Saltbox|エクストリーム自閉症育児絵日記

オット君は米国人。私は在米トータルで14年くらい。長男ボビーは重度自閉症児。次男マイキーは今時の小学生。保護猫のシェルどん。これが私の家族。米国東海岸郊外の普通の家族。

カテゴリ: アメリカ生活

みんな!ちょっと聞いて!これね。ホント、さっき起こった事なんだけど…このバカ家族に突然、ヴィオラ来た!やべーよ。困惑!w事の発端は、今日学校から帰って来たマイキーがね。って。それでね。話を聞くと、どうやら地域の公立学校では、小学校4年生からオプションで学校 ... 続きを読む
みんな!ちょっと聞いて!
これね。ホント、さっき起こった事なんだけど…

このバカ家族に突然、

viola

ヴィオラ来た!

やべーよ。困惑!w

事の発端は、今日学校から帰って来たマイキーがね。
Saltbox_0041_3
って。

それでね。話を聞くと、どうやら地域の公立学校では、小学校4年生からオプションで学校の楽団に入れるらしいんです。

それでオット君に何が起こっているんだか聞くと、

「僕もさっき気が付いたんだが、どうやら今日、希望者申し込み会が地元高校で行われるらしいんだ…。夜7時に…。」と。

Saltbox_0041_5

事前申し込みもできたらしいんだが、メールを見逃してしまった…。


ほら最近、学校の連絡はメールとかでしょ?
一応は目を通しているつもりだけれど、結構どうでもいい内容のもあるじゃん?

わかるっしょ?w

そのせいで大事なのを見逃してしまう。

ああ、この人からか~、どうせチャリティーの話じゃね?
みたいな。

オオカミ少年現象!

そんでね。
とりあえず、7時に高校に行ってみた。
すると案の定…

ほとんどの親が、事前申し込み無しで、焦って来ていた!笑

そんでね。マイキーが「ヴィオラ弾きたい!」って言うもんだから、とりあえずそこの申し込み会場に行ったの。もちろん管楽器も打楽器もあるんだけど。

そしたら…
Saltbox_0041_4

どういう事!w

そらギブソン潰れるわ!


でもね。マイキーの3年生の頃の同級生の、私の小学生時代を思わせるやんちゃ気味の女の子は、そのギターの部屋に入って行った。

そしてADHDだけど普通クラスの男の子は…

ドラムのとこに入って行った!


やっぱ本人たちもわかってるんだな!w

そして我が家の坊ちゃま…。
Saltbox_0041_3
聞いたのよ。
なんでヴァイオリンでなくて、ヴィオラ?って。

そうしたら、どうやら3年生の終わり頃に、楽器についての授業があって、その時に、

ヴィオラの深い音が好きだな…。

と思ったそう。

オット君も一緒だったんだけど、聞いたよ?
弦楽器ならギターでよくね?って。

家にはギターは6,7本あるし、ベースもあるし、子供用のエレキもある。
オット君はパンクバンドやってたし、私もアコギは初心者だけど触る。電子ドラムもある。

それにね…。

私もオット君も苦手なんだよね…。

クラシックって結局、貴族様のやつじゃん。嫌いではないけど。オペラとかバレエとかもそうだけど、西洋の特権階級を喜ばすために、どす黒い裏があるわけさ。

それなのに、なぜかアジア人のダサイ奴らが技術を競いあってるみたいなさ。私のピアノレッスンの話みてもわかるでしょ?ココ

思いっきり偏見だけど!

おいらたち、パンク世代だからな!

私なんかサイタマだし!
アナーキーなんてもんじゃねえ!

そんでそんな会話をしていたら、前後にいたお母さんたちが…

「マジそれ!私も同じ事言ったのよ!ギターでいいじゃんって!」

ところが子供たちみんな、

わかってないなー、やれやれ。

って顔しやがった!

そらギブソン潰れるわ。

でもね。その前後の子に、ヴァイオリン?ヴィオラ?って聞いたら、みんなヴァイオリン。

出てきた知り合いに聞いてもヴァイオリン。

で、登録の時に、

ヴィオラですか!(喜)

みたいになった。大丈夫かおい。笑
ちなみに、チェロとかベースとかも足りない感じ…。

公立学校のプログラムとは言え、それなりの金を払うと…

ではヴィオラをレンタルしてください。

だと。(つまり追加料金。)泣

カフェテリアにいくつか業者がいました。

そこで良さげなところに行くと…

「今日初めてのヴィオラ契約者です!」

って。w

何なのこの展開!

だがとりあえず、
ヴィオラ来た!
viola
毎日30分の練習が課せられるそう。

…私の頭にしずかちゃんのヴァイオリンがよぎったよ…。

やりたければ高校卒業まで一貫で続けられるそう。

ありがたいが…

何が起きているのかわからない!

子育てはアドベンチャー!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


歯科難民となってしまった私たち。(その話はコチラ)そこでボビーの私立の自閉症専門の学校に相談して紹介された小児歯科クリニックは、70年代の古いオフィスビルの1室でした。看板があるわけでも無く、口コミで聞かなければ知る事が無いような場所です。待合室は小児歯科の ... 続きを読む
歯科難民となってしまった私たち。(その話はコチラ

そこでボビーの私立の自閉症専門の学校に相談して紹介された小児歯科クリニックは、70年代の古いオフィスビルの1室でした。看板があるわけでも無く、口コミで聞かなければ知る事が無いような場所です。

待合室は小児歯科の割にはかなり簡素でした。

一方、看板や広告も派手なパプースのとこは、いかにも小児歯科やってまーす!って感じ。
待合室の照明も明るく、診察室の壁にも派手な絵だらけ。
Saltbox_0043_1
普通の子なら楽しめると思うのですが、ボビーには苦痛だったと思います。
Saltbox_0043_2

それからすると、どこのオフィス?
みたいな小児歯科。女性が1人待合室に座っていました。
とっても静か…治療してんのココ?

しばらくすると、4歳くらいの男の子が先生と出てきました。手にはご褒美の小さなおもちゃ。
子供は笑顔満面、母親らしき人は説明を受けて帰っていきました。

あんな小さい子も独りで入らせるとこなんだ…。

先生はそのまま私たちの方に来ました。
Saltbox_0042_6
ううっ!


目力が強い!

な、なんだ…怒っているのか?
ニコリともしないぞ。


眼が、クッ……逸らさねば…

逸らさないとヤバイ!


待てよ…なんか手から出てないか?…


…ウウウ…

くらい不思議な印象の先生でした。

クラクラしながら挨拶した後、先生は言いました。

「お母さんとお父さんは待合室にいてください。」

先生は言葉数少なく、診察室のドアを開けました。

すると…

Saltbox_0042_7

エエエエエエエエエ!!!!

あのボビーが吸い込まれて行った!!


自ら!


こ、これは!

ラスベガスにいる奴!

Saltbox_0042_6

オット君と私は待合室でしばらく唖然としたままでした。

しかも静かなんです。騒ぐ声が聞こえない。

しばらくすると助手がやってきました。

「お部屋の外からですがご覧になりますか?」

そこでまた驚きました。

こんな歯医者見た事ないんだが。
Saltbox_0042_8

そしてボビーが何の押さえも無く、ジッと座っている…!

オット君と私は思わず顔を見合わせました。


あのね。こういうとこなんですよ。

私たちが一般的に「効果的」と言われてやっている療育テクニックが、本当に「効果的」なのかって疑ってしまうのは。

…この先生、言葉も発せず、絵カードも説明も無しで、アッサリやってしまった。

ボビーは普段、ガラーンとした場所では落ち着かずに、壁沿いに歩きまわってしまうような子なんですよ。なんかそういうプログラムのルンバみたいになってしまう。

ところがこのやけに広々した診察室の真ん中にある椅子に、リラックスして座っている…。

衝撃映像ですよ!
何やったんだよ先生!笑
Saltbox_0042_6

照明は控えめで、自然光がたくさん入っていました。それから先生も助手もとても静かであまり喋らず、できるだけ音を立てないような動きでした。

ボビーが大人しく先生と出てきた時、オット君が思わず、

「先生、何者ですか!?」

みたいな質問をしました。笑


確か、海外ボランティアで子供たちを診ている時に、スペシャルニーズの歯科に興味を持って、それ以来そこを専門としているという話でした。

なんか凄いわ。

今のところ、3回通っています。
毎回全く問題無し!

まあ、虫歯が無いからかもしれませんけれどね。

あった場合にどうなるのか?
またパプースになるのか?

そこはわかりませんが、とりあえずはこの先生で続ける予定です。

というわけで歯医者シリーズ、ここにて一旦終了です!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


都会にある大病院の小児歯科には気軽に通えそうに無い。(その話はコチラ)小学校の歯科指導に行くような優しい町の歯科医にお世話になっていたけれど、「もうここでは難しいです。」って言われたのが9歳。(この先生の話はコチラ)でもその先生が紹介してくれた最寄りの小児 ... 続きを読む
都会にある大病院の小児歯科には気軽に通えそうに無い。(その話はコチラ
Saltbox_0038_6

小学校の歯科指導に行くような優しい町の歯科医にお世話になっていたけれど、
「もうここでは難しいです。」って言われたのが9歳。
(この先生の話はコチラ
Saltbox_0038_5

でもその先生が紹介してくれた最寄りの小児専門歯科は「これじゃない」感があったから行きたくない。
(その話はコチラ
Saltbox_0042_3

それで10歳の時は1回、
歯科検診を飛ばす事になっちゃったのよね。というのも、夏休みからクリスマスまで、入院生活を繰り返したから、どっちにしろ通えなかった。

歯医者どうしよう…。

そういう気持ちはありましたが、当時ボビーは歯どころじゃない危険な問題がたくさんありましてね。
特に
「異食」があったんですよ。食べ物以外の物を食べちゃうっつーね。それと「自傷」ね。
まあこの辺も後で書きますけど…。

例えば、一瞬の隙に椅子がこんな風になっちゃうんです。
20180515_chair

前歯で削り取ってんの。歯が折れるんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ。仕方が無いからこんな風にタオル巻いてね。
20180515_chair2

歯医者どころじゃ無かった…。それよりも歯が折れた時の処置とかをネットで調べて、いざとなったら救急車とかそういうレベルだった。

だってこんなん親がどんなに頑張っても防ぎようがないじゃないですか。私たちも眠るのも交代で面倒を見る生活でしたけど。


学校も歯科医もセラピストも、まあ私たちの関係者全員ですね。この頃はもう家庭で暮らす困難に気が付いていました。

そうそう…その時はこんな風に絵日記ブログやれる今年は想像できなかったよ。

子育て大変だよね。

普通に育てていても大変。
そして障がいや病気の子を育てている人は無茶苦茶大変だと思う。自分が何やっているのかわからなくなるレベルになる事もあるよね。

明日もこれなんだろうな…いいのこれで…みたいな。

それでいいんだよ!
そうしているうちに変化はあるから。

明日は決して同じじゃない!!

でもこれも過ぎたから言える事であって、当時はもうどうして良いかわかりませんでした。

歯科難民!

そこでボビーの学校に相談に行きました。
Saltbox_0002_1

その頃は寮に入る手続きが始まっていたので、歯科医の事も相談したんです。

すると、この自閉症専門の学校に定期的に歯科検診にやってくる先生を勧められました。会話も困難な生徒ばかりの学校に来る先生です。

さてどんな先生なのか!

衝撃の次回をお楽しみに!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


突然ですが、「パプース」って聞いたことがありますでしょうか?英語ではpapooseと書きます。ネイティブ・アメリカンが子供を運ぶために使うキャリアーの事です。医療では、体を動けないように板にグルグル巻きにするラップの事を「パプース」と言います。ボビーに6歳臼歯の ... 続きを読む
突然ですが、「パプース」って聞いたことがありますでしょうか?

英語ではpapooseと書きます。ネイティブ・アメリカンが子供を運ぶために使うキャリアーの事です。
医療では、体を動けないように板にグルグル巻きにするラップの事を「パプース」と言います。

ボビーに6歳臼歯のシーラントを施すために、小児専門歯科に行って、初めてこの言葉を知りました。

"medical papoose"でググってみてください。
笑います。


そう。
今日は、ボビーがこれにグルグル巻きにされる回です!

前回の普通の町のクリニックの先生が紹介してくれた小児専門歯科は、地元でも有名なところでした。そこそこの規模で、設備も最新でキレイで、とても忙しそうでした。実際の施術の日以前に、麻酔などの説明を受けるために、オット君と一緒に先生には会っていました。

Saltbox_0042_4

この先生も凄い先生で、小児歯科医になる前はなんと理学療法士としてのキャリアも積んでいるらしいんです。
まあ麻酔の仕方にも色々あるのですが、素人の親が聞いても正直どれが適切なのかなんて判断できないじゃないですか?

先生は経口の鎮静剤と、パプースを使いましょうとの事でした。

治療当日は、オット君は勤め仕事だったので、私が連れて行きました。
Saltbox_0042_3
もちろん、ボビーには歯医者に行くんだよっていう事前の説明は、絵や写真を見せたり、スケジュールを見せたり、色々やっていますけれどね。

そういうので理解を見せる子では無いんです…解っているのかどうかが判らないタイプの子なんで…。

薬が効いてくると、グッタリしたようになりました。
見ていて怖かったです。
先生は慣れているんでしょうけれど。

施術が終わると、もう立ち上がる事もできないようなふにゃふにゃ状態でした。力も入らず、意識も朦朧としている感じ。

車椅子を貸してくれたので、それで駐車場まで連れて行き、どうにか家に帰りました。
Saltbox_0042_5

体は健康な子なのに、自閉症だから、ジッとしていられないから、会話で意思疎通ができないから…

普通の子なら、簡単に終わる施術がこんなに大掛かりになってしまう。

彼にとっては訳の分からない所に連れていかれて、怖い思いをして、トラウマになっているかもしれない。
かわいそう過ぎる…。

その日はグッタリしたボビーを見ながら泣きました。

後でこの話を仲の良いママ友に話したら…

うちの子もそれ同じクリニックでやったの!
怖くて、後悔して、泣いた!


って。
その子は当時4歳で定型発達なんだけど、落ち着かないタイプの子でね。虫歯治療でジタバタしそうだからってそうなったらしい…。

普通の子でもそうなんかい!笑
彼女に先に相談すれば良かった!

みんな…良いママ友の情報は大事よ…。

その後、ボビーは特にそういう治療が必要な状態にはなっていないので、今でも実際の治療でどうするべきなのか、実は知りません…。


皆さんのご経験を聞きたいところです!

しかし今年は、なんと「カリスマ歯科医」に出会いました。次はその話です。

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


前回の続きです。ボビーは幸い、11歳の今まで虫歯がゼロです。まだまだ自分で歯を磨ける子ではありません。具体的にどうしているのかは、また後に別記事にしますが、まずは歯科をどうしてきたのかという話を続けます。地元で一番評判の良い歯医者さんは、私よりも若い先生で ... 続きを読む
前回の続きです。

ボビーは幸い、11歳の今まで虫歯がゼロです。

まだまだ自分で歯を磨ける子ではありません。具体的にどうしているのかは、また後に別記事にしますが、まずは歯科をどうしてきたのかという話を続けます。

地元で一番評判の良い歯医者さんは、私よりも若い先生でした。
元々は、彼女のおじさんが長年やってきたクリニックを受け継いだそう。面白い先生なんですよ。

歯科が大好きで、歯科オタク。
そんで子供が大好き。


なんと地元の小学校の歯科指導に回る先生だったのです。
ハロウィンもこう。
Saltbox_0042_2
子供ガッカリ、糸ようじ!

先生は、アマゾンが大好きですぐポチっちゃうらしく、
Saltbox_0042_1
1日2回くらいポチってしまうそう。
治療中の会話がウケる。

こんな楽しい先生なので、子供たちの扱いも上手くてね。マイキーはもちろん、ボビーも診てもらえる事になりました。

5歳から9歳までの間、色んな工夫をしてどうにか年に2回の定期健診をやってくれました。

しかし「もしボビーに虫歯があったら、ここでは治療は無理。」とは言われていました。もう絵カード見せるとかそんなレベルで済む子じゃないから…。

まあ簡単に言うと、小さい頃は先生のたくましい太ももに頭挟まれて診てもらってた。笑

Saltbox_0038_5
10歳になったらさすがに無理になった。

でも先生はどうにか虫歯予防を徹底しましょうと頑張ってくださいました。

dentist1

ウォーターピック、処方箋レベルのフッ素が入った歯磨きジェル、頬側の歯に噛ませて口を開けさせとくやつを勧めてくれました。

しかしマイキーはウォーターピックが好きですが、ボビーには難しかったです。感覚過敏のある子ですし、偏食が酷いのも「食感」に敏感だからです。

噛ませるゴムのやつもうまく行きませんでした。先生は使っていらっしゃいましたけれどね。親はプロのようにはできません。

結局一番役に立ったのは、フッ素高配合歯磨きジェルでした。味もフルーツ味でマイルドなので、そんなに嫌がらず、
Saltbox_0038_4
こんな感じで全体的に塗りまくる感じで仕上げ磨きしました。(なかなか口を開けてくれない!)
うがいができない子なので、ごく少量です。

聞いたことがあると思いますが、アメリカの都市の水道水にはフッ素が含まれています。正確にはフッ化塩とかフッ化ナトリウムとか、sodium fluorideというやつです。

そのおかげかわかりませんが、私は日本では虫歯が酷かったのに、アメリカに来てからほとんどできなくなりました。

フッ素に関する議論はここではしません。

日本でもほとんどの普通の歯磨き粉にはフッ素が含まれていると思います。

私は歯科オタクの先生に任せることにしています。先生は歯科だけでなく科学全体が好きな人なんですよ。大学をトップクラスで卒業して、バイオロジーの博士号もあり、元々研究施設で働いていて、歯科医としても高度なトレーニングを受けている方なんです。しかも高校で化学教えたりもしています。いわゆる天才。

なのでさりげない質問にも「こういう研究があってね!」ってすぐ答えらえる人。面白いでしょう?
だからフッ素に関しては、ものすごい知識あると思います。

その先生が勧めるわけですからね。そしてご自身もお子さんいらっしゃいます。私は彼女に任せる方針です。

ボビーの健診の時には、医療用のフッ素塗ってくれていました。

ただ、6歳臼歯のシーラントの時は、他の小児専門の歯科医に連れて行くように言われました。歯の溝を樹脂で埋めて虫歯になりにくくするやつです。マイキーもやっています。

オット君も子供の頃になんかコートしてもらっているので、46歳で虫歯ゼロです。アメリカ人の徹底ぶりがうらやましい…。

こういうのをやるかどうかは、個人の判断になると思いますが、先生とよく相談してみる価値はあります。

歯磨きが難しいお子さんがいらっしゃる方は特に!

と言うのも…小児専門歯科でのシーラントはとても大変でした。これがもし虫歯治療だったら…

やっぱり予防が一番です!

次回はシーラントした時の話をします!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


さて!リクエストに応えて、ボビーの歯医者の話をシリーズでやります!実はですね。このリクエストはすっごく良いタイミングでした。というのも、夏休み前に「療育(東京編)」のグリーンカードを取ったとこまでやったじゃないですか?(ココ)ここから米国生活になっていく ... 続きを読む
さて!リクエストに応えて、ボビーの歯医者の話をシリーズでやります!

実はですね。このリクエストはすっごく良いタイミングでした。というのも、夏休み前に
療育(東京編)」のグリーンカードを取ったとこまでやったじゃないですか?(ココ

ここから米国生活になっていくわけです。引っ越し、各種手続き、家選び、古家を自分で直した話など、遡ると面白い事だらけなんですけれど、どっから話そうか悩んでいたとこだったんです。

歯医者さんの話は、ボビーの療育を全体的に説明するのにピッタリ!

皆さんのコメントは批判も含めて有難いです。
お陰でネタ切れしません!


渡米半年後、ようやく新しい学校に入るための健康診断書を用意するために、地元の小児クリニックに行ったところから話を進めます。
ボビー4歳、マイキー2歳。

まだその時は、引っ越したばかりの地域の歯科医が決まっていませんでした。検診に行った小児クリニックの先生に相談すると、
Saltbox_0038_8
との事。やっぱり難しい子なんで、普通の歯科では無理だろうと。先生が紹介状を書いてくれたんで、都会にある小児病院の歯科に行く事になりました。

ところがね。
感覚過敏のある子と小児病院に行けば、こうなりますよね。
Saltbox_0038_6
長い時間待たされてさ。
診察も流れ作業的。

これだけじゃないんですよ。
Saltbox_0038_7

まずマイキーをデイケアに置きに行く(金かかる)
往復車で1時間。

そしてボビーを学校にお迎えに行き、そのまま病院まで1時間。都会だから渋滞もあるし、立体駐車場に入れないといけない(金かかる、時間かかる)

何時間も掛かってボビー追っかけまわして、ようやく歯科検診。帰りは夕方だからますます渋滞。

ギリギリでデイケアにお迎え。病院からは1時間30分。2人共、お腹空いて騒ぐのをなだめながらまた30分運転で、ようやく家に到着。

なんてことないはずの年に2回の歯科検診が面倒すぎる。

そりゃもう簡単な食事しか作れないって。笑

つうか共働きって基本この生活だよね。病院の部分が仕事に置き換わるってだけで。

これね。日本のお医者様やソーシャルワーカーにも知って欲しいんですけれど、みんな簡単に言うんですよ。

「小児病院に連れて行ってください。」

わかります。こういう重度の子を診られるとこって限られていますからね。とりあえず小児病院ってなるのはわかります。

でもこの言葉を聞くたびに、親としては、

「はい!閉店ガラガラ、仕事できない。その上お金は飛んでヘトヘトだよ~!ハハハ~!」

みたいなのが、頭に浮かぶ。

まだ気候が楽なとこならいいですよ。
ここは冬は北海道みたいな気候ですからね。吹雪の中をあちこち運転なんてこともよくあります。半日どころじゃない、1日潰れるんです。

結局2回くらい行った後、地元で評判の良い歯科クリニックに行く事になりました。

私が家族の為に選んだ歯科だったんですけれど、とっても良い先生で、私の歯の検診の時にボビーの事を話したら、「連れて来なよ!」って診てくれることになったんです。


言いたい事はですね…。


探せばあるんです。

こうやってコネを作って行けば、少しずつ理解がある人ネットワークはできてくるんです。ただ、地元に長く住んでいる人でないと、最初は難しいですよね。

私はね。社会が公式に提供する福祉だけでは、カバーできない部分ってたくさんあると思うんですよ。
だからこそ、こういう非公式な優しさと理解が、大きな力になるんです。余計なお世話でもいいんですよ。

皆様!
遠慮せずに情報提供ください!


もしかしたら、かえって医者や先生、ソーシャルワーカーの方が「非公式」情報は与えにくい部分もあるんじゃないかと思うんです。

だからこそ、普通のお隣さんのあなたの情報とコネが活きてくるんです。

さ~て次回は~。

その地元の歯医者さんの話で~す!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


昨日はアメリカの長い夏休み(10週間)を乗り切る大変さを書きましたが(ココ)、これでも今年はだいぶ楽になったんですよ。去年はボビーが暴れて、数日毎に警察と救急車が来る生活でしたからね。自分も傷と痣だらけになって。そんでね。とんでもなく遠いところ(他州)にあ ... 続きを読む
昨日はアメリカの長い夏休み(10週間)を乗り切る大変さを書きましたが(ココ)、これでも今年はだいぶ楽になったんですよ。

去年はボビーが暴れて、数日毎に警察と救急車が来る生活でしたからね。自分も傷と痣だらけになって。

そんでね。とんでもなく遠いところ(他州)にある森の中の隔離施設みたいのに入れられちゃってさ。
そこまで何度も何度も高速ぶっとばして往復してたの。

どうにかボビーの権利が守られるように…。

人生で最も過酷な夏休みだった。

都会の裏道を渋滞を避けてぶっ飛ばす救急車の中で泣いた。泣きながら吐きそうだった。
何とも言えない経験だったよ。

今考えると、ボビーは脳と身体が意思と一致しないもどかしさと、「夏休み」といういつもと違う生活の不安で爆発しちゃったんだろうね。これ、本当に重度自閉症児あるあるなの。このくらいの年齢で。たぶん小さい頃から同じようなとこはあるんだけど、10歳前後は体だけは大きくなるからね。家庭の限界が来るんだよね。

これはもっと後で、もっと整理がついてから話すね。

というわけで、今年はそれからしたら天国よ!
日本にも行けた!そしてお金無くなった!

さて。どうしよう。笑

ありがたい事に我が家は東海岸なので、ビーチが近くにあります。都会近郊だけど、ここは北の海だからねえ。水が冷たくてきれい。

昔行った北海道のビーチを思い出す。
ハマナス咲いててね。

nantasket1

そんで農場の濃厚アイスクリームを食べる、と。

最高。

ボストンは市内はNYCっぽい雰囲気さえあるのに、ほんのちょっと出れば北海道よ。

そんでね。
我が家が住んでいるエリアは、今でもチャーリー・ブラウンとスヌーピーとその仲間達、みたいなのが歩いている、古き良きアメリカが残る郊外なんですよ。

いわゆるスプロウルでは無くて、車無しでも大丈夫。
もはやこういう場所は、アメリカではレアなんだけどね。私は結構こういう環境にこだわって住むとこ選んだんです。家は小さめだけどね。

警察官、消防士、教師、看護師、ソーシャルワーカー…そんなタイプが住民に多くて、郵便屋さんが今でも歩きで配達している。安心だよね。


それでもアメリカの場合は、子供を外で放ったらかしにするのはネグレクトになってしまいます。
MA州は特に年齢に関する法律は無いらしいのですが、常識的に9歳10歳くらいになったら、2ブロック先の子のうちに自分で遊びに行くくらいは大丈夫って感じですかね。基本的には13,4歳までは、親の目が常にないといけません。


というわけで、
Saltbox_0041_2
みたいなこともあるし、親同士で連絡とり合って、近所の子まとめて公園に連れてくよ~とかで、連帯して乗り切っています。こういうのも小さい頃より、だいぶ楽になりましたよ。

しかーし。こうやってたっぷり遊ばせているつもりなのに、まだエネルギーあるのが小学生!

テニスやら、キャッチボールやら、フリスビーやら、やらされてます。
Saltbox_0041_1

マイキーは、テニス習ってるから容赦無い!

まあ私はまだ負けないけどね!(打撃系は得意)

そんなマイキーも4,5歳の頃はこんなだったんだよ。
mario_1
マリオ大好き!
当時は「どうして僕の名前を「マリオ」にしてくれなかったの?」って言ってた。笑

この公園の入り口にある標識がまた良い。
diversity

Diversity is our strength.
いい町でしょう?

そして夕方、家に帰ってご飯食べてもまだ容赦ない。
pingpong2
ダイニングピンポンをやらされる。

よっしゃ~!
あと少しで夏休みが終わる~!!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


ぼちぼち、ブログ界では夏休みの宿題ネタが増えてきてますな…。みんな聞いてくれ…まあアメリカも地域によって違うが、私が住んでいる北東部は6月半ばから8月の終わりまでが夏休み…2ヵ月半だよ…。しかもマイキーには宿題が無い!一日中、色んなことに付き合う!例:キャ ... 続きを読む
ぼちぼち、ブログ界では夏休みの宿題ネタが増えてきてますな…。

みんな聞いてくれ…まあアメリカも地域によって違うが、私が住んでいる北東部は6月半ばから8月の終わりまでが夏休み…2ヵ月半だよ…。


しかもマイキーには宿題が無い!
Saltbox_0037_7
一日中、色んなことに付き合う!
例:キャッチボールの罠

そしてみんな知っている通り…アメリカは共働き世帯がほとんどです。

幼児期はデイケアに月1000ドル、2000ドルかかり、小学校に入ればアフタースクールプログラム。学童みたいなやつに入れる人が多いです。
これもタダじゃないからね。

自治体によって違いますが、そこそこかかるんです。
うちのタウンなんて、週5日だと月3万円くらい。
時間内に迎えに来ないと
分1ドルのペナルティ!(恐怖!)

これから見たら、日本は楽じゃないか?

我が家もそうですが、夫婦や親戚で、どうにか時間調整して助け合ってやっているのが現実ですよ。当然フルタイムで働けないケース、専業主婦を選ぶ家庭も結構います。

それなのに…夏休みの2ヶ月半は、アフタースクールプログラムさえありません!

つまり…

アメリカの夏休みというのは、ほぼホームスクーリング状態なのだ!

しかもこっちは子供の頃は勉強のペースがかなりゆっくりです。私は日本に帰る気は無いし、アジアは詰め込み教育過ぎると思う派だけれどもね。

…あまりにも間が空きすぎるのもどうかと思う。

自宅外で仕事をしている家庭の場合は、仕方が無いので「キャンプ」に入れることが多いです。「キャンプ」と言っても、野外でテントに泊まるやつではありません。親が自宅から送り迎えする「1日学童」みたいなやつです。


大学生のバイトみたいなやつでさえ、週に300ドルくらいかかるのが相場かなあ。10週間入れてみ?

1人3000ドルだよ?

夏休み、家族を喜ばすためにあちこち連れて行く上にこれだよ?

我が家はそんな余裕はありません。
しかも夏休み前半は2年に1度の日本旅行
これだけで貧困!笑

なので今年はキャンプは無し。

そして導入したのがこれです!
EBin-nTX4AcP7rJ
マイクラ問題集!

見て!
minecraftbook1

マイクラで視覚化!
minecraftbook3

文章題もマイクラネタ!

minecraftbook2

筆記体の練習も!
IMG_20190822_202247948

これは効果ありましたぜ。
なんと自らやった!

マイキーは9月から4年生なんだけれど、復習と予習になりました。ユーチューブの算数、数学も見ながらやりました。

そんでね。

これ日本のアマゾンでも手に入るの?って思って調べたら、あったよ!


しかもですね。

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」

のところに、めちゃくちゃたくさん種類あります!

この「Sky Pony Press」って出版社が良さげだよね。

日本語で普通に勉強するにしても、「マイクラ設定」で勉強するのはいいかもしれませんよ!

ひろし君やオレンジを、ぜひクリーパーやピックアックスに置き換えてみてください!

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


前回、衝撃の筋トレネタデビューをしましたが、今回も衝撃的な事を書きます。料理こそが一番減らすべき家事!私は料理しないから家事が大変だと全く思わないんです。だって他の家事はこうでしょ?家事が大変大変言う人はなんなのか?手の込んだ料理で「一生懸命家事と子育て ... 続きを読む
前回、衝撃の筋トレネタデビューをしましたが、今回も衝撃的な事を書きます。

料理こそが一番減らすべき家事!

私は料理しないから家事が大変だと全く思わないんです。
Saltbox_0040_4
だって他の家事はこうでしょ?

家事が大変大変言う人はなんなのか?
手の込んだ料理で「一生懸命家事と子育てやってますアピール」する奴はなんなのか?

めちゃくちゃ効率悪いことやっているとしか思えない。

私の視点からしますとですね。料理って無駄が多いんですよ。まずですね。筋トレを始めるとわかると思いますが、次第に食生活がシンプルになっていきます。私の食事は、ほぼなかやまきんに君と同じです。
ユーチューブ見てみ、参考になるよ!

Saltbox_0040_2
和食?
Saltbox_0040_6
ご飯はほとんど食べない。炊かない。
炭水化物も摂るけどね。ガッツリは食べないよ。

揚げ物もしないし、調味料もほとんど最低限しか使わない。

栄養的には全く問題無い。

お前、女だろ!
夫や子供に美味しいもん作れよ!


この手の男に出会ったら全力で逃げてください。

クズです。

オット君と私は自営業共働きで、共シュフです。これをなんと呼べばいいのか?

共兼業シュフ(フルタイム)

私の夫が筋トレ好きならば、2人で同じ食事を作ればいいですが、オット君は食べたいものが違います。
基本こんな。
Saltbox_0040_3
なので、

当然オット君が自分で作ります。

これも、せいぜい肉をマリネするくらいで、なんの準備もなくできるものです。アメリカ食は、フライドポテトやフライドチキン、プロセスチーズどっさりのピザを避ければ、とてもシンプルで栄養バランスも悪くありません。

では子供たちは?両方の組み合わせ。だいたいメインがオット君ので、私のが副菜みたくなります。

それから、アメリカの弁当ってこんなです。
Saltbox_0040_1
桃も皮ごとで結構おいしいよ。

だから思うの。

日本の弁当自慢はなんなのか?

最近はアメリカの学校のカフェテリアも悪くありません。マイキーの小学校は、ちゃんと栄養士がついて地産地消でメニュー組んでいるようです。

私の食事を見て、
美味しい物食べたくないの?
って思うかもしれません。

慣れると逆にシンプルが好きになります。
それこそ、日本の果物や野菜は甘味がありすぎ!酸っぱみや苦味が足りん!くらいに思うようになります。

味覚ってそういうもんよ。慣れ!

でも実は普段がこんなシンプルな食事なので、家族でレストランで食べるのが本当に楽しみになります!

楽しさ倍増!

子供たちは、味付けが「塩小々」の日々に慣れているのでレストランでも薄味好みです。健康的で贅沢を言わない子に育っています。いい事では?

Saltbox_0040_5

そして酷い事を言いますが、美味しいと思って作っている自慢の家庭料理は、他人にとっては大して美味しくないと思っていた方がいいです。その味に慣れているだけ。

専門店がやっぱ旨いよ。

アメリカは特に移民がやっている店が多いので、家庭では絶対に作れないようなものを味わう機会が多いです。

結論:
家庭料理を一生懸命やるのは無駄です。


そもそも、せいぜい数十分の食事の為に「買い物」「下ごしらえ」「調理」「配膳」「食器洗い」「後片付け」「ゴミ捨て」というレストランのような作業があるのですよ。材料が多ければ、廃棄も増えますし、食費もかさみます。

そして本来ならば、家族一人一人、好みも違えば必要な栄養バランスも違います。食べるべきタイミングも違います。それなのに無理やり合わせるわけです。

おかしいでしょ。

そもそもですね。
食事は1日3食でなくて全然いいわけです。
これもその人によって調整することです。
子供にはスナックが必要だったりしますよね。

それに合わせられるように、簡素なものを用意すれば良いんです。それこそが現代の家庭料理!

みんなで夕食にたっぷり手の込んだ料理を食べるって、

貴族かなんかですか?
みんなお金持ちなの?

普通だと思っている慣習の多くは、案外歴史も短く、根拠もない事だったりするものです。
そもそもグルメはエコじゃないわな。


日本食は健康にいい?
いや、現実には揚げ物と炭水化物ばっかじゃないですか?出汁だってほとんどインスタント。レシピはなんちゃって。塩分多すぎ、みりん風という砂糖だらけ。化学調味料だらけ。料理に手を加えるほど、必要な栄養価が失われ、余分なものが増えるケースがほとんどです。

そして日本はパンだらけ!

この前帰省して、正直いつもの筋肉食が恋しかったです。肉離れしたのもタンパク質不足と関係あるかもしれません。

和食が健康的ってのは昔の粗食の話ですよね。
そういう意味では、我が家は粗食なのでそれに近いのです。

よく「食事手抜き~、お惣菜買ってきた~、冷凍食品~」ってのを見ますが、私の視点では、


なぜ味付きのものを食べないといけないと思っているのだ?

となります。私は最初から手抜きなので、お惣菜や冷凍食品をほとんど買いません。健康的なだけでなく経済的でもあります。

そこで思いました。

いっそ、ご飯を毎日炊くのをやめてみたらどうでしょう?

その習慣のために味付きの食事に縛られるのでは?
いまだに女性が「飯炊き」になってしまうのでは?
ご飯は炊いたのを冷凍したのでもいいじゃないですか?食べたいときに食べる1品扱いでいいじゃないですか?

無茶苦茶は言っていません。

日本を救うつもりで言っています!
Saltbox_0040_7

料理の自由化が女性の自由化になります。

私なんか料理頑張らない分のエネルギーが仕事になるわけさ。
あとブログと筋トレ。笑

普段の粗食でお金をかけず、稼いだ分でたまに家族をレストランに連れてってやる。

文句無しでは?

手の込んだ料理を妻や彼女が毎日用意するのが普通と思っている男がいたら、

毎日これを出せばいい。
Saltbox_0040_2
文句を言われたら、なかやまきんに君動画を見せてやって。

え?
私が料理できない人なんじゃないかって?
まあシェフからしたら、素人クソまず料理だろうな。
それでもまあ平均的じゃないかね。父子家庭、独り暮らし、結婚20年…まあやってきた中でこうなったわけで。

そんでね。最後にもう1つ。

料理自慢しない人には、家族も友人も、誰も料理を期待しなくなります!

料理はプロに任せろ。

人生、すごい楽!!

追加:Huffpostより。
家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由
(ツイッターで教えてもらった記事です。素晴らしいのでぜひ!)

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


さて前回の続きです。作曲したいマイキーのために見つけた音楽教室の見学&面接に行きました。そこがとてもユニークでした。小さなレッスン部屋が6部屋ある、こじんまりとしたとこでしたが、お話を伺うとなんと400人以上のミュージシャンが講師として登録しているというので ... 続きを読む
さて前回の続きです。

作曲したいマイキーのために見つけた音楽教室の見学&面接に行きました。そこがとてもユニークでした。

小さなレッスン部屋が6部屋ある、こじんまりとしたとこでしたが、お話を伺うとなんと400人以上のミュージシャンが講師として登録しているというのです!

マイナーな楽器も色んなジャンル、スタイルもカバーしているらしいです。凄いでしょう?
どういうことかというと、例えば「ギターでカントリーの弾き語りがしたい」と言えば、ギターとカントリーボーカルトレーニングの両方できる人とマッチングしてもらえたりするんです。

でもまあマイキーの場合は、まずピアノの基礎から入るのが良いだろうとなりました。運営者2名とピアノの担当の方とお話をしました。

「質問がありますか?」と聞かれたので、

「どうしても間違いを繰り返したり、下手で進まないこともあると思うんです。そんな時はどうされるのですか?」と聞きました。


皆さん、子育てで経験ありません?
親としても、どう対応しようか悩むところです。なのでレッスン中にそういう事があったら、どうやって対応するんだろう?って知りたくなったんです。

そうしたら、意外な答えが返って来ました。

Saltbox_0037_1

はあ。

お母さん、音楽には実は「間違い」も「下手」も無いのですよ。
全てが音楽なのです。

なので私たちはそういった表現はしません。
音楽を楽しんで頂きたいのです。
1つ1つ指導していきますのでご心配なく。

え?
Saltbox_0037_3
なにこの差!

一緒に来ていたオット君が言いました。

僕もここで習いたい!

私も!


マイキーに夏休み前まで教えてくれた先生は指導がとっても上手でした。いかにも音大出身でクラシックやってます!って感じの先生ね。さすが凄いなあと思っていたら…

Saltbox_0037_5
ということで、旅立ちました。
やっぱ凄い人でした。


この夏から担当している先生はベーシストです。
何でも弾ける人みたいです。
レッスンは週1回ですが、徐々に課題も難しくなってきました。マイキーが、同じとこでつまづいていても、ネガティブな表現は絶対にしません。「いいね。じゃあここをこうやって練習してみよう。」みたいな言い方をします。

それでもマイキーがイライラした時もあります。でも、
Saltbox_0037_6
と、決して上から目線で無い指導をしてくれています。

おかげでマイキーは音楽を楽しんでいるようです。

我が家の場合は、マイキーにクラシックを上手に弾かせたい、とかそういうのではありません。

マイキーが作曲できるようになりたいと言うから、人生の楽しみが増えるようにサポートしているだけです。

だからここの音楽教室の方針がとても気に入りました。
アメリカは音楽にも自由さが表現されている国ですよね。ここでどうしてだか、本当にわかりました。

だって音楽に間違いは無いから!

Saltbox_0037_7

しかーし!


家ではこんなです。

Saltbox_0037_8

まあ気長にやりますわ。

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


今年の冬の終わり頃でした。突然マイキーが言いました。この子は定型発達児ですが、私に似ているところが多く謎の行動をしがちです。悪く言えば移り気で落ち着きが無い。良く言えば、行動力があって前向き!どうしてこんなことを言い出したのかはわかっているんです。私はユ ... 続きを読む
今年の冬の終わり頃でした。
突然マイキーが言いました。
Saltbox_0037_4
この子は定型発達児ですが、私に似ているところが多く謎の行動をしがちです。悪く言えば移り気で落ち着きが無い。良く言えば、

行動力があって前向き!

どうしてこんなことを言い出したのかはわかっているんです。私はユーチューバーでしょ?
ユーチューバーは、音源もできるだけ自分でオリジナルで用意するんです。

私は音楽の教養が全くありませんが、家にはギターもベースもキーボードも電子ドラムもあります。そして音楽アプリも使います。簡単な音楽を作ったり、時には効果音まで作ったりします。





こんな感じで。笑
そんで音楽アプリのチュートリアルやキーボードのセットの仕方なんかの動画を、マイキーと一緒に見たりしてたのね。

そうしたらプロのシンセサイザーの氏家克典さんの動画とか、セイキンが作曲するのとかも出てきて、マイキーの目がキラッキラに!

で、どうするかなと悩みました。
というのも、私は実はマイキーの年齢の頃にちょっとだけピアノ教室に通った事があるんです。東京で。

いい思い出じゃ無いんです。

まあ思いっきり昭和の世界なんですけれど、私は2部屋しかない公営団地住まいで、貧しいとまでは言わないけれど、スペースにも家計にも余裕がある家庭では無く、もちろん近所迷惑になるようなものは置けず、家の中で遊ぶ時も音を立てると父親に怒鳴られるような生活でした。

あの頃って「ピアノは情操教育にいいのよ、オホホ。」みたいにやりたい母ちゃんが多かったのと、まだ「女の子はこういう教育しなきゃ。」みたいなのが強かったのがあって、小学校の女の子がかなりピアノを習っていました。みんなヒラヒラしたドレスを着て発表会を自慢していました。

私は昔から泥んこ遊びとスポーツの方が好きな子だったのでそういうのには興味が無かったのですが、当時、静かに過ごさないと親に怒られる生活の中、ラジオに片耳イヤホンつけて聴くのが好きでした。邦楽も洋楽もクラシックも聴きました。そしてある日、恐る恐る母に言いました。

「ピアノ習いたい。」

親は会議をしたようですが、オッケーを出してくれました。他に何にも習った事が無い私の初めての習い事でした。10歳だったかな。

あの頃ってなんだっけ?
バイエルとかいうあらびきソーセージみたいなのをやるのが主流でした。クラシックを聴くのは好きでしたが、私の頭の中はポップミュージックが流れていました。だからなんか「あれ?思ったのとちょっと違う」ってのはありましたが、とりあえず基礎レッスンを頑張りました。

「宿題」が出るのですが、うちにはピアノがありません。なので自分でカレンダーを切って貼り合わせたピアノを作りました。
Saltbox_0037_2
これなら音も出ないし場所もとりません。天才!
音は自分でタララーと言っていました。笑

でもね。先生も他の女の子もバカにするんです。
Saltbox_0037_3
特に小さい頃からピアノを習っている医者の娘がムカつく奴でした。

ある日「発表会」がありました。
私はコンサートで弾くなんてのはできないレベルだったので、ピアノ教室内のやつです。

私にはドレスもありません。弾くのもメリーさんの羊レベルです。すでにムカつく女子がクスクス笑っていました。

私は隠してあったものを取り出しました。

ピーーーーーーーーーー!

全力でリコーダーを吹いた!

そして、チャルメラとかアニソンとか野球の応援歌みたいのを吹き、ケタケタ笑いながら逃げ回った!爆

先生が真っ赤になって怒った!

そして二度とピアノ教室には戻らなかったとさ。

ちびまる子ちゃんのエピソードかと。

でもさあ。今はどうだか知らんけど、なんで日本ってこうなの?子供心にもおかしいと思ってたよ。

すぐ初心者の芽を摘むの。
人の身体的特徴や生い立ちを笑うの。
誰もが同じ条件で無いのは普通で無いの?
最初はできなくて当然じゃないの?

今でも「お受験」だの「就活」だの。
要するに、ご幼少の頃から全部お膳立てしてもらった奴、型通りの奴が有利な世の中。

まあ私はここから這い上がって東大の大学院入ってるけどね。そこでもバカにされたよ。ピアノ教室と同じ事を。そして私みたいな人は海外に出ていく。

そんな奴らに合わせる必要ねーからな!

とまあ、こんな感じの思い出があるので正直不安でした。

ネットで調べて、とりあえず子供も大人も通える評判の良いところにアポを取りました。

そこは全く予想外の音楽教室でした!

続く

ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


アメリカ生活、最初の数年の冒険の後、帰って来たのはオット君の実家、ボストン郊外でした。オット君の実家は森の中にあります。本当に森なんです。樹海。敷地は東京ドームと同じくらいの広さ。でも特にお金持ちってわけでもありません。ごく普通の家庭です。ハワイやサンフ ... 続きを読む
アメリカ生活、最初の数年の冒険の後、帰って来たのはオット君の実家、ボストン郊外でした。オット君の実家は森の中にあります。

本当に森なんです。樹海。
敷地は東京ドームと同じくらいの広さ。

でも特にお金持ちってわけでもありません。ごく普通の家庭です。ハワイやサンフランシスコと違って、都市部から1時間も離れればこんな世界です。

お隣が見えなくて夜中は真っ暗闇の森。気候は北海道みたいなもんですから、冬はこれにさらに吹雪とかそういう世界。

これはこれで「よくこんなとこに住む気になるよな…。」ってとこなんですけれど、人間不思議なもので、あんな経験の後に戻ってきたら、なぜかホッとしました。オット君の両親は本当にいい方で、こんなどうしようもない私たちを温かく迎えてくれました。

私は以前働いていた会社に空いているポジションが無いか聞いてみました。その会社自体は大きなプロジェクトが終わったばかりで、人を雇っていなかったのですが、その関係でいい会社を教えてもらえました。

私の仕事が決まるとすぐにまた都会にアパートを借りました。小さな1LKでしたが、利便性も治安も良いところに借りれました。

私の就職先は、イタリアに親会社がある土木施工会社でした。半分はイタリア人、それからアルゼンチン人、エンジニアも世界のあちこちからです。もちろんアメリカ人もです。
Saltbox_0026_7
特殊技術を使う会社で、世界のあちこちに飛んだ経験がある人ばかりでしたので、私みたいなのに疑問を持ちません。笑
しかも英語圏でないエンジニアばっかりだったので、そういう心配も無し。女性エンジニアは私だけでしたけれどね。あんまり現場には出ないデスクワーク中心でした。

この会社で不快な思いをしたことは無かった!

オット君もやっと安定した仕事に就き、ようやく2人で幸せに暮らしていました。そんで気が付くと5年が経っていました。

結婚して7年、そろそろ子供が欲しいね。
でもこんな狭いアパートで共働きじゃ無理か~。

アメリカの都市部の保育所はフルタイムだと月15万円が普通とかすごい額なんですよ…。
このままじゃ困るよな~と思い、例えばパートにしてもらって、後はお義母さんにも協力してもらうとかしかないか~と考えました。

上司に恐る恐るパートで働ける可能性を聞いてみました。すると、
Saltbox_0026_8
そんで都市部は住宅費用もすごいでしょ?
そこにあのハウジングバブルが重なりました。

Saltbox_0017_1
もうこのまま、子供がいない生活でもいいか。それもまたヨシ!

そんなある日、オット君が言いました。
Saltbox_0026_6

ここまで時間をかけて築いてきたものは何だったのか?

愕然としました。

だから私は今の若い人たちの悩みはわかるんですよ…。

それからしばらく、心の葛藤がありました。
性的嫌がらせを受けてきた日本に戻るのか…と。

そして切り替えました。

私は日本で母親になる!


ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 


1年ちょっとのハワイ生活の後、オット君の友人のツテでサンフランシスコに行きました。正確には…オークランドのめっちゃ治安悪いとこです!笑死ぬかと思った!冗談で無く!なぜハワイからここに来てしまったのか…。だってさ。夜に路駐されてた車が、朝には解体されている ... 続きを読む
1年ちょっとのハワイ生活の後、オット君の友人のツテでサンフランシスコに行きました。

正確には…オークランドのめっちゃ治安悪いとこです!笑

死ぬかと思った!
冗談で無く!

なぜハワイからここに来てしまったのか…。

だってさ。夜に路駐されてた車が、朝には解体されているのを見たり、うっかり進入中の泥棒を見ちゃって、見て見ぬふりをして立ち去ろうとしたら、「エクスキューズミー、メアム。」って言われて…

角を曲がった瞬間に猛ダッシュ!
撃たれると思った!

怪しげな注射器があちこちに落ちてたり…。
あ。17年前の話だからね。今はどうだか知らんけど。
ホームレスも多いしね。

そんな毎日…。


それでも都会だから家賃高いじゃん?
部屋が空いてるからって提供してくれたのは、友達のお姉さんだった。

ビジネスで成功したいと言って、ネットワークとか頑張ってる感じの人。とってもオシャレでこだわりが強い。
オーガニックとかそういうのが好き。

だから私らが食べているものにケチつけてくる。笑
Saltbox_0026_5
金欠だから、私たちに部屋貸して足しにしたいってのがあったわけ。

そんでこのキャラなのに、彼氏がこれ。
Saltbox_0026_4
行動が謎すぎる男。
人の買い物かごの中身をジロジロ見ているから、何やってんの?って聞いたら、

これでその人がどんなだかわかるだろ?
自分に合いそうだったらナンパする。

って言ってた。笑
この人は性格はいい人なんだけどね。
わけわからんわ。

一応、就職活動はしてみたんだけれどね…この頃かな、ITバブルの崩壊と9/11後の影響は大きくなっていたんです。

ルームメイトはこれでしたが、オット君の他の友人で、コンサル系の仕事をしている人にも会いました。そこで最近の街の様子をよく聞けました。

独特の街ですよね。サンフランシスコは。

良い方の友人は、頭が良いうえに奥さんがここで生まれ育っているので、色々とコネがあるようでしたが、私たちが1からやるには、相当な競争力が必要なエリアだとわかりました。食べ物にケチつけるルームメイトが、どうしてああいう感じなのかというのが、ここで理解できました。

それでまた悩みました。どうしようかと。

自分たちの街では無い。
2カ月後、そう結論を出しました。

向かったのは…オット君の実家でした。
つまりボストン郊外。

戻って来ちゃった!笑

私たちがサンフランシスコを去った後、食べ物にケチつけるルームメイトは、家賃を払えずに強制退去になったと聞きました。


ランキング参加してます!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ