13歳にしてやっと、2歳くらいが通る言語出始めレベルのところに達したボビーに、ドールハウスを使って教えるシリーズの続きです!

まあそれでも自閉度高めなので、普通の2歳児とは相当違いますけどね…。

前回

シリーズ初回


全くのとんちんかんだったボビーも、ようやく人形をベッドに寝かせたりできるようになってきました。
IMG_20210522_132501849
見ているとやっぱり車が好きなんですよね。
IMG_20210516_131309294
モチベーション上げるには車か…。

それにやっぱり郵便車や救急車も全部トヨエースで済ませるという設定もどうかと思いましてね。

リサイクルショップ(thrift store)に行ってきました。
IMG_20210523_120809920
そして買ってきたのはこれ!
IMG_20210529_131052666
買い過ぎ!
だって1台、2~4ドルくらい。

郵便車と救急車は相変わらず無いけど!
IMG_20210529_131453766
フードトラックが気に入った!
海苔巻きもピザも売ってる設定。
日本のファミレスか!

さてボビーの反応はいかに!?


はい!
いつもの通り、チラ見素通り!


もうこれはボビーが何かを受け入れるまでのプロセスのパターンと言ってよいでしょう。

彼は猫人間だから。



なのでボビーは放っておいて、パイロットをスクールバスの運転手にするという贅沢な学校の設定で、オット君と遊んでいました。
Saltbox_00352
一体ボビーは今後興味を持ってくれるのだろうか?

それはさておき、これいいでしょ?

働くおじさん、おばさん人形と、働く車の組み合わせ。



ビジュアル的にも役割的にもわかりやすく、ストーリーも作りやすいですし、車と「マッチ」させる練習にもなります。

レゴとかで遊べる子ならそれでいいんですが、不器用であんな小さくて複雑なのはできないんでね。このくらいのスケールが、作業レベルからしてもちょうど良いです。

…我が家のリビングルームが凄い事になってきてます。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ