1話目

前回


新学期...また一から頑張っていくことにしました。

ボビーとマイキーの通学も始まり、学校ともミーティングやペアレントトレーニングを重ね、学区にもこの夏休みの事を報告し、病院で手配してもらったABAエージェンシーに連絡しました。

ボビーは前回の入院で新しい薬がまた増やされてしまいました。どうやらその薬はあまり合わないのか、ますます夜中に落ち着かなくなったり、おねしょが増えたり、食欲不振になったりしました。

いつものERと同じ大病院の小児神経科の先生に相談はしていましたが、体が慣れていくまで時間がかかるかもしれないという事で様子見の段階でした。


紹介されたABAエージェンシーは悪くなさそうでした。
Saltbox_00283
我が家に来た指導計画を作る方はハデハデな若い女性でしたが、電話もすぐ出てくれ、やり取りもメールやテキストでサクサクやってくれて、仕事も早い人でした。

彼女はBCBAではありませんでしたが、計画書を作れる方のようでした。そして実際にボビーの分析に来た時は、すっぴんで髪の毛ひっつめて、ジーンズにスウェットシャツでした。

仕事できる人って感じでいい。
ハキハキして感じもいい。

よーしもう一回、ABA頑張るぞー!

そして保険会社の許可待ち、実際に我が家に来れるセラピストを探してもらっている矢先です。


オット君のお母さんが負傷してしまったんです。
Saltbox_00284
我が家は安全対策でもうほとんど何にも置けない状況なんですが、ボストンの路線図が入った小さな額縁が玄関近くの壁にあったんです。100均の額縁よ。

ボビーはそれをわざわざ外したわけです。
何でよ…。

そしてフリスビーのように投げて、それがリビングに座っていたおばあちゃんの頭に直撃してしまった...。


おばあちゃんの頭から血が垂れました。

当然また911となりました。

今回はとうとう負傷者が出たので、警察も救急も前よりも更に真剣でした。オット君のお母さんはその場で応急処置を受けました。幸いお母さんは救急車に乗るほどでは無く、血が止まるまで安静にしているように言われましたので、オット君が家で見る事にしました。

そしてボビーと私はまたピーポー車でERに向かいました。
Saltbox_00258
頭の傷は小さくお義母さんは落ち着いてから帰宅し、オット君とマイキーも来ました。

ERも前回よりも深刻に捉えているのがわかりました。医師がすぐに来ました。
Saltbox_00285
私たちが、療育、教育、医療でできる事は専門家に従い全てやっている事、それでも家での安全が確保できなくなってきている事、2回も例の病院に行って、言われた通りに投薬しABAも予約している事を話しました。

あの2回のトラブルの事も話しました。




このERのペンキ剥がした事も。


そしてまた数時間待つとソーシャルワーカーが来ました。確認することがたくさんあるので今日は一度帰って、また明日の朝来てくれと。

そして次の日の朝行くと、


この病院のベッドが空くまでERで待つことになりますが、いいですか?

と言われました。

ハイ。
もうあの病院は...。

あそこにはもう送りません。
では着替えなどをこちらに持ってきてください。

あの、どのくらいERにいる事になりますか?

わかりません。何週間もかかるかもしれません。

しかしもう、他の選択肢はありませんでした。

続く


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ