先日、折角久々にボビーが家に帰ってきて文字盤試したりして楽しかったけれど、途中でバスルームで暴れて大変だった話を書きました。


何でいつもはリラックスするバスルームで暴れたんだろう?
Saltbox_00159_2
リラックスするボビー氏 ↑

その数日後、早朝の静かな時間にシャワーを浴びてる時に、突然理由がわかったんです。

キーーーーーーーーーーーン

ああ~これは不快だわ~って。

何だと思います?

シャワーヘッド。劣化のキーン。
シャアアアの中に聞こえる小さいキイイイン。

ホームセンターで新しいシャワーヘッドを買いました。
次の週、ボビーに色んなモードを試したら、シュワーって感じのミストっぽい静かなのでご機嫌になって、フンフン歌ってシャワー浴びてました。

やっぱこれだったのか。たぶんだけど。

こういう時に「シャワー。音。」くらい言えたらねえ。
言葉は知ってるはずなのに、何で言わないかねえ?

ボビーは聴力の過敏さは見られるけれど、いつも耳を塞いだり、イヤーマフ使うようなレベルでは無いんですよ。

ただ特定の音をすごく嫌がるんですよね。
すでにわかっているのは、赤ちゃんや小さい子の泣き声。マイキーが小さい時は大変でした。


病院やセラピーの待合室とかではこんなでした。
Saltbox_0038_6
それでも大きくなってくると、それなりに我慢できるようになってきたんです。

しかし!

一時期それが行き過ぎて、なぜか赤ちゃんの泣き声が聞こえると爆笑するように!
Saltbox_00327
気まずいなんてもんじゃない!
酷い時は、わざわざ赤ちゃんの顔を覗き込んでこれやってた。

こ、これにはワケが…。
頑張ってるお母さんゴメンよおおおお!涙

心ではそう叫んでいた!

が、どう見てもクズ親子。

ボビーは感情表現が謎。
なんなのこれ?自傷行為?

それも今ではもう無いかな。
奇声発声集団と寮生活を共にしているから慣れた模様。

こういうのって慣れないのかと思ったら、それなりに慣れるのね。
それともお兄ちゃんになって我慢強くなっただけ?


歯医者さん嫌がったりもそういうのあるのかなあ。


こういう過敏さや聴力処理も関係あると思うんですよね。

言語能力に。

次回はその辺について書きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ