の手を口に当てることがあったんです。

Yes.

Where?

するとまた私の手を取って、みぞおちのあたりに当てました。

オット君?肺…じゃないよねえ…どうする?

えっ、ええええ…どうしよう…でも肺じゃないっぽいよね…。

心臓?胃?何!?

今救急に連れてくのもリスク高いし、ちょっと様子見るしかないか…。

分かった。とりあえず学校のソーシャルワーカーに報告して、万が一の手続き聞いてみるわ。

ソーシャルワーカーとペアレントトレーニング担当宛てでメールすると、すぐに返答がありました。何かあったらすぐに担当医に連絡し、次のステップを聞いてください。検査できる場所のリストを添付しておきます!

ボビーの学校のスタッフは素晴らしいです。
おかげで私の心臓のバクバクが収まりました。

ボビーは一旦落ち着きましたが、かなり疲れた様子を見せていました。そしてまた、
Saltbox_00150
とシャワーを要求しました。半泣きで。
例の
Saltbox_00151
がまた始まりました。
万が一に備え、バスルームのドアを開けて、目の前で待機しながら(実はほとんど毎日ラップトップPCを持って歩いて、ボビーを見張り続ける生活しています)、どうしたもんかと考えました。

実はその日はボビーはほとんど眠らなかったんです。明け方の1時間くらいしか。オット君も起こされたりはしましたが、私が犠牲で起きていました。

もしかしたら、シャワー浴びたい執着で1日に30回くらいシャワーを浴び、眠りもせず、朝になって疲れ果てて、動悸があったんじゃ…。

もしくは、床に落ちているものを食べてしまった。
何食べるかわからない子だから。

家庭で見るには限界のある子です。

このまま様子を見守って、いざとなったら私が救急で走ってボビーと一緒に隔離される覚悟でいるしかないだろう。オット君とそう決めました。

ボビーは自分でシャワーを要求したのに、ヘナヘナとバスマットの上で眠ろうとし始めました。
なのでどうにか服を着せ、ベッドに誘導しました。
すると…

バタンキュー!

倒れるように眠ってしまいました。しばらく観察していましたが、呼吸も安定しているようでした。

良かった…。

熱も測りながらずっと観察していました。

よく自閉症の人は「感覚過敏」があると言われますが、ボビーの場合はそれもありますが、「感覚鈍麻」の方が圧倒的に目立つタイプです。

「感覚鈍麻」の方は、自己刺激が止まらなかったり、危険な行動をしてしまったり、半端ない多動だったりします。頻繁に飛び跳ねたり、大声を出したりね。社会的には「感覚過敏」の方が配慮されがちですが、こういうのもあると知って頂けるとありがたいです。

シャワーはたぶんそれです。危険な行為は止めないといけませんが、こちらはまだ寒いですし、温かいシャワーを背中に当てて気持ちがいいんでしょうね。まあ安全なものではあるので、下手に戦わずにピーク越えをしてしまった方がいいのです。

今、これを書いている間も、ボビーはシャワーで喜んでいます。30分に1回くらい浴びに行きます。
ピーク越えするかどうかってとこですが、昨日はよく眠ってくれました。最初の週にあったオネショも今週はありませんでした。

シャワーは一連の作業を自分でやれるようになりました。シャワーの温度調整もタオルも着替えも。付きっ切りでしたが、寮生活のおかげで、こちらの指導は最小限で済みました。

もちろんそれでもベチャベチャで出てきて、最終的には裏表や後ろ前で着ています。

家庭では、執着、こだわりは敢えて戦わず、「他の安全かつ有用な事柄に置き換える」という作戦が経験上割と成功しやすいです。

というのは、自然に作業療法をやっている状態になるからです。今のところは、「シャワーの一連の作業をやる」という課題まで来たので、これからは「裏表、後ろ前の服を直す」とこを目標にやっていこうと思っています。

例えば「飲み物欲しい!」も、
こういう濃縮のやつを、
IMG_20200414_074115312
こうやって自分で作らせています。
IMG_20200414_074049740
指が弱く不器用で、こんなのでも「チュッ」と押せないので、手の上から補助は必要ですが、自然な流れで作業をさせています。彼にとっては、ちょっと面倒な事を毎回させられるので、自然な収束を促すことにもなります。

また、シャワーの代わりになるものも使っています。
IMG_20200416_202627417
これは医療用ブラシです。こちらの作業療法士さんに教えてもらったもので、肌を傷つけずに刺激を与えるものです。The Wilbarger Protocolという手法があるんです。

ボビーはこれで背中を撫でてやると落ち着きますが、シャワーの代わりにはならないようでした。

そして今朝もまたオット君が耐えられなくなるレベルの癇癪がありました。

つまり、オット君も癇癪起こしてる。w

私はブログではこんなキャラですが、実際の現場を見たらきっとみんな天使だと思うよ!(自称)

でね。
我が家が地下室で採用しているソファは、
IKEAのFLOTTEBO/フロッテボー
なんです。

これおススメ!ボビーがトランポリン代わりにしても、今のところ壊れてない!(我が家は今までソファは5台破壊されている)そして上で思いっきり鼻血ブーもされたけれど、カバー丸洗いできた。

これ!

ちょっと場所取り過ぎるけどね。

そしてね。

こういう使い方ができるの。
IMG_20200419_093706788
インスタント「ハグマシン」!

自閉症者で天才のテンプル・グランディンが学生時代に自分自身のために開発した「ハグマシン」ってのがあるんですよ。強めのハグみたいなのが効くらしいのよね。落ち着くのに。

小さい子にはちょっと無理と思いますが、体がしっかりした小学生高学年以上なら使えると思います。

なんと…5分もせずに落ち着いた!

ソファの上にある青いのも、重さのあるブランケットなんですよ。それでは足りなかったですが、フロッテボ―の背もたれが効いた!

IMG_20200419_093657717
そのまま寝た!

これ、この背もたれのみの販売ないの!?

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

さて!例のコロナ家庭菜園の経過報告です!まずですね。画像をご覧ください。なかなかいいんでないでしょうか?普通のレタスに加え、ロメインレタス再生も行っております。こちらの仕組みはですね。プラスチックカップの底と側面に穴を開け、ココピートを入れ、空き容器にセ ... 続きを読む
さて!例のコロナ家庭菜園の経過報告です!

まずですね。画像をご覧ください。
IMG_20200413_091826838
なかなかいいんでないでしょうか?
普通のレタスに加え、ロメインレタス再生も行っております。こちらの仕組みはですね。
IMG_20200412_085210101_HDR
プラスチックカップの底と側面に穴を開け、ココピートを入れ、空き容器にセット。空き容器に液肥を入れた水を入れ、「準水耕栽培」って感じの仕組みにしてみました。これで育つかは全くわかりません!

それから…そろそろさすがに地面は凍らなくなってきたので、ネギとイチゴは外に出し始めました。
IMG_20200414_151941630
日本人なのでネギ依存があり、室内栽培だけでは足りないと悟りました。黒い不織布のプランターに種を撒きました。
種はこちらの品種。
IMG_20200414_151844065
Tokyo Long White!
普通のホームセンターでも売っております!

そしてこちらが、スーパーで買ったレタスを再生している鉢です。
IMG_20200412_193604008
上のは、真ん中の小さい葉っぱを残して植えたもの。
下のは1枚だけ残して植えたものです。
穴が無くて底上げしている植木鉢にココピートを入れ、水を与えています。1週間に1度液肥の混じった水を与えています。なのでこれも
「準水耕栽培」に近いです。

上の方がいい感じですね。完全に元の形に戻ろうとしています。でも下のもちゃんと新しい葉っぱが出てきましたよ!

そしてこちらが種から撒いたレタス。
IMG_20200414_133012508
まだまだです。
ちょっとだけ間引きし、それをこんな装置に植え変えててみました。
IMG_20200413_091927866
これはどういうことかと言いますとですね。
基本的にはロメインレタスと同じなのですが、
IMG_20200411_133303329
直接水に浸けるのではなく、
IMG_20200411_134221035
ロープで吸い上げて保湿する方式。
そしてレタスがレタス容器内の紙コップで育つという画期的?なシステムです。
どうして上部にカバーを付けたのかというと、
この辺はうさピョンが出るのよ。

ピーターラビット君が。
この形態なら外にも出せるのではと。

グリーンハウス(個室)

これはですよ。
もしうまくいったら商品化できそうでないですか?

100均で。

私が室内栽培オプションを考えないといけないのはこういうわけなんです。

さて、水耕栽培マシンのレタスはどうなったでしょうか!

ドーン!
IMG_20200414_132950555_HDR
見てこの違い。
IMG_20200414_133012508
お義父さんおススメのマシンの実力。

この件ではからかったけどさ。


お義父さんと私は、割とツーカーで話が合うのよ。
だからこのマシンの指導を受けてる。自分ちも大工さんに交じって立てたし、家庭菜園で食べきれないほど育てるし。
今日だって、「昨日の嵐で木が倒れて停電になったが、バックアップのジェネレーター用意しといたから余裕だ。」ってメール来た。
IMG_2365
樹海から。
さすがよ。お義父さんは頼りがいがある男。

若い時もカッコいいんだよ。
なんかビートルズみたいなモンキーズみたいなドリフターズみたいなバンドのギターやってた。
シングルも出してたらしい。
Saltbox_00149
年齢はちょうど志村けんくらい。
お義母さんは言う。

あの子は私似なの。

ガンバロー!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

コロナ自宅待機。やっと日本も世界のムードにちょっとだけ追いついてきていますが、日本のニュース見ていると、「日本人はマスクするから。」「BCGしてるから。」「外人は手洗いしないから。」みたいなのをよく見て、いや…問題はそこじゃない気がするんですけれど…。って思 ... 続きを読む
コロナ自宅待機。やっと日本も世界のムードにちょっとだけ追いついてきていますが、日本のニュース見ていると、
「日本人はマスクするから。」
「BCGしてるから。」
「外人は手洗いしないから。」

みたいなのをよく見て、

いや…問題はそこじゃない気がするんですけれど…。

って思ってる。

まあ正直、マスク問題は多少はあるかもしれなけれど、その前にまず、都会でもそれほどごちゃごちゃした場所は無いのを忘れちゃいけない。人口密度低い。
そして普段から、腕の内側で咳やくしゃみする習慣がある。食べる時も喋りながらはマナー違反だし、そういうのは結構厳しい。

BCGだって都会は外国生まれだらけだから接種している人多いと思う。


手洗いやらない!?
やるって!w

家も日本の平均的な家より片付いてるうちが大半だし、靴脱ぐ家も案外多い。

学校も家も普段から除菌ワイプと消毒ウェットティッシュ持って、ライゾールかけまくってるよ。
こどもたちに「トイレ触っちゃダメ~!」って叫びながら。普通だって!

私からしたら、日本の家のトイレのドアの外に手を洗う場所があるの気になるけどね。

じゃあどうしてこんなに広がっているのかって言うと…まあ格差だよね。

日本でも多少ニュースになっていると思いますが、ニューヨークで死者が多いのはアフリカ系アメリカ人というのが出てきているんです。

色んな条件があるんでしょうが、ここボストンも同じ状況なんだよね。日本語のニュースになっていないけれど。

アフリカ系だけじゃないの。ヒスパニック系が多い地域もそう。人種がどうのってのじゃない気がする。

あまりにも地域格差がハッキリ出てしまったので、マサチューセッツ州は地域差別が起きないように、市町村ごとの集計を控え、郡ごとでしか発表しなくなったんです。しかしニュースによっては、どことどこの市が圧倒的に酷いってのは出ちゃってます。

そういう地域の人々も、もちろん細心の注意は払って努力はしていると思うのよ。でも貧しい人が多いよね。集合住宅、公共交通、狭い中で色々と共有しないといけないし、自宅で働ける仕事で無い人も多い。危険があっても出掛けるしかない。貯蓄も少ないだろうから、必要な物資をドーンと買って家から出ないってのも難しいだろうし、置くスペースも無いだろう。

どうしても外との接触が多い。

防げない。


これが大きい。

このニュースがわかりやすいです。
 
60%がラティーノ移民の地域。つまりBCG率高いと思う。労働人口の80%は「エッセンシャルな仕事(自粛対象外)」とされている。

これよ。

ここマサチューセッツ州は福祉に手厚い州なので、比較的医療サービスや健康保険制度もいいはずですが、ギリギリで暮らしている人たちはそれでも迷う事も多いのは想像できます。

我慢しちゃう人はいるだろうねえ。

さて。この条件を見てどう思いますか?

日本はリスク高いと思いません?


日本はこのままあまり酷くならないといいと願っていますが、「買い物や散歩にもできれば出ない」ってのは大事。犬がいるからとか、子供がいるからとかでも。

うちにはボビーがいるが、毎日、玄関で雄叫び聞いて我慢してるわ!

 

私から見ると、みんなチョロチョロしすぎ。
ジョギングとかサイクリングしている奴はテロ!
外に出るたびにリスクがあると思っていい。

そこで、これ買いました。
IMG_20200409_153536055
地球儀。
余計なものは買わないようにはしてますが、良い学習教材になっています。価値あり。
ほら今、世界中がニュースだからさ。
場所と地名をすぐに調べられる。
IMG_20200409_153552204
Wuhan(武漢)見つかった?

この地球儀は山脈がボコボコしています。富士山もちゃんと盛り上がってます。海溝や海流も描いてあり、都市名もかなりビッシリ。
IMG_20200409_154017937
勉強になる!

マイキーの地理の学習にも役立ってますし、グルグル回るものが好きな自閉症児にも役に立ってます。
IMG_20200410_083044858
リビングがなんとなく知的になったよ。
みんな!これで旅行気分になろう!

それから、私のユーチューブチャンネルも利用してね。
嫁激(とつげき)★北フランス絵日記のきくこさんも観てくれているそうです!
 
嬉しい!地球儀で北フランス勉強しとく!

 


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

... 続きを読む
とうとう自宅に帰ってきたボビー。

前回、温かいコメントに励まされました!

皆さんありがとう!
コメントの1つに、Inflated Stability Wobble Cushionを使ってみては?というのがありました。
そうだ!あれ持ってたわ!

これこれ!
このクッションは投げ投げ攻撃の対象だったので、押し入れに隠してたんです。
IMG_20200409_095429955
ペッタンコ。
ボビーが栓を抜いてどっかに投げちゃってね。紛失。こういう子たちって、ちょっとでもタブとか糸とかが出ていると引っ張ったり齧ったりするからねえ。
IMG_20200409_095930720
なので、鉛筆をぶっさして無理やり膨らませてみました。w タイマーも持ってきました。これもよく投げられて危なかったので隠していました。

今朝のオンライン授業は、「5分座らせる」が目標です。
結果は…
IMG_20200409_102958565
なかなか座ってはくれなかったけれど、どうにか椅子の上に5分いさせることはできました!

写真の通り、ダイニングにベンチがあるんですよ。壁際にくっつけて私が隣に座って逃げられないようにしています。


今日で3日目ですが、少し慣れて来たようです!
Saltbox_00148
しかし、急にご機嫌になったり、「ういーや!」「りーや!」と聞こえる何かを叫びながら怒ったり、激しいです。
夜8時頃が特に。昔からこうなんだけどね。なんだろう?赤ちゃんは眠たくなると泣くでしょ?

あんな感じ。12歳だけど。w

「うりいーや」は、いらだちを言葉で表現した、

的なものかもしれない。


学校にも電話して聞いてみましたが、先生も何だかわからないそうです。

でもね。今のところの観察では、

1.1年前より確実に言葉は通じている。
1ステップの日常の指示は多少従える。(コップをそこに置いて、とか。)2ステップはまだできない。


2.自分の要求に合致していれば、「イエス」と答える。(「ノー」は言わない。)
相変わらず、コミュニケーションを取る気が感じられないが、イエスが言えるというのは助かる。適当に言っている場合もあるから要注意だけど。

3.癇癪になることもあるが、ある程度切り替えられるようにはなってきている。
「それはお父さんのだから食べないで。」とか「外は行かないよ。」とか言いながら他に誘導した時に、諦めてくれるようになった。1年前は9割くらい癇癪になったのが、今は3割くらい。

4.「ボビー文法」で話すようになった。
元々「I want___.」文でしか話さないのだけれど、

I want___, yes.

と、わたしたちに要求する時に、最後に「yes」を付けるようになった。
例えば、”I want open the door, yes.”みたいな話し方をするのね。面白いでしょ?
"I want"がつかないで、例えば、”Take a shower, yes."みたいな時もある。

"Can I___?"とか"Can you___?"とかは出てこないから、
「これやりたい。いい?」っていう文法になった模様。

「これやりたい。いいって言え!」
の方が近いか。
"Please"の感じでは無い。w

まあこれで解るからいいわ。あり。

進歩!

5.危なっかしさが減った。
以前より、「うわーこぼしそう!」とか「倒しそう!」とかそういうのが多少減った。成長もあるけど、今の学校が運動や手先を使う事を積極的にやってくれているのと、寮生活で身の回りの訓練をやってきた成果だと思う。

まだまだお尻も拭いてあげないといけないし、シャワーも歯磨きも食事も介助や声掛けが必要だし、トイレ行く度に手洗い確認&掃除もしないとだけれど、1年前よりは確実に楽になった。

このまま、まずは家庭での生活に慣らして、そこから次に持って行こうと思っています。もちろんタイピングもね。もうね。学校の課題はあんまりやらなくていいかと思ってる。学校の指導があればあるほど、私たちはうまく行かない。家庭は家庭のやり方があるし、この機会に自由にやらせてほしい。

今まで自由にやらせてもらった事無いから。

オマケ:水耕栽培&家庭菜園はここまで来ました。

IMG_20200409_082844246

IMG_20200409_082928474

追加:ついに学校から、全生徒を家に連れて帰るよう強く勧めるメールが来ました。感染者が増えたようです。早めに連れ帰って来て良かったです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

また我が家にボビーがいる生活が始まりました。これからはしばらくこの生活の日記になります。この時間帯、オット君とボビーを見ると交代する時間帯の更新になると思います。ボビーの1日目。夜の8時にものすごい癇癪を起しました。2年前と同じように部屋中の物を投げまく ... 続きを読む
また我が家にボビーがいる生活が始まりました。



これからはしばらくこの生活の日記になります。

この時間帯、オット君とボビーを見ると交代する時間帯の更新になると思います。

ボビーの1日目。夜の8時にものすごい癇癪を起しました。2年前と同じように部屋中の物を投げまくりました。帰ってくる前に危ないものはできるだけ片づけ、例のお手玉をわざと置いたりしていました。
面白いのは、ボビーは以前よりは投げるものを選んでいるようでした。

この癇癪はパフォーマンス。

リモコンが投げられました。3つほど。
以前はこういうのがあると、オット君は、
「俺はもう耐えられない!」とこっちも癇癪になってしまっていたのですがw、私との「辛くても頑張るからボビーを家に連れて帰る」の約束で連れてきたのでね。

私に「表情、表情!」とかツッコまれながらも、夫婦でどうにかなだめる事に成功しました。そして夜はルーティーン通りやって寝付かせて、「お?まあまあじゃね?」と思って寝ました。そして…

朝の4時に起こされた。

ドーン!

ってベッドルームのドアが開いて、
ガアアアアああああ!
って入って来た。w


鍵をかけたらかけたで、ドアの前で叫ぶからね。
ドアが開いたついでにネコちゃんも便乗して入って来て、2人でエサクレ、ミャーミャー騒ぎはじめた!w


オット君が起きてこない。起きてるけど起き上がらない。

チッ!こうなると思ったぜ。
まだ早すぎるので、5時くらいまでどうにか相手をしながら誤魔化し、エサをやってベッドに戻った。

そして6時…

ドーン!ガアアアアああ!ミャー!
パート2!

はい、今度はオット君の番!

ハアアア…とうとうオット君も起きました。私はやっと眠りに…すると30分後、

ヴぁあああああああああ!

ボビーの癇癪が始まりました。

Chee! 助けて!
こんなの聞いて無いよ!
1年も寮生活しているのに、こんなに酷いなんて思わなかったよ!
学校に電話して戻す!

まあ落ち着けや。私は予想通りだけどね。
これを分かっていて、相談して連れて帰るって決めたわけでしょ?コロナにかかって後悔しないように。今更連れて帰れない。わかってんでしょ?

でも…。

まずね。そういう風にオロオロして怒るから余計に酷くなるわけさ。笑顔、笑顔。

言っとくけれど、こういうのってすぐに「性差」「男はダメだから」「女性の方が母性があって」とかに持っていく人がいるが、

違うぞ。
私に性差を感じるか?w

言ってやろう。

個人の能力差です。

でもね。意思の疎通が困難クラスになると、わからないのよ。

何が原因で癇癪が起こるのか。

オット君も、平均的オッサンと較べたら、かなり育児能力、家事能力が高い人だからね。

私たちは死ぬほどABAやってるから観察眼はかなりいい。防げるものは防いでいるが、それでも1日に5回は癇癪が起こる。学校の人に聞いたら同じだって。

基本的にはコミュニケーション能力の無さだよね。それから何か不快感があるのを表現できない苛立ち。

だから見守って、体育座りをさせて、落ち着いてきたら親身になってやる感じで話しかけるしかない。
学校もそうやってる。

一旦落ち着くと、ケロッとする。

でもこれがうまく行かない事もある。
Saltbox_00147
私は今日はグーで何度も叩かれ、腕を抑えるとヘッドバットに切り替えて攻撃してきて、座らせようとすると、両足で挙げて胸元に蹴りを入れてきた。自分の膝を床に打ち付ける自傷もした。

それでもビビッてはいけない。痛さも感情も出さない。厳しい顔はする。声も低めにする。

ボビーは反応を試してるからね。

なので真面目な顔して「親を尊重しなさい」と言った。

ボビーは歯を食いしばって、私の表情を見ていた。

先生も含め、子供は学校と家で態度が違うと思っている人が多いが、実は私からすると同じ。違うのは環境。

先生や他の生徒がたくさんいる環境ではここまで暴れない。

それだけの事。

これは先生方に知って欲しい。
親も頑張ってるんだってばさ。

それに親って立場、難しいのよ。

一般的な「叱り」が有効なのは「どうして」がわかる場合のみ。その意味や愛がわかる場合のみ。ちなみにマイキーみたいな子は、汲み取り過ぎるタイプだから、叱る事がほとんど無い。すでに私よりできた人間だ。



だがボビーの場合は叱ったら悪化するだけ。

叱れない。
でもこちらは殴られても絶対に手は出さない。


一時期、私は
自己防衛のために武道を習おうかと思い、警察官の弟やこっちで格闘技指導している友人に相談したけれど、二人とも同じ事を言った。

「子供に使うなら勧められない。防御や押さえ込みでも、基本的には痛い方向に持ってくから。

それでもボストンの合気道教室を調べた。
そして諦めた。そこに通うのに合気道使わないと危険っぽいエリアだった。w


この条件で頑張ってるわけ。12歳の男児を見るのに。

今日から、ボビーもオンライン授業を受けてみた。
全然ダメだった。

先生は「初日だから」と言ってくれたけれど、全くジッとしていられない子だからどうにもならないと正直に伝えた。座って先生の指導を聞ける子が羨ましくて、涙堪えてた。

この頃から何が変わったのだろうか。


先生は「1分座って授業を受ける」でもいいと言ってくれた…でも12歳になってもそんなレベルな事に、絶望しそうになっている。

これから私たちは青痣だらけになるだろう。
鼻や歯を折るかもしれない。

ジャンピングお姫様抱っこをめっちゃ要求されている。
そのために鍛えてきたからね!
Saltbox_0039_1
ボビーが家にいるのが嬉しい。
何か進歩がある予感がしている。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

ボビーが1年3カ月ぶりに我が家に帰って来ました!イエーイ!全部コロナのせい!嬉しいような悲しいような。覚悟はしてたけどね。 学校は素晴らしい対応で、24時間消毒清掃しまくり、先生もベストを尽くしてくれていますが、とうとうスタッフに感染者が出たと連絡が来まし ... 続きを読む
ボビーが1年3カ月ぶりに我が家に帰って来ました!

イエーイ!

全部コロナのせい!

嬉しいような悲しいような。

覚悟はしてたけどね。


学校は素晴らしい対応で、24時間消毒清掃しまくり、先生もベストを尽くしてくれていますが、とうとうスタッフに感染者が出たと連絡が来ました。

ボビーはその人とコンタクトが無いということでしたが、集団生活のあるところはどうしてもリスク高いですよね。ましてや自分の体調を伝える事もできない子です。

学校はこれからもベストを尽くし、更に厳しく衛生管理をするとの事でしたが、悩みに悩んだ挙句、元気なうちに家に連れて帰る事にしました。

自分ちの子なんだから家に連れて帰るの当たり前…そんな簡単な話では無いのです。

暴れたり、誤飲したり、徘徊したり、本人も周りもどんなケガがあるかわからない条件で暮らすわけですから。

時には救急車も警察も必要な子だからね。
でも今回は簡単には頼れない。リスクが高いから。



言っていることが理解できない、返事もあまりしない、「どうして」を説明してもわからない、超多動。

自分の子だから言いますが、この前、志村けんさんとパン君の動画観たけど、「パン君の方が100倍楽だろな」レベル。w

久しぶりにトランポリンをリビングに設置。
家に帰ってきたとたんに、全ての物を食べつくそうとしてる。そして激しく跳ねてる。
IMG_20200406_165153411
ハイヤー!ハイヤー!って言いながら。w
Higherってことかな。学校でやってるのかな。

ブザーも、開けるの難しいチェーンもオン!
IMG_20200406_162117231
この状態で、今後何か月も閉じ込められるのです。

オット君と話し合いました。
どんなに辛くても、お互いがムカついても、子供たちの前では笑顔でいようって。
もう無理せず楽しくやります。

学校から持ち帰ってきたものはしばらく太陽に晒し、除菌スプレーをかけ、洗濯できるものは洗濯中です。


もしすでにボビーがウイルスを持っていたら、私たちもかかるでしょう。

でもね。

ボビーが家に帰って来て良かったと思ってる。
かわいいかわいいボビー。
Saltbox_00136
この子がトイレ行くたびに、全てを除菌しないとだけど!w

頑張る。

追加:しばらくイラストをあまり描く余裕が無くなると思うので、インスタの写真をリンクしました。

ボビーの激しい鬼ごっこ。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

我が家はマイキーの学校閉鎖とオット君の自宅勤務が始まった3月半ばよりずっとしております。2回ほどスーパーに行ったのと、ガーデニング用の土をホームセンターに買いに行った以外は、近所の散歩でさえしていません!次の1ヶ月はスーパーさえ行かない予定です。日本でも ... 続きを読む
我が家はマイキーの学校閉鎖とオット君の自宅勤務が始まった3月半ばよりずっとしております。

2回ほどスーパーに行ったのと、ガーデニング用の土をホームセンターに買いに行った以外は、近所の散歩でさえしていません!

次の1ヶ月はスーパーさえ行かない予定です。

日本でもこのくらいやって、マジで!

マイキーは、やっと担任が課題みたいなのを出すようになりました。

…が、全然足りない!!

上の記事にも書いたように、一応スケジュール通りに机には向かわせていますが、ちょっと見ないとすぐゲームやってる。w

でもね。ここに書いた

Brain POP、Duolingo、CodeCombatは結構続いている。
後ね。これ買ったんだよね。
IMG_20200322_143439011
IMG_20200322_200245699
マンガでわかる系のやつ。中高生向けだからマイキーには難しいんだけれど、「わかるとこまで読んで、つっかえたらネットで調べてみ。」とだけ言って、置いてある。私が見つけたんだけれど、オット君も「あ!高校生の時に、これ図書館で読んだわ!後で僕も読む!」って言ってた。

そう。普通に大人も勉強になるよこれ。

そしてね…。

なんと日本語訳もある!
アマゾンで「ラリー・ゴニック」で検索してみて!


それからね…。マイキーのピアノレッスンはオンラインになりました。
Saltbox_00144_1
スモールビジネスを守るためにも、これでも辞めずに月謝払うことにしました。オーナーも必死で電話かけてきてね。私たちも痛みはわかるし。

やってみると、案外ちゃんとできていました!

この先生は音楽理論の方を教えてくれているので、これでも全然オッケーです。

そしてスモールビジネスの私…。
Saltbox_00144_2
そう…日本も始まったと思いますが、中小企業救済プログラムの申し込み準備に追われています。そして、学校とのやり取りもオンライン化しているので、なんだか慌ただしいです。

更には、動画と出版の新企画のプロポーサルをまとめています。



プログラミングの勉強も始めていましたが、


急きょ、やる事がたくさんになってしまいました。

農業も始めながら。w


オット君も大忙しです。
こんな感じで仕事してる。w
Saltbox_00144_3
オット君、なんとコロナ騒動の2週間前に40代の再就職したのよ。
絶妙タイミング!




でね。その時に夫婦で話し合って、

「もうさ。給料はそんなに良く無くてもいいから、時間がフレキシブルで、需要が安定していて、ボビーみたいな子がいても理解がある職場にしよう。」

ってなったの。

その結果、社会的弱者を守る系ノンプロフィット(NPO)に就職したのね。


大正解でした!

州からも委託されているような事業だから、この状況でも「essential」の仕事と見做されている


つまり仕事がある。ありがたや~。
まああんまりやりたい人がいない分野ですよ。ぶっちゃけ。
こういうのも、ボビーを育てていなかったら考えもしなかっただろうな。人生わからん。

いやほんと、今回のこの世界の状況。
社会の色んなことが整理整頓されるでしょうね。

オット君頑張れ!
そしてみんな頑張ろう!
今は辛いけど、次に繋がる何かがある!

ついでにこれ読んで。


さて!

我が家のアイドルのボビーちゃんはどうしているのか!

元気ですよ~!
学校がこんな写真を送ってくれました。
bobby_corona_02
めっちゃ元気!笑顔!
一輪車の練習してる!

ネットで会ったらね。
Saltbox_00144_4
やっぱいつもよりも良く喋るし、目も合うの。

「シェルどん」って初めてちゃんと答えたよ!
シェルどんもびびってたわ。



なんでこの子はこうなんだろう?

まあ元気ならいいわ!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

ボビーはまだ寮にいます。学校は本当に頑張っていてくれてありがたい。マサチューセッツ州は、かなり厳戒になっていますが、州が障がい者のケア施設は"essential services"とみなしてくれているので、今のところ閉鎖しないで済んでいるようです。知的障害児のいる家庭…大変 ... 続きを読む
ボビーはまだ寮にいます。
学校は本当に頑張っていてくれてありがたい。
マサチューセッツ州は、かなり厳戒になっていますが、州が障がい者のケア施設は"essential services"とみなしてくれているので、今のところ閉鎖しないで済んでいるようです。

知的障害児のいる家庭…大変でしょう…。

心配しています。

私たちも、寮に入る前は、夏休みや冬休みが来るたびに不安でした。だってそれは、私たちにとっては破壊やケガが増えることでしかないから。眠れない日々が続く事だから…特に米国は夏休みが2か月ですし、寒い地方に住んでいるので冬休みは基本引き籠りです。

しかし今回のはそれどころじゃない。どこにも出かけられない。知的障害が重い子に説明しても解らないのが辛いですよね。外に出せって癇癪起こすでしょう?

こういう日々を思い出す。
Saltbox_0023_4
Saltbox_0021_6
Saltbox_0021_7
Saltbox_00091_1
Saltbox_0050_6

Saltbox_0047_1

このマスクを作ってて思い出したんです。



こんなボビーでも数少ないヒットおもちゃがあるんです。誰かの参考になるかもしれないので、紹介してみますね。

それは…
IMG_20200326_085424533
お手玉!
そう…あのマスクはこの残り生地だったのです。
IMG_20200323_173348526
生地は普通のキルト用の100%コットン。
IMG_20200326_085758624
形は左から、座布団型(丸)、三角、四角です。

確か10個ずつ作ったのよ。中身はプラスチックペレット40g(公式のお手玉重量)で手縫い。糸はキルト用の丈夫なもので2㎜くらいに細かく縫っています。手間はかかっているのですが、この7年、ボビーが噛んだり踏みまくっても、マイキーがキャッチボールに使っても、何度も洗っても、今のところ1つも壊れておりません。

ボビーは普通のプラスチックおもちゃは瞬時に破壊するのでね。ブロック類、車類、パズル類は投げつけるし、粘土やクレヨンは食べるし、本も破くし食べるし。テレビやキャラクターに興味も無いし。基本的に、普通の子供なら喜ぶであろうものに触りたがらない。

もうどうすれば?でしょ?

それでお手玉を渡しっこするところから始めたのよ。どうやらこのお手玉の粒々感は好きらしくてね。ほっぺに当てたりするのよ。次第にできるようになった。

今でも2、3回やると、

Saltbox_0050_4
って投げて逃げちゃうんだけれど、今は「3個ちょうだい。」とかにも反応してくれる。ゆっくりだけど、レベルが上がってる。3種類作ったから、いつか「丸を2個と三角1個ちょうだい。」とかもできるようにしたい。

あとね。ボビーの部屋の壁にこういうのがつけてあるの。
IMG_20200326_085626266
Saltbox_0019_4
こんな感じで、ABAセラピストも使ってたよ。

お手玉はこっちの人にも好評で、例えば近所の小さい子が遊びに来た時に気にいってたから、3個作って持って行ってあげたら、「めっちゃ喜んで色んな遊びに使ってる。お兄ちゃん(5)は投げて遊んでる。妹(3)はお人形の枕にしてる!ありがとう!」って喜んでた。

というわけで、お手玉は万能!


これが正式な座布団型の作り方だよ!
 

2、3個でも十分遊べるからよかったら試してみてね!

それから…
「蓼食う虫もテキサス」のカイエさんが、ブログを紹介してくれました!感激!
 

同じ米国でも全体的にスケールが大きいテキサスの情報!とっても楽しいです。
また彼女の家族がユニークなのよ。

とくにツレ氏!w

世界が大変なことになっていますが、こうやって皆さんとブログを通して繋がっている事で孤独感が和らぎます。みんなありがとう。

あ、そうそう。マスクもこっちでも好評で、オット君がFBに写真載せたら、めっちゃlikesついてたよ!
91020348_10217813656306607_3269430862080376832_n

「手作りマスクいい!友だちにも教える~!」ってコメントの人もいた。薄いから気休めだけどさ。それでも内側にぺーパータオル1枚つけたら多少はフィルターにはなるんじゃないかな。

こういう柄物だと染みも目立たないし、バンダナとかスカーフっぽくて受け入れられやすいと思う。

流行るかも!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

米国もCOVID-19対策が本格的になり、ボビーはどうしてるの!?って思われたでしょう。刻々と変わる条件の中、学校と相談し、今のところ出た結論はこれです。ボビー、寮に残留決定!家族とも面会禁止。涙この子さ。普段、私たちは週に1,2回は会いに行くんだけれど、それで ... 続きを読む
米国もCOVID-19対策が本格的になり、

ボビーはどうしてるの!?

って思われたでしょう。
刻々と変わる条件の中、学校と相談し、今のところ出た結論はこれです。

ボビー、寮に残留決定!
家族とも面会禁止。涙

この子さ。普段、私たちは週に1,2回は会いに行くんだけれど、それでも寮の職員にしょっちゅう、

Saltbox_00139
って、私たちに会いたいアピールするらしいんだよね。

これだけでも、私たちは毎日胸が張り裂けそうになる。

どうしてこうなったかというと、こういう事です。

ボビーの学校は、自宅から通っている子たち(Day Programのみ参加)と、寮生(Day ProgramとResidentialの両方)がいます。

その家庭の方針やその子の障害の程度によりますが、寮生は基本的に「家庭でずっと見ていくには困難な子」たちです。それでも、こういった専門の学校でみっちり22歳まで教育を受ける事で、大人になった時に、かなり普通の環境でやっていけるようになる。それがこういう学校の目標です。

自閉症の方たちというのは、大きな変化が苦手な事が多いです。彼らにとっては、今の環境はもの凄く大変です。想像を絶するレベルでしょう。

しかしコロナウィルス…どうしようもありません。

自宅から通っている子たちは、自宅待機となりました。

寮生の方はどうかというと…
各家庭に連れて帰る事推奨メールが来ました。

そうだよね…。
頑張ろう…この子、1,2時間に1回こんな感じになるけどさ…家に居ないのは寂しいのよ。

Saltbox_00086
家で抱きしめていたい。(嫌がるけど)
だって可愛い子だから。
可愛くて可愛くて、赤ちゃんの時から、何があっても可愛くて。
Saltbox_0009_4
Saltbox_0014_2
覚悟して学校に電話しました。

するとこういう話でした。

彼の場合、まだまだ家に帰れる基準に達していない。今帰してもどうしようもなくなる可能性が高い。

その場合、学校は再度受け入れる事はできない。救急で病院に連れていくしか無いが、現状で医療施設に行く事でかえってリスクになってしまう。

現時点では、寮はまだ閉鎖にはなっていない。家に帰るにはリスクが高い子は、寮に留まることを推奨する。
今後、国や州の方針で帰す事なった場合は仕方が無いが、学校もベストを尽くしているので、今はこちらに任せて欲しい。


素晴らしい学校でしょう?

ボビーとは親も面会できなくなりましたけれどね。適切な判断と思います。

もしかしたらボビーを連れて帰っても、どうにか家庭で1ヶ月くらい乗り切れるかもしれない。

でももしこれが長期化したら?


今はできるだけ寮で過ごさせた方が、本人にとっても私たちにとっても、周りのみんなにとっても安全。

郊外にポツンとある寮だしね。
わざわざ近郊の私たちと暮らす方がリスク高そう。

でもボビーに会えない…。

胸が締め付けられますが、いざとなったらすっ飛んで行って、引き取る覚悟です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

私が住んでいるマサチューセッツ州は、全米の中でも学力が高い事で有名です。元々有名大学や医療、研究施設が多いため、住民が割と高学歴というのもあります。公立学校も私立学校も州の統一テストを受けさせて、学力が低いところに、よりサポートが回るように州が援助するシ ... 続きを読む
私が住んでいるマサチューセッツ州は、全米の中でも学力が高い事で有名です。元々有名大学や医療、研究施設が多いため、住民が割と高学歴というのもあります。

公立学校も私立学校も州の統一テストを受けさせて、学力が低いところに、よりサポートが回るように州が援助するシステムを、他の州よりもだいぶ前からやっているというのもたぶんあります。

底上げの努力をしてきた州って感じ。

州によってはできる子を伸ばすのに力はいれるけど、底上げしないとこもあるみたいだからね。

やっぱりリベラル州。


でも小学3年生からテストが始まり、高校卒業時に基準に達しないと卒業できない仕組みです。

リベラル州でも自治体格差もありますし、先生も生徒も親も大変です。アメリカは「お受験」プレッシャーは無いですが、こういうのはあるんですよ。

しかし全体的に、マサチューセッツ州は普通の郊外のどこでもまあまあ学校は悪くないです。つまりリッチでない普通の子にも色々と道が開けてる。


その代わり、あんまり「ギフテッド」教育は無いけれど、実はマイキーが私立学校の特別授業に参加できたのは、州のテストで高スコアだったからなんです。


そういうのはやってくれる。

じゃあ逆に、ボビーみたいな子はどうなっちゃうのか?って話なんですが、普通の学業ができないレベルの場合は、その子のレベルに合わせた内容の「アセスメント」的なテストが行われます。それもちゃんと基準があり、学校はそれに沿ってやるようです。

ちなみに、知的な問題は少ないけれど、発達障害やその他の身体的な能力で普通のテストが受けられない場合も、それに合わせてテストや環境が用意されます。なので高校卒業も達成できます。

それでなんつーんだろう?
ボビーの場合は、最初から「高卒」を諦めてるじゃん?w

ちょっとみんな、想像して欲しい。

小学校1年生で、周りがみんなキラキラしている時に、これを受け入れて生きている親を。w

可愛らしい、あどけない顔を見て、涙が溢れそうになるの。それを堪えて、ニコニコ公立学校に行くの。

誰も私が学校や学区に、「この子は高卒資格貰えないでしょう」宣言されているなんて知らないわけよ。

そんな孤独な母ちゃんだったの。


でもね。今年の統一テストも相変わらず幼稚園レベルだけれど、ボビーだいぶまともになったよ!

「この絵本の主人公は誰ですか?」という質問に、3ヶ月くらい練習を重ねて、〇で囲めてた!(ちなみに3択で残り2人は誰やね~ん!って絵。w)

進歩!

年齢?もうすぐ12歳~!w

ハイ。今でもちょっと悲しくはなりますよ。

やっと3歳くらいのレベルかな…いやでも3歳はもっとできるな。根本的に違うから。

今こうやって1年前に私立の自閉症専門の学校の寮生になって、本当に良くなった。

睡眠の問題や暴れる事が無くなった。
食生活も改善した。家族みんなが助かった。

こういう子が大変なのは、公立学校のせいでも、先生のせいでも、親のせいでも無いの。

ここが世間で理解されていないよね。
そんな簡単な話じゃないのよ。
私くらい頑丈な母ちゃんでも無理なんだから。w


構造化されたシンプルで静かな環境で、1年365日の予定をキッチリその通りにやる学校だから達成できているの。そしてどの親も泣きながら寮に入れるのよ。
そりゃ胸が張り裂けるほど辛いさ。


でもそれを乗り越えて、ここまで来た!
今日も会いに行って来たんだけれど、

何かが繋がってきているのは感じた。
Saltbox_00129
むしろ、他の2名は繋がって無い。

かわいいんだ~。今日にも家に連れて帰りたいんだ~。

オット君と一緒に泣きそうになることはある。

オット君に言わせるとね。

X-Menが通う学校あるじゃん?
あれ。


確かにちょっと似てる!

この子たち、X-Men要素あるし!w

まず、感覚過敏がX-Men!

そしてハリーポッターっぽさもある。


魔術は使ってると思う。
なんかブツブツ言うし。


州の統一テスト。
どうでもいいな。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いや全く、コロナウイルスの件は滅茶苦茶ですね。こんな中で、日本はよくやってくれていますよ、ホント。ありがとうございます!おらおら!アメリカ人、もっと感謝しろ!wところでネトフリでやっている、「天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する」観た方います?これはおす ... 続きを読む
いや全く、コロナウイルスの件は滅茶苦茶ですね。こんな中で、日本はよくやってくれていますよ、ホント。

ありがとうございます!


おらおら!アメリカ人、もっと感謝しろ!w

ところでネトフリでやっている、「天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する」観た方います?

これはおすすめよ。やっぱ凄いわ、ビル・ゲイツ。
衛生やワクチン、ウイルスの問題はかなり前から手を付けているからね。そして次世代原発の方も福島の後にすぐ取り掛かっている。今回のコロナウイルスの件でもすぐに100億円くらい出してくれたらしい。

こういういわゆるphilanthropist(博愛主義者)って、私は若い時はよくわからなかった。

それでも一応、私は土木系なので、精神的には社会貢献したいという気持ちが強いんですよ。土木って言うと、よく〇フィアと勘違いされるけれどw、土木系の真面目な人って、元々環境とかアウトドア好き、行動力があるタイプが多いのよ。たぶん軍人とか自衛隊とか重なる。

グレタより説得力あるタイプって言ったらわかる?w
だってあの年齢の頃はもう工業高校で一生懸命勉強してたから。

でも実際の仕事は選べないじゃん?どんなに環境保全に興味があっても。

なんかモヤモヤしていた30代…そんな時です…

ボビー爆誕!
Saltbox_0009_1
人生変わるわ!w

そんなこともあってさ。

結構本気で、どうでもよくなっちゃったんだよね。

将来、何望む?とか考えても、
Saltbox_00127
えっと~。
ボビーと仲良く過ごして~。オット君と地元の自然の中で穏やかに過ごして~。

クルーズ?

お金払われても行きたくねえ。
その金あるなら、ハワイアンズで豪勢に過ごす。

リゾート地のバケーション?

全く興味無い。ハワイに住んで飽きたから。
むしろハワイアンズに行ってみたい!(行ったこと無い)

地元の森や海の方が好き。

夏は毛虫だらけだし、冬は凍てつくけど。
そこがまたいい。

毛虫まみれトレイルランとかできる。
(マジでやったことある。)

物も欲しくない。むしろ要らない。
もうちょっとオサレな広い家に住めたらとは思うことはあるけれど、この小さなタウンの小さなコテージみたいな家も悪くない。エコだし。

ボロ可愛い。

ボロカワ~!流行れ!


オット君もだいたい同じ考え。

ただ、マイキーだけは、金ピカで豪勢なのを目標にしている模様!w
Saltbox_00113_2
私は止める気は無い!ww

でもね。実は私の野心も凄いんだわ。

最近ほら、子供向けコンテンツの風当たりが強いって話あるでしょ?

いや実際酷いんだけれど、逆にチャンスと思っている。

ウォルト・ディズニーより野心ある。

単に子供たちを喜ばせたいというだけでない。先までかなり考えている。これでも。

単に儲けよう、人気取りしようというビジネスでは無い。ガチ。

私から見ると気になるのよね。ネットビジネスってさ。
いかに儲けるかの話ばっかの人いるでしょ?
そのノウハウ自体をビジネスにしたり。

私、そういうの全然見た事ないのよ。

あのね。結局は、

良心よ。

つまづく事はあっても、需要があるものはどうにかなる。というか良心が需要。

ボビーのおかげ。
ダメでも気にならない。

だって、今の生活で満足だから。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

昨日はボビーの寮のバレンタインイベントがありました。そう。アメリカのバレンタインデーって、別に恋人同士に限らないのよね。家族や学校イベントだったりする。どっちかというと。ちなみに私個人はひねくれているから、「愛」ってなんだよ。世間で良く言うやつは「執着」 ... 続きを読む
昨日はボビーの寮のバレンタインイベントがありました。そう。アメリカのバレンタインデーって、別に恋人同士に限らないのよね。家族や学校イベントだったりする。どっちかというと。

ちなみに私個人はひねくれているから、

「愛」ってなんだよ。世間で良く言うやつは「執着」じゃん。欲で自分を満たしたいだけ。チョコレートなんて西洋の侵略と植民地化の結晶だし。地球愛があるならイベントやめろよ。

くらいのクズ人間です。

さて、学校に着いてしばらくすると、私が迷惑を掛けてしまったお母さんが入ってきました。


なのですぐに、挨拶というか謝りにいきました。

この前は自分の勝手な発言で邪魔をして申し訳なかったと。

すると…
Saltbox_00126_1
あなたが強く思う気持ちはすごくわかったの。
私は気にしていないわ。だから気にしないで!
そういえば私、あなたに名刺を頂いたのにそれきりだったの。失礼だったわ。ごめんなさいね。

いやいやいやいやいやいや!
そんなぜんぜん!


とても気さくな良い方でした。

その後、生徒の歌と踊りがありました。
Saltbox_00126_2
ボビーは去年は突っ立っているだけだったんですけれどね。今年は先生にサポートされながら、少しだけ踊りができました。こういう子たちだから、幼稚園のお遊戯よりも簡単なレベルなんですけれどね。歌と踊りは去年と全く同じです。たぶん何年もかけて習得するのだと思います。

それでも大変な進歩です。

クリスマスはこうでしたから。

Saltbox_00097
その後は同じ年齢グループごとの集まりがありました。
家族も寮のスタッフもみんなでゲームをしました。

自分で作ったバレンタインデーカードと自分の写真を探して、セットにして親に渡すゲームと、ティッシュで蓋をした紙コップの中のキャンディーを取り出すゲームとか。

寮生というのは、基本的に重度~最重度の子たちばかりですから、こんな簡単そうなのでもハチャメチャになります。

ほとんどの子は、カードも写真も、みんな適当に選ぶし、親に渡すなんてできないし、途中で興奮して走り回るし、ひっくり返ったり暴れたり。
キャンディーは全部奪おうとするし。
気にいらないと「もうやらね。」って態度になるし。


その様子がおかしくてね。
Saltbox_00126_3
って、
すっかりこのお母さんと仲良くなりました。

ここまでできない子の親だとさ。正直、他の親と会うのが辛くなるの。っていうか世間に触れるのさえ辛くなるの。

でもね。こういうグループの親は違うんだ。何も説明しなくても、その気持ちはわかってる。

バレンタイン、いいじゃん。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

前回、ペアレント・トレーニングで私が暴走し、学校と関係が悪くなってしまった話を書きました。 私は社会的にキチンとした人間ではありません。これでもみんなに迷惑をかけないよう努力はしていますが、真っ直ぐ過ぎてうまくやっていけないタイプです。それでもボビーの難 ... 続きを読む
前回、ペアレント・トレーニングで私が暴走し、学校と関係が悪くなってしまった話を書きました。




私は社会的にキチンとした人間ではありません。
これでもみんなに迷惑をかけないよう努力はしていますが、真っ直ぐ過ぎてうまくやっていけないタイプです。

それでもボビーの難しさは増していく。



学校に相談しても、先生の学校の集団の中のボビーに対する経験と、家や外での親の経験は全く違います。

学校はもちろんその事はわかっています。
自閉症に限らず、子供は学校と家では態度が違うもんです。

面白い事に、ボビーに体当たりで付き合ってくれている先生には、私と同じような経験があるみたいです。愛情に対する甘え…これが愛しくて仕方が無いんですよね。

療育の中で、信頼関係を築くというのはものすごい大切な事で、でもそれ故に「けじめ」が難しいところがあるんです。学校のような構造化されたスケジュール通りの環境なら、それがコントロールしやすいですよね。集団行動も多いですし。しかし同じ事を親が家庭やうるさいショッピングモールでできるかというと…

…わかるでしょう?

わたしもさ。若くて無知で自分で子育てする前は、「ちゃんと躾けしないの?」くらい思ってたけどさ。

今は究極に近いのを育ててる。w


だから理論ばかりの「ペアレント・トレーニング」に腹が立ってくるの。

さて。日曜日もボビーに会いに行きました。家族でダンキンドーナツに行って、ドーナツ食べて帰ってきただけ。店はBGMがうるさく、ボビーが耳を押さえ始めたので、結局すぐに学校のロビーに戻りました。

ボビーのために本を用意していました。
IMG_20200210_174411178
日本でも売っていると思いますが、「ぞうさんぶたさん」シリーズ。読みやすく、話も面白い本です。キャラクターの表情も豊か。セリフがフキダシで書かれているので、ボビーが話し言葉を覚えながら読むのにちょうど良いかなと。

ところが、これを取り出したとたんに、私たちからスーっと離れていくんです。ロビーをウロウロし始めました。ボビーを何度椅子に座らせても、ずり落ちるんです。そして逃げる。

またか…。

小さい頃からずっとこうなんです。
昔は本をビリビリにして、ヤギみたいに口に入れて抵抗したこともあるくらい、読み聞かせに抵抗するんです。

だから、わたしはユーチューバーになったんですけどね。


なかなか座ってくれないので、学校のスタッフに手伝ってもらいました。おかしな事に、学校のスタッフが来ると、「あ、やべえ。」って感じでサラッと座って本を読むんですよ。

でもね。そのスタッフもまさかボビーが本を読めるって知らなかったみたいで、ビックリしていました。

そんなボビーを見て悲しくなりました。
いつも以上に悲しくなりました。1年前に寮に入ってから、私たちは限られた時間しか会えません。プライバシーのあるゆったりした時間などありません。

学校の言う通りに一生懸命やっているのに…どうして私たちに対してそうなの?

涙がポロポロ出てきました。
オット君もマイキーもいましたが。

すると、急にボビーが近づいてきて本を拾い、
Saltbox_00125
座り、私と一緒に指差ししながら読んだんです。


そう。彼は全て解っているんです。
私がどうして泣いているのかも。

ボビーがトイレを要求し始めたので、オット君が連れて行きました。その間、私は茫然としていました。

何で…どうして…マイキー、私がダメだから?

…お母さん、聞きたくないかもしれないけどさ…ボビーにやりたくない事やらせてもやらないよ。

でもあの子、何もやらないじゃないの。

…僕はわからないよ…。

この時点で、私の悲しみは怒りに変わり始めてしまいました。マイキーには悪い事をしてしまった。

私がダメなんでしょ。そういう事でしょ!
もうボロボロでした。

様子に気が付いたスタッフと寮の監督が来てくれました。監督は優しく説明してくれました。学校と家とでは違うのは普通だと。どんなに経験がある人でも、簡単な事では無いんだと。

その時、ボビーとオット君が戻ってきました。
監督が本を読むのを手伝ってくれました。

すると…

エエエエエエエエエ!
ちょっと待って!
ボビーこんなに読めるの!?
エ?
エエエ!?


…そう。彼は知らなかったのです。

その夜、私は眠れませんでした。
そして気が付きました。

私がどうして学校に辛く当たってしまったのか。
マイキーに怒ってしまったのか。

私…ボビーと2人っきりになるチャンスが無いんです。
私とボビーが2人っきりの時は、ボビーはものすごい甘えて来ます。赤ちゃんになってしまったかのように。
最後にそんな瞬間があったのは、この日でした。



私とボビーとシェルどんで、ゴロゴロ仲良くしていたのに急に豹変。考えてみると、オット君が部屋に入って来てしばらくしてからかな…。

逆の場合もあるんです。ボビーとオット君でなんかゴロゴロくっついていて、私が近づいたら走って行ってしまうとかも。

本当にわからないの。何が何だか。

明け方、学校にメールを書きました。
いつも親身に相談に乗ってくれているペアレント・トレーニングの担当の方と、ボビーが読めるのを目撃した寮の監督宛てで。

私たちに必要なのは、小さい部屋でのプライベートな時間かもしれないと。

ずっとセラピー漬け、ペアトレ漬け、病院、学校漬けで、ゆったりとした自分たちの時間を何年も持てていない…。
上の事も全て説明しました。

朝、すぐに2人から連絡が来ました。

次のペアレント・トレーニングは個室でやりましょうと。

やっと話が通じた気がします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ