前回、母ちゃんがいきなりアプリ作りたい話をしました。


するとさっそく、有益な情報がコメントで寄せられました!ありがとうございます!

そこで思ったんです。
ブログで綴って行こうと。

全くの素人の40代半ばのお母さんができるのかっていうね。自分の有言実行実現のためにも、それから自分と同じような人の参考のためにも、おもしろいんじゃないかなと。

というわけで。
アプリ開発チームを家庭内に創設いたしました。

紹介します。
Saltbox_00119
大丈夫なのか?!w

オット君(46)にインタビューです。

チー:プログラム経験は?
オット君:むかーし、Basicはやったよ。
チー:私と同じだね。
オット君:そんで、大学ではTurbo Pascalを履修した。
チー:私はFortran…覚えてる?
オット君:覚えてない。
チー:やっぱり。
オット君:その後、htmlは自分で覚えたよ。
チー:すごいじゃん。
オット君:GeoCitiesの頃。
チー:懐かしいの出てきた。


以上。私と似たり寄ったりのレベル。全くのゼロでは無いけれど、オット君はファイナンス、私は建設だったからねえ。

さて何から学ぼうか?

私たちが作りたいのは、ボビーみたいな子のための教育アプリです。特にタイピングや発語を促すものです。

目的は明確です。
その部分は秘密じゃありません。
自分たちの今までのノウハウを使ってやりますのでね。ユニークなものができるでしょう。

我が家は普段Windowsを使っていますが、ボビーはiPadです。自閉症界はiPad派が多い気がします。というのも、喋れない子だと学校でiPadが支給されるのよ。だから家でも自然と同じのになるんです。

なので最初はiOSがいいんじゃないかと思いました。
しかしそうなると新たにAppleの製品を買う事になります…無いわ金が。Windows上でもxcodeを書けるようにはできるみたいですが、有料サービスを通す事になってしまいます。

うーん…。

そこでとりあえずAndroidでやってみるか…と思ったんです。ところがですね。
AndroidとiOSで使うのは別プログラム言語なんですよね。AndroidはJava、iOSはSwiftというやつです。2つ習得しないといけなくなってしまいます。

素人にはハードル高すぎる。

そう悩んでいたら、コメントでReactが良いという情報を頂いたんです。早速、調べてみました。

なるほど…これならJavascriptを覚えれば、React Nativeというのを使って、AndroidとiOSのアプリが両方作れるのか。スモールビジネスには良いらしい。

じゃあこれでいいわ。

さてと、じゃあReact Nativeの初心者向けチュートリアルを家族で観てみよう!


Saltbox_00119_1
???
全く理解できない!w

オット君!これさ。Javascriptができる前提じゃね?
じゃあさ。Javascriptの初心者講座観てみよう!


だな。

インストラクター:
ハーイ!誰にでもわかるJavascript講座!
その前に!
htmlとcssの講座を観ていない方は、まずこちら!
htmlとcssを理解している前提になります!

チーン…w
Saltbox_00119_2
じゃ、じゃあhtmlとcssの初心者講座観てみるか。

というわけで、ここから始まりました。w

この辺は理解できましたよ。
ほら私もこうやってブログやっているから、HTMLタグ編集もcssも使うでしょう?
オット君も、え?Boldは今は「strong」なの?「b」じゃないの?とか言いながらも、知識のアップデートができたようでした。

マイキーはあんまり面白くなさそうに、見てるんだから見ていないんだかわからないような感じでしたが、後で画面を静止し、プログラムの部分を指さして、「これはどういう意味?」と聞くと、全問正解でした。

チームで一番見込みがある。


…いや…それはネコかもしれない。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ