いつも思うんですが、日本のニュースで「アメリカでは~」の話の時、わざとセンセーショナルになるように、問題が極端な地域を選んでいるんじゃないかと。

だいたいはニューヨーク(マンハッタン)とかカリフォルニア(LA&サンフランシスコ)とか。

日本人人口も多いからだろうけれど。

昔、東京にいる米国人が
日本では~コーヒーが~一杯800円もして~
みたいなのを他の外国人に拡散していたのを思い出す。

そこそこの喫茶店のコーヒーとダ〇キ〇ドーナツ比較すんな!笑

というわけで、インフレ状態のアメリカの食費の実感を書いてみます。

私が経験する限りでは、ボストン近郊の安い軽食は今こんくらい。
Saltbox_00400
そうよ。こんなもんす。

もちろん色々オプション付ければもう少し高くなるだろうけれど、私みたいな小柄な女性だと食べきれないレベルの量だから。サブとか2食分になるし。

つか全部食べたら1食分のカロリー1000 kcal余裕で超えるからね。
アメリカサイズ。2000もざら。笑
体重100キロくらいの設定で出てくると思っていた方がいい。

それで考慮すると、今でも日本より安いとも言えません?

仕事場(都会)の近くにセブンイレブンがあって、と言っても元々はイタリアンサンドイッチチェーンだったとこが、セブンイレブンに買収された感じのとこなんだけれど、そこに三角形のツナサンドとかチキンサンドがあります。
それが$4.75くらい。厚切りホールウィートのパンにレタスと具がタップリで、2つ入りなんだけれど、ボリュームありすぎて1個は家に持って帰ったり、残したり。そのサイズ。おーいお茶も2ドル80セントくらいで売っているので、その組み合わせを買う事が多いです。お昼代、日本とそんなに変わらなくない?

でも全体的にこの1年で値上がりはしています。

スーパーの買い物は、以前はカートに山盛りで$250くらいだったのが、今は、
Saltbox_00398
うちは4人家族だけれど、ボビーが寮にいるので、実質3人分&猫。

これを月に2回と、あとは日本食や米などがある中国系マーケットで$200くらいかなあ。中国系スーパーも品不足気味で最近になって流通を工夫し始めたのか、今まで見なかった商品が増えてきました。

今まで見なかった日本の地方の商品も入ってくるようになったんです。

これは嬉しい!
もしかしたら日本大チャンスなのでは!

外食はコロナでかなり減りました。
こんなでしたからね。


でも最近は少しずつ改善している気がします。
でも人気レストラン価格はだいぶ上がってます…気軽に行けない…。

食べ物に関してはこんな感じですかねえ。

次は住宅費について書いてみます。

私に調べてもらいたいアメリカの事。
お気軽にコメントください。
オバチャンの偏った視点かもしれませんが、できるだけ正直に書いてみます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ