日本にも、ここ最近でようやく本格的な女性の地位向上と「多様性」に合わせた社会づくりが訪れましたよね。

アメリカはずいぶん前に改善してきているけれど、日本は今ようやく、「キター!」って感じよね。


50年遅れくらい?

まだまだ女性が多い職種は社会的価値が低く見積もられ過ぎだけど、私はこれからどんどん発展していく分野だと思っています。

というのはね。もう今の時代って、モノだとかインフラ、医療の基本的なサービスは一通り揃っちゃっているじゃないですか?これから更に人工知能やロボット技術が発達したら、人間やる事なくなるんじゃ?って言われていますよね。


やる事あるって!w

それは…


生活の質の向上!

そうよ。女性がタダ働きさせられていた分野よ!
Saltbox_0048_5
アメリカはすでにだいぶこうなってるよね。
Saltbox_0048_7
アメリカはやっぱ凄い国だよ。
前に進む力が強い。女性も、障がい者も、各種マイノリティも、ガンガン進む。社会のサポートも厚い。なんだかんだ、これからも世界をリードするよ。こういうところは他の国はなかなか追いつけないんじゃないかな。

日本はまだまだ、
Saltbox_0048_8
みたいな人も多いじゃないですか。
気持ちはわからなくも無いです。w
私もボビーがいなかったら知らない世界でしたから!

でも小さい枠に合わせる必要は無いと知り、自分に本当の余裕が出てくると、障がい者を社会のお荷物みたいに思うことは無くなります。

障がいや病気がある人が、どれだけの産業と仕事を作り、消費し、医療や科学技術に役立ち(前回の記事)、教育全体の質を上げ、社会の安心安全なシステム改善に貢献していることか!

私たちも、いつどうなるかわからない。健康でもいずれ老いていくわけです。

一見、何もできないように見えるかもしれませんが、
Saltbox_0048_4
しているんです。

そして、多少人生ハチャメチャになりながらも、それを支える家族もいるわけですよ。

色々と自分たちを犠牲にしながらね…。


確かに私たちは、政府のお世話になる部分は多くありますが、私たち側の社会貢献もかなりのもんなんですよ。

お金で換算できないだけです。

私もこういう子の親になるまでは、全くそんな世界は知りませんでした。(どうやって受け入れていったかの話はこちら!)今では、もっと若い時に知っていたら、大学でもこういう方面を勉強したのにな!なんて思います。え?今からでも遅くない?

実は時々それも考えます。

しかし今はまだ、ボビーもマイキーも手が掛かりますし、家で自営業ができています。
Saltbox_0048_6
ユーチューブと絵本の話はこちらね。
ブログもどうにか収益化。(応援してね)

夢はね。

動画や絵本を、もっと教育者や科学者の見解を取り入れたものに発展させてみたいってのが一つ。

それから、このブログで自閉症、発達障害育児中の方を元気づけ、こちらの最新情報を日本語で発信することで皆さんのお役に立ちたい。収益を出しつつ。w

そして10年後には、ボビーは独り立ちしなければいけません。グループホームに住む事になるでしょう。
それまでしっかりと教育、それから先は、ボビーのような人たちの生活の質向上にも貢献できればと思っています。

ハードモードの人生に見えるかもしれませんが、考え方次第で夢一杯よ!