Saltbox|エクストリーム自閉症育児絵日記

米国東海岸の郊外の一家。 難易度高めの自閉症児ボビー、オモシロ定型児マイキー、マイペースなオット君、保護猫シェルどん、そして私、Cheeは自由過ぎてエクストリーム!

タグ:懸垂

比較的暖かい季節は、ガレージで筋トレをするのですが、寒いんですよ。ボストンは。気候で言うと、北海道の南の方くらいじゃないかな。とうとうバーベルセットに触れなくなりました。これは深刻な問題なんです。だって11月から3月一杯くらいまで冷え冷えですからね。5ヶ ... 続きを読む
比較的暖かい季節は、ガレージで筋トレをするのですが、
pullup bands
寒いんですよ。ボストンは。
気候で言うと、北海道の南の方くらいじゃないかな。
とうとうバーベルセットに触れなくなりました。

これは深刻な問題なんです。だって11月から3月一杯くらいまで冷え冷えですからね。

5ヶ月間、バーベル使えなくなるんです。

しかたが無いので室内でダンベルやチューブでトレーニングするんですが、もっと気軽にささっとできて、結構な負荷で上半身の筋トレが一度にできてしまう運動と言えば…

そりゃ奥さん、懸垂ですよ!

説明致しましょう。
Saltbox_0044_2b
女性は足腰は逞しくなりがちですが、上半身の筋肉が付きにくいです。悔しいくらい。

ここに書いたけど、

いやホント、男性には、自分たちはドーピング野郎という認識をして欲しいです。

女性は低いテストステロン値で、かなりの努力をしながら生きているわけですよ。
それでいて社会的責任や税金は同等、さらには出産、育児を当たり前のようにこなし、それでいてドーピング野郎中心に作られた社会に合わせさせられている。

くっそ~!女性たちよ!みんなもっと怒れ!
女性の身体に合わせた社会にすれば解決するんだ!!
ドーピング無しの方を基準にする。
当たり前じゃないのか?


しかし女性も不利ながらトレーニングすれば、ある程度はいけます。

「女性だから~」で逃げているような奴が多いから説得力が無い訳よ。

肉体的にタフな女性が増えれば、歩み寄れる
女性が強い国ってなんだかんだそれの気がする。

で。

私のおススメは懸垂です。


女性は敢えて弱い上半身を鍛えるべし!

それだけで自信も迫力も増すよ!
Saltbox_0039_3
あと懸垂のいいのは、何しろ腰の負担が無い。
これ重要。

年齢的にデッドリフトは怖くなってきたんでね。w
(やるけど。)

それとさ。
私ら猿の仲間だから、この能力はつけとくべきだと思うの。

さあこれです!アマゾンで買いました!(リンク
IMG_20191114_164353574

IMG_20191114_195908114
よくある引っかけタイプのバーは、背が低い私には位置が高すぎるのと、落っこちるリスクがあるでしょう?でもドア枠に穴をあけるのも嫌…そういう条件で探していたら良いのがありました。
今のところガッチリついて落ちる気配がありません。

オット君の頭の上スレスレの高さ。
トイレに行くたび、コーヒーを淹れに行くたびに通る廊下に設置しました。

こんなのが目の前にあったらさ、

どうしても、
Saltbox_00079
ってやるよね!w
マイキーも!
pull-up bar02
ウキ―!

これはいいわ~。

で、懸垂のやり方ですが、
Saltbox_00080_1
これが普通の順手ね。背筋、僧帽筋に効くやつね。
これやるから、私は肩こりにならないのよ。
Saltbox_00080_2
ワイドはまだキツイ。でもこれはもっと背中の広い範囲に効く。肩甲骨の辺を引き寄せられるように練習中。
Saltbox_00080_3
逆手は比較的やりやすいです。上腕二頭筋と体の前面の方に負荷がいくからね。
Saltbox_00080_4
こうやって脚を上げると、腹筋にも凄く効くよ!
ぶら下がって脚を上げるだけでもいいです。

懸垂の回数をこなしたい時は、ゴムバンドの補助を使うのをおススメします。補助付きでも筋肉に負荷をかけていれば、少しずつ改善していきます。

小さいお子さんがいる場合はバンドつけっぱなしは危ないかもしれませんが、バーだけならいける家庭も多いんじゃないでしょうか?

みんな~!
逆三角形を目指そうぜ!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ