さて、久しぶりの短期助っ人パート契約、正月前後含め、ほぼフルタイム出勤での2か月。

無事任務完了しました~!

楽しかったわ~。
ブランクが心配だったけれど、すぐ取り戻せて新しいソフトにもすぐに慣れる事ができました。

知っている顔が多くて居心地はいいし、
Saltbox_00305
若い子たちも、おばちゃんに優しかったです。
Saltbox_00304
また近いうちに戻ってくるといいなって言ってくれました。社交辞令かもしれないけれど。

(実際はイラストよりも、もうちょっと距離い置いてます。)

ずっと仕事に集中していたから、例のトランプやコロナのニュースもほとんど見ずに、穏やかに過ごしているつもりでした。

それでも公共交通のバスで変な人から差別的な事を言われたり、休憩室から政治に関する言い争いするのが聞こえたりもしました。

やっぱ社会が荒んでるんだな…。

そしたら例のボスは、
Saltbox_00307
あいつらの話は聞いちゃダメだから。ハハハ!
つってました。
若い子たちも一緒に顔を見合わせて笑って。

和んだ。


こんな時だからこそ優しくしたい。

でも私はできなかった。
それで落ち込んでたんです。

まあザックリ話すと、会社とは関係無いボビーの方の事でね。学区にやらされているペアレント講座。

それがね。
なんか「トラウマ克服」系の話でさ。自閉症児の親になったのは「トラウマ」設定で。(失礼でね?)
なんかちょっと内容が変なんです。「信仰が変わる」「スピリチュアルになる」的なの強調したり。

それで、


キレてしまった…。

ちなみにキレたのは2回目の講座で、1回目の後から私はフラッシュバックするようになってしまいました。できるだけ意識を逸らすようにしていたのですが、朝7時半から集中して働いた夜、コントロールが効かなくなりました。

もちろん学校から怒られました。オット君にも怒られました。大変なトラブルを起こしてしまった…。

謝罪はしたけれど、もう手遅れでした。
講座からは締め出されました。苦しみました。

でもですね。後で調べたら、やっぱりスピリチュアル系の人でした。メンターとかコーチングとか怪しげなのやってる。神様がどうのの本も書いてる。

それでも私が悪い。

バカだ。何も言わなけりゃいいのに。
どうしてあんな事を言ってしまったのだろう?
自分でもわからない…。

そして時々行く心理士/社会福祉士(有資格者)に相談したという流れだったわけです。

そうしたら、たまたまトラウマの専門家で、すぐに解ってくれました。

今はだいぶ気持ちが落ち着きました。

大失態でしたが、周りも気付いたので、もう無理なものは無理と言えるようになったと思います。

いつ限界がきてもおかしくない状態だったのでしょう。
Saltbox_00312

ある意味、あの講座に救われたのかも。

悔しいけど。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ