Saltbox 自閉症&自由ブログ

米国東海岸で自閉症児の自立を目指しながら、自由な発想で楽しく暮らすブログです。

たぶん日本の皆さんには、文字盤会話と言えば東田直樹さんでしょう。凄いですよね。先日、講演会の動画を観察したティトさんと並び、この道の頂点にいらっしゃいます。 個人的には、お母さんが右側でじっと見つめるだけでできる、漢字も書けるというのは更に凄いと思っていま ... 続きを読む

レベル1、レベル2でも何が起きているのかがわからないレベルですが、とうとうレベル3まで来ました。そうソマさんとティトさんです。まずお断りしておきますが、私はソマさんの本も買っていますし、テレビでやったティトさんの動画を観て感動しました。とにかく凄いなと。 ... 続きを読む

来ましたよ。レベル2!今回は有名な方です。イド・ケダーさん。私はブログも読み、本も2冊とも買いました。完全に信じていま…ま、まあまずは見てください。どうでしょうか?お母さんはタイピングが始まると同時に、斜めのお決まりの体勢になり、目をそらさず画面を見つめま ... 続きを読む

さて超上級者の検証をする前に、今日はよくあるFCのパターンを見て行きましょう。まずこれがひと昔前に良くやられていた思いっきり手を持つパターンのやつです。キーボードを見ていなくても打てる不思議。そしてこれが高レベルバージョン。肩や背中を触るパターン。TEDまで、 ... 続きを読む

この前、元ファシリテーターのプレゼンの話をしました。このビデオの4分くらいのところで、音、視覚、動きなどでヒントを与え、20年30年やっているファシリテイターは、部屋の反対側の壁からでも影響を与えられると言っています。そして、どうやらこの講演にはマジシャンやメ ... 続きを読む

私が知っている中で今までFC(Facilitated Communication)から入って自分の意思を触られずにタイプできるようになり、出版やブログで「自閉症はこうなんだ」的な事を書いて有名な方は、RPM創始者のソマ・ムコパディエイさんの息子のティトさん。これがその講演会ね。1時間10 ... 続きを読む

ファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)について、ここまで来たら徹底的に調査したい私。凄いの見つけました。FC問題で90年代に大議論になったニューヨーク州にあるシラキュース大学、ダグラス・ビクレン(ググるのおススメ)の元でやっていた元ファシリテーター、ジ ... 続きを読む

ファシリテイテッド・コミュニケーション(最近の文字盤を指すのも含む)の信憑性問題について、できるだけフェアな視点で考察するシリーズ。とうとうやってみましたよ。ボビーに文字盤。やってみずに批判はしたくないんでね。実は以前にも多少は試したことはあるんですが、 ... 続きを読む

近年のファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)、つまりRPMやS2C(Spelling to Communicate)に関して、あの後も調べまくりました。 残念ながら、日本でこの事に関して、ちゃんと議論をしているサイトは物凄く少ないです。これは危険です。日本の専門家のみなさん、お願 ... 続きを読む

さて。ファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)考察シリーズで、私がかなり厳しい目で見ている話を致しました。 コメントにもちょっと書きましたが、小学校高学年くらいの頃かな。こっくりさんやった時に、あんまり知らない男の子が好きな設定にされたんですよ。特にそ ... 続きを読む

前回の続きです。さあ、私のFCに対する疑問点を書きましょう。1.なぜ急に高度な会話を始めるのは、ほぼノンバーバルの子なのか?色んなケースを見ているのですが、大人もビックリするような会話を始めるのは、発語がほとんど無く、自閉症の症状や動きが顕著な子ばかりです ... 続きを読む

前回、なぜこれを再考察するかの背景をザックリ書きました。 ホントこれは、難しい問題でしてね。信じている側の人の多くも、最初っから信じ込んでいるわけではなくて、さんざん王道をやってどうにもならなくて、そこに至るわけです。だから痛いほど気持ちがわかる。しかし「 ... 続きを読む

フウウ~。会話ができない重度自閉症の息子が少しでも楽になるように、何らかの意思疎通方法を見つけたい母親としては、なかなか勇気のいる話なのですが、自分の気持ちの整理のためにも思い切って書いてみる事にしました。というのも…先日書いた「スピ系」の人が「トラウマ ... 続きを読む