日本でもだんだんと論調が変わってきましたね!

良かった良かった!

前回の記事、

のコメントにも書きましたが、私も最初のうちは、
経済危機による被害の方が大きくなるんじゃ…って思いました。(実際そうだと思います。)

しかし、ここ米国でも4位の感染者数を出している
マサチューセッツ州にいると、やっぱりシャレにならない感はあります。

ここんとこ、検査を1日7000人くらいやるたびに、2000人くらい感染者が出ているんですよね。
3割近くですよ…つまり検査すればするほど増えていく。さっきのお昼のニュースでは、最高の1日で2600人記録と。(検査数は8000くらい)


追加:今日はなんと嵐のためにドライブスルー検査さえできないらしい…。踏んだり蹴ったり!

グラフを見る限り、まだまだ伸びそうです。泣
こちらはまだ日中の気温10度くらい、夜は2,3度なので、もし気温が関係あるとしたら厳しい。

ドライブスルー検査、警察官や消防士に始まり、昨日はスーパー店員も呼ばれ始めたというニュースを読みました。

感染者の年齢別のデータを見ても、20代以上は満遍なく感染しています。生活環境や条件からして、ここボストン(都市圏人口450万人くらい)は、日本の主要都市圏と非常に似ていると思います。

繰り返し言いますが、被害が大きい州のほとんどは、「人口密度高い」「公共交通使う」「自宅勤務が難しい職業の人も多い」って条件です。

ここまでくると、ほとんどみんな身内や知り合いに感染者が出ているレベルです。日本もそうだと思いますが、高齢者施設、介護施設は特に顕著にクラスター化しています。そしてそういう方こそが犠牲になりやすい。

だからボビーを連れて帰りに走ったのです。

ボビーが帰ってきてから1週間。私たちも発症覚悟でヒヤヒヤです。幸い、今のところは大丈夫です。
治療法や治療薬が確立するまでは、それぞれが協力していくしかありません。

希望としては、ヨーロッパやNYCの状況から、1ヶ月くらい頑張れば峠は越えるってのは何となく見えてきましたよね。そこで折り返し…そして余韻があるでしょうから、3ヶ月くらいの辛抱でしょうか?

NYCはとうとうピークに近くなったようですが、実はここマサチューセッツではピークはまだまだ先、4月の終わりごろと言われています。ヒエー!

とりあえず、中小企業の救済プログラムに申し込みました。これ大事。
Saltbox_00144_2
2ヶ月半の給与、賃貸料、高熱費分の貸付(実際に使われた分は返済しなくていいので給付金に近い)というやつです。
だいぶダメージ受けてますから…。


このおかげで今は割り切れています。(まだもらえてはいませんし、先はどうなるかわからないですが…。汗)

日本もこういうの始まりましたよね。
持続化給付金とか。

皆さんもどうか乗り切れますように!

相変わらずボビーは一日中、感覚刺激を求めて忙しなく動き回り、食べ物を要求し、癇癪を起し、攻撃したり物を投げたりしますが、
Saltbox_00147
この1週間で、パターンが読めてきました。
先生方に日誌を提出し、相談もしながら、どうにかやっています。

私たちが作った教育動画も楽しんでくれています。
IMG_20200411_104445023
気が付いたんですが、テレビを見るようになったんですよ!

テレビの見過ぎで悩む家庭は多いと思いますが、うちは見なさすぎで悩んでいましたから!w

今更になって、機関車トーマスに興味が!w
もしかしたら、やっと3,4歳レベルに達したのかも。

12歳でこれだとすると…先は長いな、おい。汗

ボビーの成長に関しては、コロナウイルスに負けない伸びを見せて欲しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ