まずは見てください。

ドーン!
IMG_20200429_101906039
どうですか?これ。
もうね。
IMG_20200425_171611455
毎日夕食に家族分添えられるレベルになりましたよ!
適当な夕飯(上:トンカツ(残り物のトマトソースがけ)、下:ターキーバーガー(冷凍肉))なのに、いつもより豪華な見た目に!
IMG_20200429_174847527
実際、レタスは味がしっかりしていて美味しいです。
塩だけでもいける。

野菜嫌いのマイキーがスナックみたいって。

窓辺の方はですね。

IMG_20200429_101932557_HDR
まだまだ。
でも再生レタスたちはそろそろいけそうです。培養液は同じような感じで与えていますから、植物への光の効果の差が出ました。

一応、理想図に近づいてはいます!

Saltbox_00143
それでですね。試しにアルミで反射させまくって、水耕栽培キットのおこぼれのLED光で苗を育て始めたんです。
IMG_20200429_101918903
そしたら、今まで出てこなかった芽がドンドン育ってきました!
LED育成ライトは優秀!これさえあれば、たぶん冬でもかなりのものが栽培できます。

うう…しかし北国の太陽の弱さと来たら…コロナ、本当に太陽光は関係無いの?コロナはコロナに弱いとかないの?

この辺は春は湿度高いです。
ここんとこずっと50~80%くらい。雨ばっか。実はここ米国北東部では、春が「梅雨」みたいな認識なんだよね。

ここボストン近郊。ちなみに私が住んでいるのはエリート日本人が多い西側じゃないです。w
もっと庶民的なとこ。だから現実的な話ができるんですが、コロナニュースは、こんな感じ。
  1. 日の検査数を1万くらいにしたのでだいぶ実態が掴めてきた。(州人口680万人)東京より少ない。
  2. 死亡者数の57%が高齢者施設。63%が80歳以上。
  3. 死亡者数の60%近くが過去の入院歴があり、98%に既往症があった。
…こういうデータで、「仕方ないじゃん!経済経済!」ってそこのあなた!

志村けんさんや岡江久美子さん、
そして数多くの何らかの疾患がある頑張っている人々にそれ言う?

更に!一見健康そうな子供も、医療リスクが高い子なんてそこら中にいるんです。

ボビーでさえ普通の風邪や腹痛でも、町の小児科では見切れずに、大病院に送られる層ですから。

こういう家族がいる家庭はそこら中ですよ。というか医学が発達して、病気の検知率が高い国では、身内に何らかの条件がある人の方が多いんじゃないでしょうか?

私も若いうちは、そういう認識がありませんでしたがね。

4.死亡者数は減少してきているが、新規感染者数は減っていない。

そうなんです…これが今、私が心配しているところ。


うちの州は、年齢も人種も検査内容も場所も全て細かく公開しています。

日本ももう少し、細かいデータ出せばいいのに。

ニューヨーク市は特殊なエリアですし、この辺はマイノリティもエリートや高収入が多かったり、職業や住む地域によって偏りが激しいので、簡単に人種比較できない複雑さがありますが、地元民の私が見る限りでは、

とりあえず何人だからというのは期待しない方がいいです。

そう言えば、Johns Hopkinsのマップが凄い。

人種から保険の種類から全部データ出てる。

アメリカは保険制度が~とか言う人は、これで地域差を見て議論した方がいいよ。ここマサチューセッツ州は、日本並みに福祉に手厚くても感染が酷い地域だから。(病院はワールドクラスだらけ)

…さて。

ボビーは少し落ち着きましたが、超多動の重度自閉症児を、寮で1カ月、家で1カ月、全く外に出さずに過ごさせています。マスクもできない子なんでね。

皆さん想像できますでしょうか?
2ヶ月外に出ない生活を。


今日、ボビーの担当医とメールできましたが、我が家のような家庭はみんな…

大変な事になっているそうです。涙

先生も今は基本オンラインでの診察だそうです。

来週、少しお話ができそうです。

学校とも連絡を取り合ってサポートしてもらっています。このまま問題が無ければ、寮生も徐々に学校に戻れるようですが…

…まだ学校のスタッフに新規に陽性反応が出ているそうです。

感染に関しては、若くても健康でも、ホントもう誰でも罹る感じなのよね…症状無しで。しかもまだ新規感染者数が落ちない。それが怖い。

正直、日本どうなってるの?ってどうしても思います。
だんだんと介護施設クラスターが目立って来てるでしょ?芸能人があんだけ感染してたり。

不自然過ぎる。w

本当に少ないとしても、どうやってピーク越えと終息を証明するんだろう?とは思う。ガチで少ないのを証明したら、世界に誇れるのに。


というわけで、私の地元では、データ取りながらめちゃくちゃ慎重に復旧していく感じになるそうで、時間がかかる覚悟でいます。


トマトとズッキーニ豊作まで頑張る。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ