犬嫌いのオット君。

そして、ペットショップで犬を買う文化がほぼないマサチューセッツ州。


いきなり詰みました。w

調べましたらね。

マサチューセッツ州の場合は、今のところペットショップで子犬子猫を売る事自体は「法律違反」では無いらしいんですよ。ただ規準と法律がもの凄く厳しいのと、お店が市民団体に抗議されるので、実質、ほとんど潰れて無くなった、という状態らしいです。

残っているペットショップもみんな評判悪いです。
私もそんなとこから買いたくありません。


ただ難問が。

ブリーダーから買うのはできますが、州内でどんな種類の子犬も手に入るっていう状態ではありません。


調べてみたら多くがレトリバー系。
あとシェパードとかボクサーとか…テリアが小々。
ヨーキーとかプードル系もちょっといるかな。

マイキーが欲しいのはいませんし、きちんと登録して定評のあるようなブリーダーのとこは、どこも予約一杯&高額です。

それからアメリカは州が国みたいなものなので、州外から入って来る動物の検疫のようなプロセスもあります。

ニューイングランドの各州は、特に近年厳しくなっております。

狂犬病のワクチンを正しいタイミングで行い、証明し、州内に入って来た時には、指定の動物病院で一定時間、隔離する手続きも必要なようです。遠くから専門の輸送業者を使うにも、登録がちゃんとされているとこでないといけません。

なので州外のブリーダーから譲ってもらうにしても、なかなか大変なようです。子犬が何千ドルっていうのに加え、さらなる費用がかかるでしょう。
なので現実的には、自分で車で行ける範囲が理想です。

みなさんどうしているんでしょう?

というわけで、私が思いついたのは、
IMG_20200618_132216525
ドッグパークに行く!!
なかなかいいとこ見つけましたよ。
IMG_20200618_132303564_HDR
ここにオット君とマイキーを連れてった!!

オット君はベンチの後ろでしたがw、
Saltbox_00182
頑張って、ドッグオーナーさんたちの話を色々聞けました!

このプエルトリコからはるばる来たピットブルっぽいのは、バセットハウンドとピットブルのミックスでした。

バセットハウンドって、あのハッシュパピーのやつね。
足が短くっておっとりしてて、めっちゃ可愛かったよ!

オット君も少し犬の見方が変わったみたい。

若い中型雑種犬を連れた若いカップルは、半年前にシェルターから貰ったとの事。ミシシッピ州のシェルターから来たそう。シェルターの場合は希望者のとこまで輸送するサービスがあるケースもあるみたいです。

でもそれって結構イチかバチかだよね。ワンちゃんにも負担掛かかるだろうし。

バセットミックスのオーナーさんは、少しの間、フォスター(一時預かり)をやってから、そのまま貰い受けたそうです。

つまり、こんな遠くまでフォスターも見つからない世界なのか…プエルトリコ…。元々野良犬、野良ネコ問題があった上に、ハリケーンとか来てたもんね…。

今のところ2回ドッグパークに通いましたが、しばらくオット君とマイキーを連れていきます。

今日はマイキーと二人で行って、犬連れているフリして、
「うちのは、透明犬です。w」

とか言って話に入っといた。w

「犬飼いたいけれど、まずはオーナーさんの話を聞きたいと思って。」

と言うと、みんな喜んで話してくれる!

まだ今のところはブリーダーから買ったって人に遭遇していないのですが、

1.どんな犬種が良さげか。
2.家や庭の環境はどうしているか。
3.犬を手に入れるのに、どういう手続きと手間と費用が掛かるのか。

ってのを、まず情報収集したい。
オット君を犬に慣れさせながら。

それから、可能性として、「フォスター」をやろうかって言う話も出てるんです。

フォスターの利点は、

1.必要なエサや小物、医療費が支給される。
2.一生面倒を見る事なく、色んな犬と触れ合える。
3.犬のため、社会のためになる。子供の教育にも良い。

欠点は…サヨナラする時が辛い。

らしいんですが、マイキーに聞くと、
「僕はそれはいいと思う!」
って。

とりあえず申し込みしようかと、ボストン市内の大きなシェルターのサイトに行ってみると…

現在新規には受け付けておりません。

とのこと。

もう…犬に辿り着くまでの道の険しい事!w

こんなん想像しなかったよ!

まだ調べ始めたばかりですが、フォスターになれるかどうかも勉強してみます。

皆さんのお話もぜひコメントでお聞かせください!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ