前回、ボストンとこの辺の郊外の中小都市は規模的に日本に近い条件だという話をしました。


ニューヨーク市はどうやらピークは越えたようですね。まだまだ大変な時期が続くようですし、油断はできない状態でしょうが、「ピーク越えが確認できたかどうか」は住民としては大きいと思うんですよ。

そういう意味で良かった!


ゴールが見えて来た!どうにか耐えて頑張ろう!みたいな気持ちになるじゃないですか?

経済崩壊のリスクを考えると、いち早く再開したい気持ちはわかりますが、

喘息だのアレルギーだの、様々なコンディションの方はそこら中にいますでしょ?

子供たちだってそうです。

コロナウィルスの実態がわからない現状では、焦ってはいけません。

一方ここマサチューセッツは今、ホットスポットです。

全米で第3位の感染者数。1位はニューヨーク、2位はニュージャージーね。ニューヨークに隣接のニュージャージーもだんだんと感染者数が一定になってきた兆しがあるようですね。このまま収束お願い!

一方…マサチューセッツはバリバリ増えてます。泣


というのも、うちの州は検査数は1日5000~8000くらいだったのを、今日は急に15000近くにあげて来たんですよ。

そしたら、新規感染者も倍増した!
今は1日3000人くらい。
ここんとこ見てると検査数のだいたい2~3割感染。


もうちょっと、ニューヨークとかカリフォルニア以外にも注目して欲しいわ~。

聞かれてもこんなんだけど。
Saltbox_00155

西海岸はさ。実際はもっとずっと早くから感染始まってたんじゃないかって話になっていますでしょ?
でもさ。東海岸も同時に入っているよね、どう考えても。同じ国だからカルチャー差でもない。

人口密度、公共交通、集合住宅…やっぱこの辺?


ニューヨークとボストンは、距離で言うと300kmだから、東京ー名古屋間くらい。新幹線みたいなのもあるしね。それが通るコネチカットとロードアイランドも見事に感染者が多い。

もうさ。日本もこうなってそうでね?

その先の森とか山とかカナダとかに近く、人間が歩いていない、牛臭が激しくアイスクリームが美味しく、紅葉が美しい州は割と大丈夫。(旅行するならそこ行きたい)

逆にボストンの中でも特に感染が酷かったのが、国際空港の近くの市、200人の抗体検査やったら3割陽性だったらしい。

やっぱり人の移動が多いところなのかね。

でも実はね。わたしニューヨークって人生で2回、バスで日帰りした事しかない。それもだいぶ昔。

ニューヨークへの興味がゼロ。

ボストンでさえ電車ですぐなのに年に数回しか行かない。w

抗体検査のチャンスがあったらすぐやりたい。
日本株BCG、靴脱ぐ、毎日シャワー、水耕栽培までする奴、元々自宅で自営。

みんな~!
この私が感染、もしくはすでに抗体持ちだったら相当ヤバイよ~!(フラグ)

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ