家を買ったのが2012年の春でしたから、これで8年経ちました。



いやあしかし…
日本のバブル崩壊後も、
Saltbox_0025_2
という流れの、団塊ジュニア氷河期に、

新たな伝説が加わるとは…


こうなってくると、逆に強いわ!

通常運転!w


もうね。開き直って、住宅ローン低金利の底ついたら借り換えするわ!むしろ今こそ投資でもしたるわ!新しい仕事や事業始めるわ!プライド?そんなもんは25歳で捨てたわ!

くらいの構えです。(こうやって生きてきた。)


とりあえず日本は今のところ収まったみたいで良かった~!

これも私が、去年日光東照宮で、
どうか日本をお守りくださいと願ったからだな!w



でもまだ油断しない方がいいです。

人口が多いテキサスやカリフォルニアがジワジワ感染者増えていますからね。米国北東部は一旦は落ち着く方向に向かってはいますが…新型コロナウイルスはミシシッピ川の西に広がり始めている…。

で、本題の芝生ですが。w

冬はこんなだったのが、
yard2020
ここまで来ました。
IMG_20200516_094838795
今年は、単なる芝生の冬眠じゃなかったんですよ。こういう寒い地方は、一見枯れているようでも春になると復活するような感じなんですが、本当に枯れてたんです。ポロポロ剥がれてくる状態だったのです。
なので、2月から3月にかけて一旦ひっぺ替えしました。



IMG_20200405_123339163
その後、ネットで色々研究しましてですね。

原因がいくつかわかりました。

1.クラブグラス、コケ、雑草大繁殖。
2.ジャパニーズビートル(外来害虫):芝生の根っこを食べてまうコガネムシの幼虫。名前の通り、アジアから来たやつ。
3.干ばつ:温暖化により、通常寒冷地に適していた芝生の種が生き延びられない。


そうなんです。芝生と雑草と害虫との戦いって、

ウイルスとの戦いに似ているものがあるのです!!

そこで私が投入したもの。


1.オーガニックの雑草防止剤。
IMG_20200414_152219799
2.Fine Fescueという、寒冷地でも育つ、干ばつにも強い種の芝生の種。(根つかせるまでは手間かかる)
IMG_20200414_152150914
カナダの会社から買った!
しかも日陰でも育ち、水やりもあまり要らない。芝刈りしなくても、細目の葉がしなだれる系の芝なので、モフモフ放置できるらしい。なのでエコっていうやつ!

そして!ジャパニーズ・ビートル(コガネムシ)対策もオーガニック系のやつを買った!
IMG_20200516_094527003
2年くらいこれを使えば、長い事防げるらしい。

てなわけで、まあまあ頑張って、ようやく少しずつ芝生の芽が育ってはおります。

木陰のところは、すでにこんなにモフモフなのにね。
IMG_20200515_084710067_HDR
そんな芝生を見ながら、ウロウロするボビーちゃん。

そう。やっぱボビーがいるからね。
こういう庭の手入れのものでも、変な薬品が入っていないものを選択しているんです。ちょっと高いけどね…。

枯れた方もモフモフになるのか!

楽しみだわ~!楽しみ一杯!

そうそう。うちにはプーさんの家もあるのよ!


反対側に窓もある。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ