今回が犬欲しいシリーズのとりあえずの最終回です。

昨日の夕方も、またドッグパークに行きました。

タイミングが良かったようで、多くの犬に会えました。

なんとサモエドにも!
Saltbox_00180
オーナーさんは、ものすごいメンテが大変な犬とおっしゃっておりました。w

ミニチュアダックス、ヨーキー、チワワ、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー、ラブラドゥードゥル、ピットブル、秋田ミックス、ハスキー、各種雑種。

いや~楽しい楽しい。

オット君もそれなりに楽しめたようですが、帰って話をしても、ずっとこんな感じでした。
Saltbox_00183
オット君やお義母さんのような犬嫌いのこともちゃんと調べました。
英語でも日本語でも。

彼らの立場も解ってあげたいんでね。

調べた結果、私の個人的な意見。

1.ガチの犬嫌い、つまり、生活に支障をきたすレベルの方もいる。こういう方の「犬嫌い」は本当に考慮してあげないと可哀想。

ただ、オット君もお義母さんもこれでは無いと思う。


2.おそらくオット君とお義母さんは、
親が犬は怖いと吹き込んでしまったり、飛び掛かられたり噛まれたりを子供の頃から怖がり、犬を敬遠している系の「犬嫌い」。まだマイルドな方。

3.本人に聞くと、犬がじゃれるのが嫌、怖い、汚いと、臭いという方がカワイイよりも先に来てしまうらしい。気持ちはわからんでもない。

私もヨダレデロデロは苦手だ。


ただね。反応が違うんだわ。

私みたいな、最初から多少の不快感やリスクが普通で生きている人は、犬の粗っぽさや汚さくらいどうって事無いわけよ。私も子供の頃、追っかけられた事も噛まれたこともあるけどね。

そんで私みたいなのは、耐性が高いせいで、全然我慢しないお嬢さん、お坊ちゃんに合わせさせられがち。w

 
お義母さんちの猫の爪まで切らされてる。(彼女は自分でできない。)

ズルくね?

…ズルくね?…

なんで私ばかり。

どうせ、犬飼ったら、私が全部世話すんだろ!雪の中、朝6時に起きて!

ボビーの事だって、ぶっちゃけ私がほとんど一人で頑張ってきたようなもん。自分のキャリア犠牲にして。
家族頼りにならないし。

マイキーも随分我慢しているから可哀想なんだけどね。

なんか悔しくて涙が出てきました。

それでもとりあえず、フォスターになる方法や現実的な家庭での環境条件などを調査しました。

COVID-19のせいで、かなり普通でないことになっている事が判明しました。

1.シェルター(不足分のフォスター募集)と、レスキューグループ(最初から直接フォスターに送る)があり、どちらも現在、ほとんど新規に動物を引き取っていない。当然フォスターも新規に要らない。

2.今、保護されている動物の中には、コロナで飼い主を失ったケースもある。

3.シェルターやレスキューグループは資金難に陥っている。

4.動物病院へのアクセスが悪いため、猫の去勢が進まず、繁殖が爆発的に増える事が予想されているが、どうにもできない。

5.コロナで仕事を失った人たちがペットを手離すケースがこれから増えると予想されている。

6.多くの人がアダプションやフォスターを希望しているが、この状況ではなかなか希望に沿えない。

7.MA州の場合は、フォスター家庭も他のペットと隔離可能な部屋がある事が条件になる。(たぶん病気の時のため)フォスターの審査は厳しい。

8.支給品を取りに行ったり、指定の病院に行ったり、希望者に見せたりするので、昼も夜もフットワークが軽い人でないといけない。

マイキーが寝た後、オット君に上記の事を全て正直に話しました。

犬嫌いの事まで調べ、それなりに理解を示したので、本音のところも聞けました。

オット君的には、小型犬をフォスターとして飼ってみるくらいが限界のようです。

その後も、私は実際にフォスターになった場合に、具体的にどんな部屋のセットアップと躾けの手順をするかを調べあげました。

できなくは無さそうですが、だんだんと、なんでここまでして、私は自分に負担をかけなければいけないんだろう…犬が粗相をしたら、オット君機嫌悪くなるだろうな。

ボビーでさえ、最初に耐えられなくなるのはいつもオット君。私じゃ無いんだよ。マイキーは逃げるし。

無理じゃね?泣

また泣けてきた。

…マイキーの笑顔は見たいけれど、これが答えじゃない気がしてきた…。

翌朝、マイキーに調べた事を説明しました。

僕は協力するよ!

って言ってくれたけれど、

今はいずれにしても犬を飼える時じゃない。
マイキーも中学生や高校生になったら、もっと忙しくなる。やりたい事がたくさん出てくる。シェルターでボランティアもできる。

…つうかお母さん、お父さんに文句言われながら犬の面倒見るの、嫌。w


Saltbox_00183
…じゃあ…代替案は何?

え?

…無いよね…。泣

僕の友達…羨ましい…普通の兄弟がいて、犬が飼えて…。

ごめんね…。

そうだ!
ドッグパークには時々行こうよ!
みんないい人だったし。

時々?

あ、時々よりももっと頻繁に行ってもいいよ。
犬飼ったら、毎日のように行くんだからさ。

うん!

そうだ。
じゃあ、猫の世話ももっとマイキーやってくれるかな。トイレとか。

うん!

よっしゃ~!!!!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



ちなみに、シェルどんは、ほぼ犬。