Saltbox|エクストリーム自閉症育児絵日記

米国東海岸の郊外の一家。 難易度高めの自閉症児ボビー、オモシロ定型児マイキー、マイペースなオット君、保護猫シェルどん、そして私、Cheeは自由過ぎてエクストリーム!

カテゴリ:マイキー >

今回が犬欲しいシリーズのとりあえずの最終回です。昨日の夕方も、またドッグパークに行きました。 タイミングが良かったようで、多くの犬に会えました。なんとサモエドにも!オーナーさんは、ものすごいメンテが大変な犬とおっしゃっておりました。wミニチュアダックス、ヨ ... 続きを読む
今回が犬欲しいシリーズのとりあえずの最終回です。

昨日の夕方も、またドッグパークに行きました。

タイミングが良かったようで、多くの犬に会えました。

なんとサモエドにも!
Saltbox_00180
オーナーさんは、ものすごいメンテが大変な犬とおっしゃっておりました。w

ミニチュアダックス、ヨーキー、チワワ、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー、ラブラドゥードゥル、ピットブル、秋田ミックス、ハスキー、各種雑種。

いや~楽しい楽しい。

オット君もそれなりに楽しめたようですが、帰って話をしても、ずっとこんな感じでした。
Saltbox_00183
オット君やお義母さんのような犬嫌いのこともちゃんと調べました。
英語でも日本語でも。

彼らの立場も解ってあげたいんでね。

調べた結果、私の個人的な意見。

1.ガチの犬嫌い、つまり、生活に支障をきたすレベルの方もいる。こういう方の「犬嫌い」は本当に考慮してあげないと可哀想。

ただ、オット君もお義母さんもこれでは無いと思う。


2.おそらくオット君とお義母さんは、
親が犬は怖いと吹き込んでしまったり、飛び掛かられたり噛まれたりを子供の頃から怖がり、犬を敬遠している系の「犬嫌い」。まだマイルドな方。

3.本人に聞くと、犬がじゃれるのが嫌、怖い、汚いと、臭いという方がカワイイよりも先に来てしまうらしい。気持ちはわからんでもない。

私もヨダレデロデロは苦手だ。


ただね。反応が違うんだわ。

私みたいな、最初から多少の不快感やリスクが普通で生きている人は、犬の粗っぽさや汚さくらいどうって事無いわけよ。私も子供の頃、追っかけられた事も噛まれたこともあるけどね。

そんで私みたいなのは、耐性が高いせいで、全然我慢しないお嬢さん、お坊ちゃんに合わせさせられがち。w

 
お義母さんちの猫の爪まで切らされてる。(彼女は自分でできない。)

ズルくね?

…ズルくね?…

なんで私ばかり。

どうせ、犬飼ったら、私が全部世話すんだろ!雪の中、朝6時に起きて!

ボビーの事だって、ぶっちゃけ私がほとんど一人で頑張ってきたようなもん。自分のキャリア犠牲にして。
家族頼りにならないし。

マイキーも随分我慢しているから可哀想なんだけどね。

なんか悔しくて涙が出てきました。

それでもとりあえず、フォスターになる方法や現実的な家庭での環境条件などを調査しました。

COVID-19のせいで、かなり普通でないことになっている事が判明しました。

1.シェルター(不足分のフォスター募集)と、レスキューグループ(最初から直接フォスターに送る)があり、どちらも現在、ほとんど新規に動物を引き取っていない。当然フォスターも新規に要らない。

2.今、保護されている動物の中には、コロナで飼い主を失ったケースもある。

3.シェルターやレスキューグループは資金難に陥っている。

4.動物病院へのアクセスが悪いため、猫の去勢が進まず、繁殖が爆発的に増える事が予想されているが、どうにもできない。

5.コロナで仕事を失った人たちがペットを手離すケースがこれから増えると予想されている。

6.多くの人がアダプションやフォスターを希望しているが、この状況ではなかなか希望に沿えない。

7.MA州の場合は、フォスター家庭も他のペットと隔離可能な部屋がある事が条件になる。(たぶん病気の時のため)フォスターの審査は厳しい。

8.支給品を取りに行ったり、指定の病院に行ったり、希望者に見せたりするので、昼も夜もフットワークが軽い人でないといけない。

マイキーが寝た後、オット君に上記の事を全て正直に話しました。

犬嫌いの事まで調べ、それなりに理解を示したので、本音のところも聞けました。

オット君的には、小型犬をフォスターとして飼ってみるくらいが限界のようです。

その後も、私は実際にフォスターになった場合に、具体的にどんな部屋のセットアップと躾けの手順をするかを調べあげました。

できなくは無さそうですが、だんだんと、なんでここまでして、私は自分に負担をかけなければいけないんだろう…犬が粗相をしたら、オット君機嫌悪くなるだろうな。

ボビーでさえ、最初に耐えられなくなるのはいつもオット君。私じゃ無いんだよ。マイキーは逃げるし。

無理じゃね?泣

また泣けてきた。

…マイキーの笑顔は見たいけれど、これが答えじゃない気がしてきた…。

翌朝、マイキーに調べた事を説明しました。

僕は協力するよ!

って言ってくれたけれど、

今はいずれにしても犬を飼える時じゃない。
マイキーも中学生や高校生になったら、もっと忙しくなる。やりたい事がたくさん出てくる。シェルターでボランティアもできる。

…つうかお母さん、お父さんに文句言われながら犬の面倒見るの、嫌。w


Saltbox_00183
…じゃあ…代替案は何?

え?

…無いよね…。泣

僕の友達…羨ましい…普通の兄弟がいて、犬が飼えて…。

ごめんね…。

そうだ!
ドッグパークには時々行こうよ!
みんないい人だったし。

時々?

あ、時々よりももっと頻繁に行ってもいいよ。
犬飼ったら、毎日のように行くんだからさ。

うん!

そうだ。
じゃあ、猫の世話ももっとマイキーやってくれるかな。トイレとか。

うん!

よっしゃ~!!!!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



ちなみに、シェルどんは、ほぼ犬。

犬嫌いのオット君。そして、ペットショップで犬を買う文化がほぼないマサチューセッツ州。いきなり詰みました。w調べましたらね。マサチューセッツ州の場合は、今のところペットショップで子犬子猫を売る事自体は「法律違反」では無いらしいんですよ。ただ規準と法律がもの ... 続きを読む
犬嫌いのオット君。

そして、ペットショップで犬を買う文化がほぼないマサチューセッツ州。


いきなり詰みました。w

調べましたらね。

マサチューセッツ州の場合は、今のところペットショップで子犬子猫を売る事自体は「法律違反」では無いらしいんですよ。ただ規準と法律がもの凄く厳しいのと、お店が市民団体に抗議されるので、実質、ほとんど潰れて無くなった、という状態らしいです。

残っているペットショップもみんな評判悪いです。
私もそんなとこから買いたくありません。


ただ難問が。

ブリーダーから買うのはできますが、州内でどんな種類の子犬も手に入るっていう状態ではありません。


調べてみたら多くがレトリバー系。
あとシェパードとかボクサーとか…テリアが小々。
ヨーキーとかプードル系もちょっといるかな。

マイキーが欲しいのはいませんし、きちんと登録して定評のあるようなブリーダーのとこは、どこも予約一杯&高額です。

それからアメリカは州が国みたいなものなので、州外から入って来る動物の検疫のようなプロセスもあります。

ニューイングランドの各州は、特に近年厳しくなっております。

狂犬病のワクチンを正しいタイミングで行い、証明し、州内に入って来た時には、指定の動物病院で一定時間、隔離する手続きも必要なようです。遠くから専門の輸送業者を使うにも、登録がちゃんとされているとこでないといけません。

なので州外のブリーダーから譲ってもらうにしても、なかなか大変なようです。子犬が何千ドルっていうのに加え、さらなる費用がかかるでしょう。
なので現実的には、自分で車で行ける範囲が理想です。

みなさんどうしているんでしょう?

というわけで、私が思いついたのは、
IMG_20200618_132216525
ドッグパークに行く!!
なかなかいいとこ見つけましたよ。
IMG_20200618_132303564_HDR
ここにオット君とマイキーを連れてった!!

オット君はベンチの後ろでしたがw、
Saltbox_00182
頑張って、ドッグオーナーさんたちの話を色々聞けました!

このプエルトリコからはるばる来たピットブルっぽいのは、バセットハウンドとピットブルのミックスでした。

バセットハウンドって、あのハッシュパピーのやつね。
足が短くっておっとりしてて、めっちゃ可愛かったよ!

オット君も少し犬の見方が変わったみたい。

若い中型雑種犬を連れた若いカップルは、半年前にシェルターから貰ったとの事。ミシシッピ州のシェルターから来たそう。シェルターの場合は希望者のとこまで輸送するサービスがあるケースもあるみたいです。

でもそれって結構イチかバチかだよね。ワンちゃんにも負担掛かかるだろうし。

バセットミックスのオーナーさんは、少しの間、フォスター(一時預かり)をやってから、そのまま貰い受けたそうです。

つまり、こんな遠くまでフォスターも見つからない世界なのか…プエルトリコ…。元々野良犬、野良ネコ問題があった上に、ハリケーンとか来てたもんね…。

今のところ2回ドッグパークに通いましたが、しばらくオット君とマイキーを連れていきます。

今日はマイキーと二人で行って、犬連れているフリして、
「うちのは、透明犬です。w」

とか言って話に入っといた。w

「犬飼いたいけれど、まずはオーナーさんの話を聞きたいと思って。」

と言うと、みんな喜んで話してくれる!

まだ今のところはブリーダーから買ったって人に遭遇していないのですが、

1.どんな犬種が良さげか。
2.家や庭の環境はどうしているか。
3.犬を手に入れるのに、どういう手続きと手間と費用が掛かるのか。

ってのを、まず情報収集したい。
オット君を犬に慣れさせながら。

それから、可能性として、「フォスター」をやろうかって言う話も出てるんです。

フォスターの利点は、

1.必要なエサや小物、医療費が支給される。
2.一生面倒を見る事なく、色んな犬と触れ合える。
3.犬のため、社会のためになる。子供の教育にも良い。

欠点は…サヨナラする時が辛い。

らしいんですが、マイキーに聞くと、
「僕はそれはいいと思う!」
って。

とりあえず申し込みしようかと、ボストン市内の大きなシェルターのサイトに行ってみると…

現在新規には受け付けておりません。

とのこと。

もう…犬に辿り着くまでの道の険しい事!w

こんなん想像しなかったよ!

まだ調べ始めたばかりですが、フォスターになれるかどうかも勉強してみます。

皆さんのお話もぜひコメントでお聞かせください!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

犬嫌いが家族にいる時点で、すでにハードル高すぎるのですが、とりあえずマイキーにどんな犬が欲しいのかを聞いてみました。すると…ハイ来た!スピッツ種!フワフワ系!子供はこういうの好きなんだよね~。ポケモンみたいだもんね~。かわいいけどさ。毛が大変だよ~。大丈 ... 続きを読む
犬嫌いが家族にいる時点で、すでにハードル高すぎるのですが、とりあえずマイキーにどんな犬が欲しいのかを聞いてみました。

すると…

Saltbox_00180
ハイ来た!スピッツ種!フワフワ系!
子供はこういうの好きなんだよね~。

ポケモンみたいだもんね~。

かわいいけどさ。毛が大変だよ~。

大丈夫さ!うちはネコもいるし!

たぶんレベル違うってば。
それにスピッツ系は吠えるし、躾けも難しいよ。


知ってるよ!
僕はこの2年くらい、飼うならどの犬種にするか研究していたんだい!

ええ!?いつの間に!

サモエドは、吠えるというか喋るんだよね。それがうるさくて、特に集合住宅の人が手離すケースはよくあるんだ。

手離す人が多いなんてダメじゃん!

いや、でももし飼うとしたらアニマルシェルターから引き取ることになるでしょ?

ここは冬は寒いから、ある程度毛のある犬の方がいいし、サモエドはサイズ的にもちょうどいい。多少うるさいかもしれないけれど、うちは一戸建てで庭もあるから、それほどは問題にならない。もちろんトレーニングはするし、僕は静かすぎる犬よりいいと思っているくらいさ!


マイキー、めちゃくちゃ分析して考えてた!
なんか急に欲しくなってきたよ。

マイキー、説得力発揮!

ここで大事なのは、犬はシェルターから来るって話です。

聞いたことがある方も多いと思いますが、アメリカの多くの州では、ペットショップに犬猫はおりません!

いても譲渡される保護猫くらいです。

うちのシェルどんもそう。

どうしてかというと、売るために子犬や子猫を「生産」するような業者に問題が多いと。非人道的なので、そういう流れになっているんです。

なので私たちは日本のペットショップで今でも普通に売られているのを見ると、ちょっと哀しくなります。

というわけで、私たちはもし飼うとしたら保護犬にしようとは考えているのですが…アメリカの保護犬…これがまた難しい話なのですよ。

日本の保護犬は小型、中型の大人しそうな種ばっかりでしょう?

こっちは違うんです。

かなりがピットブルかピットブル雑種なんです。要するに闘犬種。

ピットブルは実は忍耐強く、頭も良い犬なので、普通に育てられればとてもいい犬らしいのですが、なにせ闘犬として作られた犬なんでね。

まあ事故も多いと。

子供や猫がいてもオッケーという条件で絞るだけで、かなり除外されてしまう種なんだわ。

除外されない犬もかなりの割合でピットブルミックス。
ハウンド系も多い。猟犬ぽいのも多いからね。アメリカは。

日本の里親募集サイトと較べるとラインナップの違いがよくわかるよ。

まあぶっちゃけ「かわいいワンちゃん」って感じじゃないのがメインなわけ。

どうしてこうなのかというと、アメリカの南部と南西部で「違法闘犬賭博」の問題があり、酷い環境で使い捨てのように犬が虐待、放置されているようなケースがよくあると。

50州外でもプエルトリコ、海外では韓国から来るケースも多いらしいです。アジア系の犬がリストにいるな~ってのはそれかもです。海を渡ってまで…。


そういうところからレスキューされた犬たちが、そういう問題が少ない州(特にリベラル州)の人々に貰われていく。

という図式があるのです。

そんなとこから来た犬たちも、穏やかな家庭に貰われて行く事で、すっかり「かわいいワンちゃん」になるのですが…

覚悟が必要ですわな。

パピヨンでさえ避ける犬嫌いの人が、ピットブル系を見て「カワイイ」と思えるようになるのか?

なかなかハードル高いよねえ。w


それにうちは自閉症児ボビーというファクターもあり、やや粗い扱いにも耐えられる犬でないといけません。つまりチワワとか超小型犬もダメ。

そういう事情も含めると、マイキーの分析は、あながち悪くないんですよ。ただ滅多にサモエドなんて保護犬リストにありません。ゼロでは無いですが。

ウーン…


閃いた!

続く!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

犬シリーズです!前回、オット君がえらい犬嫌いと言う話をしました。 オット君は、それこそ馬やらラマやら猟犬やらオオカミ犬を飼っている家がそこら中にあるようなど田舎の森の中で育っているのに、どうして犬嫌いなのか。お義母さんが犬嫌い。子供はやっぱ親に影響されるも ... 続きを読む
犬シリーズです!
前回、オット君がえらい犬嫌いと言う話をしました。


オット君は、それこそ馬やらラマやら猟犬やらオオカミ犬を飼っている家がそこら中にあるようなど田舎の森の中で育っているのに、どうして犬嫌いなのか。

お義母さんが犬嫌い。

子供はやっぱ親に影響されるもんなのよ。

お義母さんはとっても優しい人だし、嫁姑関係もとってもいいのですが、



食わず嫌いなんだよね。
「興味無い」ことに、一切努力しないタイプ。

食べ物も、運動も、犬も、自分と違うタイプの人にも全く合わせようとしない。

だから私とお義母さんは、仲良いいのに遊べないんだわ。

私が好きな事(運動、パワー系食生活(スイーツ食べない)、クリエイティブ系趣味)が彼女は嫌い。

嫌いって言われた。w

日本の文化や料理も興味無し。寿司に「無理~。」って言う人だから。いまだに箸使えないアメリカ人だから。というか他の料理もめちゃくちゃ偏っている。好き嫌いが多すぎる。レストランでも「どんだけ無駄にするの。」って毎回思う。

仕方が無いから、ホリデーは私がお義母さんに合わせている。私は興味無くても合わせられる人間だから。好き嫌いあんま無いから。

考えようによっちゃ、こっちは何も作らなくていいから楽ちん!

手伝いはするけどね。お義母さんも、その方が自分の好きなもので固められて楽と思っている。

お義母さんの親友は犬を飼っているけれど、お義母さんが来るときは犬を部屋に隠さないといけないらしい。

だからオット君は犬に触れるチャンスなく育ってしまったのだ!

ちなみに、お義母さんの親友とお義父さんと私は割とタイプは近い。話も合う。

どういうことよ!w

でもね。こんな忙しない世の中で、積極性ゼロな彼女は彼女なりに色々辛いらしい。

そういうものなのね。
お義母さんみたいな超マイペースな人も、世の中には必要だわ。
もっと昔に産まれた方が良かったって本人も言ってる…裁縫も汚れ仕事も力仕事も嫌いだけどね!w

そうそう。私がマスクも作ってやった。


この記事に、今話題の私の有色人種としてのメンタリティ(通報されるんじゃないかとビクビク)が思いっきり書いてある!w

マイキーの面倒は見てくれるけれど、ボビーは無理。
全く頼りにならない。危なくてせいぜい10分くらいしか一緒にしておけない。

そんなお義母さん…

我が家が犬飼ったらどうなるのか!?

ドンドン面白い事になってきたぞ!w
Saltbox_00135_2

あのクマはIKEAのサメを枕にしている。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

新シリーズでございますよ~!そう。タイトルの通りです。10歳前後の子どもたちに起こる現象!犬欲しい~!が、とうとう我が家にも起こりました。キッカケはこうでございます。COVID-19自粛、酷かった東海岸北部はだんだんと収束に向かい、マスクしていれば近所の方ともある ... 続きを読む
新シリーズでございますよ~!
そう。タイトルの通りです。

10歳前後の子どもたちに起こる現象!

犬欲しい~!

が、とうとう我が家にも起こりました。


キッカケはこうでございます。

COVID-19自粛、酷かった東海岸北部はだんだんと収束に向かい、マスクしていれば近所の方ともある程度やりとりできる状況になりました。

そうしたらね。

マイキーの近所の子たちの多くが、犬飼いだしてた!!

自粛中に噂は聞いていたのよ。ボストン周辺のアニマルシェルターの犬がドンドン引き取られていると。

人間ってあまりにも孤独だと、そうなるのかな…一時的じゃないといいな…なんか複雑だな…ってニュース観てたの。

自粛が少し解除され、お友達のとこに来た新しい犬を触らせてもらううちに、

「おか~さ~ん!犬欲しい~!」

キャンペーンが開始されました。w
いつかは来ると思ってましたわ…。

はい!全部やりましたよ!
「犬を飼うって大変なのよ~!」
キャンペーン!


私は一応、飼った経験ありますからね。
一通りのスキルはあります。

そして離婚による一家離散で親戚に引き取ってもらうという無責任な結果になってしまった…。私は子供だったので、自分のせいでは無いとはいえ、ずっと心苦しく思っているんです。

それも全部、マイキーに説明しました。
子供が1人増えるのと同じくらい大事なんだと。マイキーは今10歳。マイキーが8年後に大学に入って家を離れたら、私とオット君は50代で中年の犬と暮らすのよ。
やっと子供が成人したやれやれの歳で。その10年後?


そっから先は、犬も猫も一緒に老老介護だわ。

よく近所の高齢者が老犬と歩いてるでしょ?
あれになるのさ。

で、でも!僕ちゃんと面倒見る!引き取る!お小遣いも全部犬に使う!勉強もちゃんとやる!

…気持ちは分かるし、私は正直、犬好きだからね。
飼いたい気持ちはあるのよ。
でもね。

お父さんが、異常なまでの犬嫌いじゃん?
Saltbox_00181
無理じゃね?

うわあああああああああんん!泣

続く



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ