Saltbox|エクストリーム自閉症育児絵日記

米国東海岸の郊外の一家。 難易度高めの自閉症児ボビー、オモシロ定型児マイキー、マイペースなオット君、保護猫シェルどん、そして私、Cheeは自由過ぎてエクストリーム!

タグ:クリスマス嫌い

まあ行事というか、人生に起こる事全部なんですけれど、ボビーがどこまで理解できているのか、サッパリわかりません。ハロウィンは、やたらキャンディ貰えるというのは理解しているようですが、クリスマスはどうなんだろうか?幼児の頃はこんなでした。幼稚園から小学1年生く ... 続きを読む
まあ行事というか、人生に起こる事全部なんですけれど、ボビーがどこまで理解できているのか、サッパリわかりません。

ハロウィンは、やたらキャンディ貰えるというのは理解しているようですが、クリスマスはどうなんだろうか?

幼児の頃はこんなでした。
Saltbox_00091_1

幼稚園から小学1年生くらいになると、もうみんな普通の子なら遊ぶであろう玩具は諦め始めます。
Saltbox_00091_2
でも反応はこんな。

その後は、もうボビーがすきなふりかけとか、センサリーを満たすものとかが増えていきました。
Saltbox_00091_3
本人は嬉しそうでもなんでもない。

ここ最近は、おやつや寮生活に必要なものとかです。
Saltbox_00091_4
ボビーはグルメなので、おやつなら何でも食べるかというと食べません。それでさえ限られた種類なのです。

明治はやっぱり美味しいらしい。
かなりの率で反応が良い。

ボビーの学校の人にも相談しましたが、重度の子はこんな感じの子が多いみたいです。

ボタンを押すと音の出る絵本は助かるそうです。
夕方のアクティビティータイムに、スタッフが手伝ってみんなで読めるからだそうです。そこで今年はそういうのをいくつか買いました。

クリスマス…嫌いです。
こんな切ないのもう嫌だよ!

それでも、世間のメジャーなイベントだから、親だから、一通りやらないといけない。

アホらしいのに、やらないと私が悪者扱いされる。
グリンチやスクルージ扱いされる。

これでオット君とも昔はだいぶケンカした。オット君は当たり前のように、消費社会アメリカンなクリスマスやりたがるからね。

私は半分ボイコットしているから、クリスマスデコレーションも全部オット君にやらせてる。
彼は黙ってやっている。

最近は、彼も私を理解してくれるようになったから。

無駄にプレゼントも大量に買わなくなった。シンプルで相手を思いやったプレゼントだけで良いっていう風になってきた。

ボビーのおかげかもしれない。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ