Saltbox 自閉症&自由ブログ

米国東海岸で自閉症児の自立を目指しながら、自由な発想で楽しく暮らすブログです。

タグ:療育

ボビーがどうもその場の事しかやらない、記憶力に問題あるんじゃないかという話をしました。療育ではスケジュールとか視覚化のものは多く使いますよね。今までどんだけやってきたか知れません。こういう子は視覚化で理解させるしかないと。でもね…。ボビーはあまり上手くい ... 続きを読む

大変な進展がありました!ボビーに友達できた!!同じクラス(5人学級)の1人。先生によると、よく2人で手を取り合って、アイコンタクトがあるそう。機嫌が良いと、手をつないで一緒にジャンプしたり、くるくる回ったりするそう!自閉症あるある遊びを一緒にできるお友達 ... 続きを読む

ボビーの小学校には自閉症専門のクラスがありました。これはアメリカの小学校にどこにでもある環境ではありません。たぶん全米でもかな~り良い環境です。しかも自閉症クラスは世界的にも有名なABA自閉症学校の監修、膨大なデータを元にした有名プログラムでした。管理も細か ... 続きを読む

前回の記事で紹介したコメントに「家族カウンセリングをしたほうがいい」と書かれていました。これもとても良い指摘です。実はバリバリ受けてました!これからも必要に応じて、バリバリ受けます!今日はその話です。障がい児に関する家庭サービスで、私たちが利用したものに ... 続きを読む

オット君は、ようやく私たちの置かれた状態は、20代の頃の自由な生き方をしていた時代とは違うと気が付きました。米国に行くなら、ボビーに早期療育を受けさせるためにも一刻も早い方がいい。しかし、思いのほか時間のかかるグリーンカード(米国永住権)の申請手続き…。 ... 続きを読む

ボビーが保育園に入って、ようやく生活にリズム感が生まれました。しかしこんなことがありました。東京の待機児童問題が大きくなった年度、まだ保育園の数が増やされていない2011年頃でしたから、仕事に戻れない母親たちはかなりピリピリしていました。ボビーの事を知ら ... 続きを読む

ボビーは週5、朝から4時まで保育園でした。発達センターには週に1回通っていたので、その日は私が早めにお迎えでした。マイキーも1歳になり目を離せない状態です。そっちをベビーカーに入れて、ボビーはハーネスつけて歩いていましたが、途中でひっくり返られたりもしま ... 続きを読む

お待たせしました!ここでやっと東京の話に戻って来れました。いやどうしても、アメリカでの経緯は書いて置きたかったんです。というのも今後の話とも関係がありますし、こんな私にも辛い経験があったりするもんだってのを知っておいて欲しかったからです。今の若い人たちの ... 続きを読む

この前ボビーがレストランで醤油を注文した話を書きました。(こちら)元々、単語はきれいな発音で出る子なのですが、自分で文章を構成し言いたいことを自発的に言う、というのは出来ない子でした。唯一できるのが、"I want ____."文で、ほぼそれしかできませんでした。もち ... 続きを読む

最近のボビーの成長っぷりです!週末に連れて行ったタイ料理のレストランでの話。ボビー(11)は重度自閉症で、言葉や表現が限られています。人が話している事を理解しているのかどうかもよくわからない事が多いです。が!注文の時に、って言ったの!私が「白いご飯」って ... 続きを読む

東日本大震災で、私たちは改めて「外国人」という立場を考え直す事になりました。(こちら)子育て広場や近くの英語教育仲間にも、外国人カップル、国際結婚カップルはたくさんいました。欧米人だけでなく、世界のあちこちから来た人と知り合いました。すでに家やマンション ... 続きを読む

決まった保育園は有難い事に自宅から徒歩で行けました。車もママチャリも持っておらず、乳児もいる状態の私には助かりました。古い集合住宅の1階にあるところです。入園前のオリエンテーションに来てくださいという連絡が来たので、その日はオット君も仕事の休みをとりました ... 続きを読む

2010年の後半にダメ元で保育園に申し込んだ後(申し込んだ話はココ)、年が明けて2011年になりました。2月くらいだったのかなあ。覚えていません。でも来ました。通知が。嬉しかった…。療育は頑張っていましたが、上の2つの絵の通り。プロが見ている場でもこう。 ... 続きを読む