昨日、近所にいけ好かない一家がいる話をしました。



どうしてあそこまで疑うのか。私がセンシティブなんじゃないかって思う方もいらっしゃるでしょう。

今日はその話をしましょう。

2014年の秋の事です。ボビーは6歳。マイキーは4歳。
私はよく知らないのですが、コミュニオンというカソリックの七五三みたい日がありましてね。

この辺りはカソリックの人が多く、その日曜日、近所の少女たちがふわふわの白いドレスで出掛けるのを朝見かけました。

Saltbox_00211_1
なのに、なんとなくかわいくない。

コミュニオンの儀式の後、少女たちの親族(いけ好かない一家)が集まっていました。子供たちはもう着替えて外で遊び始めていました。

その日曜日も私たちは夫婦で協力して頑張っていました。
こういう事件があったのでね。

一瞬たりとも子供たちから目を離せない。

あいつらは子供放置でキャーキャー言わせているのに、うちが一瞬でもミスったら通報される。

そんな生活が続いていました。

最初にボビーを庭先で見ていたのはオット君でした。
Saltbox_00211_3
オット君は郵便を受け取ったまま、ボビーから目を離すことなく庭にいました。そのくらい目が離せないんです。

すると…
Saltbox_00211_4
Bring in the mail!
Bring in the mail!
Bring in the mail!
(手紙を家に入れろ!)

と少女らと他のガキ数名が行進を始めました。
そう。

アラフォーのおっさんをイジメ始めた!w

オット君は何も言わずにいました。
私にもその事を伝えませんでした。

おっさんだからね。
イラっとはしたらしいけど、小さい子に下手に何も言えないし。

その後、交代で私がボビーを外で見ていました。
ボビーは何でも口に入れてしまうので、私は注意していました。すると…
Saltbox_00211_5
バレとる。
そして…
Saltbox_00211_6
草食べるなマーチが始まった!

こんのクソガキャ~!

と内心思いましたが、おばはんだからね。

やっぱり小さい子に下手に何も言えない。

無視して家に入りました。

その午後です。ゴミを出そうと外に出た私。
な、な、なんだこれ~!オットく~ん!
IMG_9360

IMG_9361
Don't let your kid eat grass! And lick your tire.
自分の子供に草食べさすな!あとタイヤ舐めさすな。

そして極めつけ。
IMG_9366
You are a poop.
お前はウ〇コ。

Saltbox_00211_8
オット君ブチ切れ!
お、落ち着いて!
…どうする?

まあできるのは親に伝える事ですよね。
まず。なのでそうしました。すると、

Saltbox_00211_7
うちの子がそんな事するはずありません!
良い子なのに!

こいつら認める気も謝る気もないな。
というか、晴れの日にやっちまって、うろたえている感じでした。

神様になに祈ってんのか知らないが、やっちまったなあ!

認めたくないよなあ。
障がい児とその親にウ〇コとか。


だが残念ながら、自分の名前も書いちゃってるんだよ。w

なので冷静に事の成り行きを説明しました。
そしてうちの前に連れて行きました。

子供たちにこれを消させてください。

彼らはその場では私たちに謝罪をしませんでしたが、次の日、落書きは消え、少女たちからのごめんなさいレターが来ました。


なのでもうそれ以上は何も言いませんでした。
しかし今でも、この母親は露骨に無視してきます。
Saltbox_00211_2
少女たちは高1くらいになりました。
Saltbox_00211_1
まあだいたいこのまんまです。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ