先週末のボビーの話です!

タイピングやパペットで、声は出るけれど話せない自閉症のボビーとどうにかやり取りしようと頑張っている我が家。




相変わらず多動(どうしてもジッとしていられない)が大変なんですけれど、私たちは危険じゃない場合は無理に止めずに、ひたすら「普通に」話しかけるようになりました。
Saltbox_00105
最初は疑っていたけれど、本当にこんな感じなんだわ。

iPadのタイピングアプリにも慣れてきました。学校でもより頻繁に使わせてくれているようです。

それでね。上のリンクのパペットの記事に書きましたけれど、幼児向けのアプリをすごい速度でやるので、もうちょっとレベルの高い、単語やフォニックスのアプリをやらせてみたんですよ。

そうしたら結構できたんです。
小学校の時からiPadはありますが、アプリにほとんど反応しない子だったんですよ。嫌がって。

だから驚きました。
学校にも相談しはじめましたよ。


今でも、手先の不器用さを考慮していない、デザインがウザい(子供っぽくてゴチャゴチャしている)、エフェクトがうるさい、ボビーみたいな人にわかりにくい説明や言い回しのアプリはダメです。

シンプルで「学校の先生が作ったんじゃね?」って感じのアプリの方がいいです。

特に良かったのはこのアプリ!

無料のLite版もあるよ!

このアプリのいいのは、答えが解らない時に、そっとビジュアルのヒント(プロンプト)くれるのね。だから私が手を出さないでも自分でできました。

ただ単語は150語のみ…まずはこれをやらせますが、これ以上のレベルもトレーニングできるシステムがあればいいのに!

…私が作る!みんな待ってて!

こんな感じでコツコツと話しかけとタイピングを続けていたら、「ムー」って呼んでいたマクドナルドが、
Saltbox_00111_4
「M&M's」(エムネムス)になったんですよ。

M勝手に増やすな!w


その後、 McDonald's  ってちゃんと書いてあるのを店で見せて、何回か読ませたら自信無さげな小さい声で「みくだーなる」と言うようになりました。

そう…こういうのも、以前は教えても無視されていたんですけれど、私たちの接し方やタイピングのせいか、徐々に反応が良くなってきているんです。

まだ聞き取れない事が多いけれど、ボビーが何かブツブツ言うのも増えてきました。

この前の土曜日なんですが、車を停めて出てきたところで、

Saltbox_00121
ロックしないと。

ってポロッと言ったんですよ。
オット君も私も同じのを聞いたので、聞き間違いじゃなさそうです。

今なんつった?とボビーに聞くと無視されますがね。

エコラリアなのか?自分の言葉なのか?

そこは分からないのですが、

正しい状況とタイミングで適切なコメントを発した!

やっぱりあの出来事は偶然じゃない。


もうすぐ12歳だけれど、これから話せるようになるのかも??

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ