前回は、ボビー語講座2でボビーがなんとなく人に話しかけてる風になってきた話をしました。

ボビーさんは今、みかんブームらしく、家に来るとみかんを食べまくります。マンダリンとかタンジェリンってやつです。

この前も冷蔵庫から袋ごと持ってきて言いました。

Saltbox_00384
どういう事?笑
さあ、解読しましょう。

「カーカー」はCan I haveじゃないかな?

この表現は小学生時代から、学校でも家でも練習はしていたけれど「〇〇ください」文で当て嵌め型でしか訓練されていないから、実践で使う事がなかったのね。他人に言わされるやつで、自分の言葉として身についていなかった。

ところが「カーカー」はちゃんと自分で意味を持って出て来た感じ。ボビー自身の言葉。

今はおかしいけれど、経験上、こういうのもだんだん直ってくるのよね。あれと同じ。

幼児語がいつの間にか直る感じ。

じゃあcarrotsはなんなのか。
ボビーはorangeという言葉は知っている。

たぶん、

1.とっさに出てこないから色が同じ食べ物の名前を言った。

2.みかんはオレンジじゃない。完全なる別物だが名前を知らないから、色が同じ食べ物の名前を言った。

じゃないかと推測。どうでしょう?

そして最後のYes!は、ボビー語では、いい?の意味。これは以前から見られていた。

この記事:
コロナ&自閉症児日記2

1年半前と較べても、言語能力が上がっているのがわかる。

最後がNo?の時もあって、その時はダメ?の意味。

Saltbox_00384
で思ったんですけれど、英語ってめんどくさい。

Can I haveって文法を理解するの難しいじゃん。IとCanをひっくり返さないといけないわけだから。こんな理屈をボビーが理解できると思わない。

日本語も結構難しい。上には「〇〇ください」って書いたけれど、直訳すると「〇〇もらえますか?」とか「いただけますか?」っていう文章だよね。幼児レベルではできない。

だから「〇〇ください。」になるんだろうけれど、これも丁寧語だし当て嵌め文に近い。英語で言うと「〇〇, please.」みたいな位置かな?

その点、イタリア語は面白い。
Can I have ___?は、Posso avere ___?

まずイタリア語は主語が省略できる。そして質問形でも主語と助動詞がひっくり返らない。そんでそのまま最後に?つけてイントネーションだけで質問形にできる。

なかなか解りやすく効率がいい言語だと思う。

「みかん食べる、いい?」"I eat the orange, ok?" くらいの文章じゃないとボビーはできない。いや、theとかilとかaとかunそういうのも難しいから、まずは"I eat orange, yes."くらいに持って行けばいいのか。

例の人形遊びで。

IMG_20210529_124740533

よーし!

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ