ブログが更新できなかったのは、

1.仕事が忙しい。
2.疲れた。心が。(ちなみにボビーはまた隔離。今年まだ2回しか会っていない。)

からです。

仕事は楽しくてね。
会社の人たちともうまくいっているし、仕事内容も評価されている。

でも、その他の全てがうまくいかない。
なぜなのか?

自分の人生を振り返ってみると、ずっとそうなんだよね。
私生活と切り離した部分に関しては問題無しというか、割とうまくやっていける人。いや私生活でも、例えば事務的な事、税理士と話すとか、日々の家庭の事は淡々とこなすタイプ。店のエラーとかもそんなに腹立たない。

ところがね。
学校が苦手。学校というものに関わりたくない。

別に不登校だったとか、ぐれてたとかそういうんじゃない。
Saltbox_00247
一見、めちゃくちゃ健全に見えるタイプ。

でも3,4年くらい前かな。
ボビーがまだ家にいる頃、ケア相談で何年も家に来ていた信頼できる心理セラピスト(日本の事情にも詳しい)に言われたことがあるんですよ。

「トラウマじゃないかしら。ケアしたら生活の助けになるかもしれません。」

そうかなあ?
その時はそう思いました。
そしてそもそも、ボビーの世話で自分のケアなんて無理。

まあね。言われてみれば、今の基準でいったらネグレクトで育ってるし、水も飲んじゃダメルールで連帯責任で走らされる系部活だったし、身内からも友達からも身体的特徴をバカにされること多かったし…だけど昭和の日本だからねえ。

うーん。確かに性被害や誘拐未遂に何回もあっているし、親も学校もどうせ助けてくれないから諦めてたし、変人になる事で身を守ってたしw、親が離婚してからは、話さなくなって自暴自棄になってたことあるし、色々あって毎日凍えて眠る時期とかあったし…今でも思い出しては、怒りが湧いたり、落ち込んだりする。
猛烈に何かに打ち込んだり、そういう方向に行く時もある。
それでバーベル持ち上げたり。w

あれ?書いてみると酷いな。笑
何かモヤモヤを抱えているんだよね。確かに。

ちなみにボビーの自閉症に関しては辛くてもケロっと回復する。
トラウマになりそうな事はたくさん起きてるのにね。
これは大人になってからの事だからかなあ。

ところが、学校に対しては「どうせ表面だけで本当は無関心なんだろ?いい子面しやがってよ。」みたいなのをちょっと思ってしまう。経験上。

これの事か…。

というわけで、どうにかすることにしました。
有難い事にアメリカはこの辺も割と気軽に対処できる環境ではあるのよね。心理の専門家と話すのは誰もがやる普通の事。

というわけで、疲れた時にたまに話すセラピストに相談すると、「うん。トラウマだと思います。」と。笑
「自分でもどっから手をつけていいのかわからない、謎人生なのですが。」
「大丈夫です。今は優れた手法がありまして、私はそのトレーニングを受けているのです。」

さてどうなるのか!
自分でもわからない!

急に性格が良くなったりして!

無理か~!!w

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ