今、オット君がボビーをドライブに連れ出してくれました。ここ2週間は気分転換も兼ねて夫婦で交代で走ってます。

これが地味に大変でね。

マスクできない子、外を安全に歩けない子だからね。
その上、今は公園などで駐車できるところも少ない。なのでただグルグル適当に走り続けるしかない。

お陰で今まで行ったこと無い道もだいぶ走ったよ。

だいたい20~30分くらいで家に戻ると丁度いい感じ。あんまり長いのもダメみたい。



ココにも書いたけれど、赤ちゃん連れてベビーカーで歩き回って寝かせるみたいなもん。

そんで疲れて家に帰って、そっと布団に置いたとたんにまた泣くやつ。

あれよ!!w
あれを12年やっているの。

あの手この手でご機嫌取りながらね。
Saltbox_00168
鎮静剤を与えるようになってから、



だいぶ扱いやすくはなりましたよ。

ご機嫌な時は、私と一緒にエクササイズしたり、謎の歌を歌ったり、楽しい時間が増えてきました。

でもね…気になる事が…。

異様な笑い上戸になってしまうんです。時々。

医師には報告していますが、特にそれについて返事が無く、そのままの投薬を続けるようにとだけ指示がありました。

ちなみに与えている薬は、精神の薬では無いんです。普通に血圧下げるのに一般的に使われるもので、どういうわけかこういう子たちを落ち着かせるのにも使えるってやつです。私は薬には慎重派なのでね。


どんな感じかというと、上のイラストにあるように、

全然面白くないスタートレックの真剣なシーンで、腹抱えて涙出るほどの笑いしたりする。

それ以外にも、マイキーに「ちょっと車酔ったから停めて。」って言われて停めた何も無い駐車場で、死ぬほど大爆笑とか。

ワケわからんにもほどがある。

マイキーはとうとう言っている。

「僕はボビーがキライ。」

「わかってる。」
キライ。本当の嫌いでは無いキライ。

私なんて、叩かれたり蹴られたり噛みつかれたり引っ掻かれたり物投げつけられたり壊されたりしてる。

でも母親って、産まれた瞬間から、
「この子を育てる!」
ってモードに自動的に切り替わるのよ。

きょうだい児の辛さもあるだろうけれど、サバイバルモードの野生のメスと思えば、母ちゃんのやるせなさや強さも見えてくると思う。

明日、ボビーは寮に戻ります。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ